MG 緊急脱出ポッド[プリムローズ]拡張セット レビュー

今回は、MG 1/100 緊急脱出ポッド[プリムローズ]拡張セットのレビューをご紹介します!

MG 緊急脱出ポッド[プリムローズ]拡張セットは、『ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~』より、緊急脱出ポッド[プリムローズ]再現用の拡張セット1/100スケールモデルキットです。別売りの対応アイテムと組み合わせることで緊急脱出ポッド[プリムローズ]が再現可能。一部組み換えによって胴体部への変形を再現。他キットと組み合わせることで、ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]なども再現可能なキットになっています。価格は2,750円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

パイロットの生還率向上を目的に開発された緊急脱出用ポッド[プリムローズ]が再現可能な拡張セットがMGでキット化。独特のフォルムを持つ胴体ユニットが新規造形で再現されています。

付属品はプリムローズ本体、ウィンチキャノン(接続アーム付き)、ミサイルポッド(マイクロミサイルポッド・バインダー)パーツ、ヘイズル・アウスラ再現用のパーツ(頭部、襟部、腹部、肩部)、ウィンチキャノン射出状態再現用のリード線、ロングブレードライフル用ジョイントパーツ、ビームライフル、プリムローズディスプレイ用のジョイントパーツ。

ディスプレイ用のスタンド(スライドロック式のアクションベース+高さ調整が可能な支柱パーツ)、予備支柱パーツ、コの字パーツが付属します。

ヘイズル・アウスラのエンブレムが入った専用の水転写デカールが付属。

ホイルシールもヘイズル・アウスラ用にお好みで貼り付けられる予備シールが付属しています。

アクションベースのランナーに付属している各種パーツが余剰で付属します。

キットの組み立てには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。 ⇒ヌルっと切れる片刃ニッパー

プリムローズ本体。メカニカルな小型脱出ポッドになります。インテークやパイプ、ダクト、キャノピーなどはパーツによって細かく色分けされています。

スリットが入ったインテーク内部はグレーに塗り分けが必要。前方の小型センサーはグリーンのシールでの色分けです。

特徴的な形状の機首部分は、左右のセンサーがブルーグリーンのシールでの色分けです。裏面基部の合わせ目は段落ちモールド化。

機首部分は手前に少し引き出すことで、ぐっと内側に折りたたむことができます。折りたたむことでコックピットハッチが露出。

コックピットハッチは開閉可能で、内部にはパイロットフィギュアが格納されています。

左右のインテーク部分は小型ウイングなどが多数造形。スリット入りのインテーク内部はグレ-に塗り分けが必要です。本体部分はモナカ割構造で合わせ目ができます。後ハメ加工などは必要ないので、そのまま接着して消すだけで良さそうです。

前側のウイングはクルッと回転させることで展開が可能。後側のウイングは付け根がボールジョイントでフレキシブルに可動しますし、スペースに収納することができます。

ディスプレイ用のジョイントパーツは本体の窪みにはめ込むタイプでしっかりと固定させることができます。3.0mm軸とアクションベースの角型ダボのどちらでもディスプレイが可能。

