MG ダブルオーザンライザーの製作③ スミ入れ、細かい塗装など

今回は、MG ダブルオーザンライザーの製作③をご紹介します!

お待たせしました!MGダブルオーザンライザーの完成画像です!・・・と言っても塗装のみで仕上げているので割りとオーソドックスかな?今回の画像はオーライザーやザンユニットを背負っていない通常のダブルオーガンダムのみなので、そこまでゴテゴテした感じではないですね。

デカールをある程度色分けすることによって細かいディテールは多少増えていると思います。ザンライザーを背負った状態は塗装レシピと写真レビューでご紹介しますので、それまでどうぞ楽しみにお待ちを~。 (小出しにするなぁ・・・(笑))

では製作の続きです。まずはランディングギアを塗り分けるために、マスキングテープを巻き、マスキングゾルで境目をマスクしておきます。マスキングゾルのハケでは細かい箇所にキレイにゾルを塗るのは難しいので、爪楊枝で慣らしつつ細かい箇所をマスクしていきます。

白いパーツはモールド類はタミヤのスミ入れ塗料ブラックを流し込み、モールドの浅い箇所などはコピックモデラーブラックでラインを引いていきます。いつもの感じですね。MGは1/100サイズで大きめなので、黒でスミ入れをしてもそこまでラインがくどくないのでちょうどいいと思います。

メタリックグレーで塗装したパーツ類はタミヤのスミ入れ塗料ダークブラウンで墨入れをしておきました。同系色なので一見あまり意味がなさそうですが、ちょっとした色の変化や(オイル)汚れっぽさが出てきます。ちょっとしたことでも、手を込めることでよりよく仕上がるんですね。

でもパーツ数が多いのでちと大変です;

青いパーツ類は塗装工程で2色に分けましたが、濃薄どちらの青パーツもエナメルのフラットブラックとロイヤルブルーに溶剤を加えてジャブジャブにし、スミ入れをしていきました。