上部、後部共に緊急脱出用ポッド[プリムローズ]やヘイズル・アウスラなどを再現するための接続穴が造形されています。

プリムローズ単体でもフライトシーンの演出が可能。

MGはサイズが大きいので、この本体だけでも十分なくらいの演出力があります。

HG陸戦型ジムやMGジム・コマンド(コロニー戦仕様)と並べてサイズを確認。

ウィンチ・キャノン。『バレル開放型のウィンチ式試作メガ粒子砲を強化・発展させた武装』になります。

後部のスリット入りダクトなどもパーツによって細かく色分けされています。

裏面も裏打ちパーツによるモールドが造形。先端もスリット入りのモールドが入っています。

アームの基部は前後にスライドし、付け根も回転します。

アームは複数パーツの組み合わせでフレキシブルに可動。合わせ目も段落ちモールド化されています。センサーはグリーンのシールでの色分けです。

砲口は組み換えなしでの展開が可能です。

内部にはメカニカルなスリットやモールドが造形。

ミサイルポッド(マイクロミサイルポッド・バインダー)パーツ。構成するパーツ数は少ないですが作りはまずまずです。表面の赤いポッドはシールでの色分け。

裏面のジョイントはスライドや回転など柔軟に可動します。

ヘイズル・アウスラ再現用の各部パーツ。腕部接続用のジョイントパーツやロングブレードライフル用のジョイントパーツには肉抜き穴があります。

ショルダーアーマーもパイプや装甲が別パーツで色分けされています。挟み込みタイプで一部に合わせ目ができます。

ビームライフル。本体部分は左右挟み込みタイプで、他のMGヘイズル系キットと同じく上下全体に合わせ目ができます。マガジンの脱着ギミックはありません。

ヘイズル・アウスラでロングブレードライフルを装備するために新造されたもので、グリップが可動し、持たせやすくなっています。

センサーはグリーンのシールを貼っての色分けで、上部の点モールドも造形されています。別パーツ化されているので塗装もしやすいかと。フォアグリップは可動式です。

MGヘイズル改のビームライフル(画像上)と並べて比較。モールドなどはほぼ同じ。MGヘイズル改のものは後部ダボが左右にスライドするのでサイドアーマーへのマウントが可能。

プリムローズ本体にウィンチキャノンとミサイルポッド、MGヘイズル改(別売り)のバックパックと組み合わせて緊急脱出用ポッド[プリムローズ]を再現。

このユニットを再現するためには以下のキットが必要です。

・MG 緊急脱出ポッド[プリムローズ]拡張セット(このキット)
MG ガンダムTR-1[ヘイズル改](別売り)

緊急脱出用ポッド[プリムローズ]をいろんな角度から。ウィンチキャノンのアームやミサイルポッドなどはそれぞれ固定強度がまずまずあるので、特に形状が崩れることなくディスプレイさせることができます。

HGの緊急脱出用ポッド[プリムローズ]と並べて比較。どちらも情報量が多いですが、さすがに色分け度合いはMGのほうが上。HGは経年劣化によるぽろりの連鎖で、取り扱いが難しくなっていました。

個性的な形状で、小型の脱出ポッドという設定ですが戦艦のような迫力も感じます。

ウィンチキャノンは砲口を展開した状態も再現でき、ミサイルポッドも上下に角度を変えることができます。

ウィンチキャノンはスライドレール基部からの脱着が可能で、射出状態再現時には基部にリード線を接続します。

付属のスタンドに組み付ければ、ウィンチキャノンを射出した状態でのディスプレイも可能です。

リード線が抜けにくいので、ストレスなく射出シーンを再現できます。

続いてフルドド装着状態です。プリムローズ本体に、ジョイントパーツを使ってフルドドを装着するだけで再現可能です。

フルドド装着状態を上下から。

このユニットを再現するためには以下のキットが必要です。

・MG 緊急脱出ポッド[プリムローズ]拡張セット(このキット)
MG Gパーツ[フルドド](別売り)

多少フルドド全体がたるくなって左右のウイングが抜けやすくなっていますが、ぽろりはないのでディスプレイはラクでした。フルドドが追加されたことでなかなかの大型機になっているので、支柱は太いものを使ったほうが良さそうです。

クローユニットを展開し、ヘイズル改のビームサーベルをマウント。

続いてヘイズル・アウスラを再現してきます。プリムローズ本体は前側のウイングを展開し、後側のウイングを格納。インテーク部分を左右に引き出して折りたたみます。

折りたたんだインテーク部分を内側に押し込み、外側の装甲を上にスライド。

機首部分を折り曲げて、下部のジョイントパーツ用スペースに入れ込みます。

襟パーツや腕の接続用パーツ、腹部パーツを組み付けたら、ヘイズル・アウスラの胴体部が完成します。

頭部は付属の頭部パーツとヘイズル改の頭部、アドバンスド・ヘイズルのセンサーユニットを組み合わせます。組立前のヘイズル改を使うことが推奨されていますが、一度組んだものを分解して組み換えることもできました。付属の頭部パーツはアドバンスド・ヘイズルのものと同じ。成型色がダークブルーからホワイトに変わっているだけです。

上半身はプリムローズを中心に、頭部、脇にウィンチキャノン、肩にミサイルポッド、ショルダーアーマーとヘイズル改の腕部を組み合わせます。

下半身はヘイズル改をベースに、腰部にアドバンスド・ヘイズルのサブアームユニット、脚部にアドバンスド・ヘイズルの脚部スラスターユニットを組み付け、背部にはトライブースターユニットを取り付けます。(トライブースターユニットはMG TR-1[ヘイズル2号機]アーリータイプ/ヘイズル予備機/ジム・クゥエル(別売り)に付属。)

最後に付属のビームライフルとフルドドのパーツを組合わせたロングブレードライフルとヘイズル改修のシールドブースターを装備すれば、ヘイズル・アウスラの完成です。

ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラをいろんな角度から]。胴体部にプリムローズを装備し、トライブースターユニットやロングブレードライフル、アドバンスド・ヘイズル用の各ユニットを持つ重装甲モビルスーツになっています。

ヘイズル改の股間部や腰部がヘタっていて、トライブースターユニットの重量で上半身がたまに反ったりしました。初期の予約で購入したキットだと劣化している場合があるので、ヘイズル・アウスラを再現する場合は股間部の強度を上げておいがほうが良いかもです。股も開きやすいので注意です。

ヘイズル・アウスラを再現するには以下のキットが必要です。

・MG 緊急脱出ポッド[プリムローズ]拡張セット(このキット)
MG ガンダムTR-1[ヘイズル改](別売り)
MG ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル](別売り)
MG TR-1[ヘイズル2号機]アーリータイプ/ヘイズル予備機/ジム・クゥエル(別売り)
MG Gパーツ[フルドド](別売り)

各部を簡単に見ていきます。

頭部にはセンサーユニットを装備。左肩にはミサイルポッドを装備しています。センサーユニットは開閉が可能。

脇から後部にかけて、アーム接続によるウィンチキャノンを装備。

腰部にはサブアームユニットを装備しています。組み合わせた状態でも腹部コックピットハッチは開閉可能。

ロングブレードライフルはジョイントパーツによってショルダーアーマーにマウントしています。ショルダーアーマーと連結しているので、指は簡単に添えるだけで保持ができます。

肩の可動は通常のヘイズル系に比べ、若干制限されますがほとんど変わりません。

腰も特に干渉はなく、広く回転させることができます。その他の可動域はMGヘイズル系と同じです。

普通に自立させるだけでもかなりの存在感がありますね。

重量があるので太い支柱のスタンドでもふらつきやすいですが、普通にディスプレイするだけでも十分に楽しめます。股間部にコの字パーツを挟んでのディスプレイなので、あまり角度をつけると不安定になるので注意が必要です。

ヘイズル改の各部がややヘタっているのと、各部に武装しているので干渉が怖くてガシガシ動かしづらいですが、腰部の分解に気をつけていれば意外といろんなポーズをさせることができました。サイドアーマーのマガジンがぽろりしやすいので注意です。

ロングブレードライフルは肩に接続されているので取り回しもラク。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。プリムローズの再現性も高いですし、ヘイズル改やフルドドとの組み合わせもしやすいです。ウィンチキャノン内部や各部のパーツによる色分けもよく、完成度も高いキットになっていると思います。MGらしいサイズ感があって見た目も十分。

気になる点としては、ヘイズル改がヘタっていると、組み合わせてヘイズル・アウスラを再現したとき、ものによっては取り扱いにくかったり、ポージング時にストレスを感じることもありそうです。弱くなっているなら、予め補強しておくのも手ですね。ビームライフルの作りが中途半端なのはもったいないですが、グリップが可動することで持たせやすくなっているのはありがたいところです。

ヘイズル・アウスラは重武装感があって存在感はバツグン。プリムローズ形態でもウィンチキャノン射出状態が再現できるなど、いろんなディスプレイが楽しめます。変形機構を含め、HGにはないMGならではの演出が楽しめるのがいいですね。

icon

⇒楽天でMG 緊急脱出ポッド[プリムローズ]拡張セットを探す
⇒駿河屋でMG 緊急脱出ポッド[プリムローズ]拡張セットを探す
⇒ヤフーショッピングでMG 緊急脱出ポッド[プリムローズ]拡張セットを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

4 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2020年12月19日 at 15:22 - 返信

    レビューお疲れ様です!
    ヘイズル・アウスラの方は余剰パーツが半端なくて笑えますよ

    • nori

      on 2020年12月24日 at 03:26 - 返信

      コメントありがとうございます!
      なるほど!アドバイス感謝です^_^

  2. 匿名

    on 2020年12月20日 at 21:55 - 返信

    見に来てよかったっ!
    ちゃんと出来てるっ!!w

  3. 匿名

    on 2021年4月14日 at 17:23 - 返信

    プリムローズにフルドドを付けたコア・ブースター(?)だと、どちらが本体か分からないって言うっ!(苦笑)

コメントを残す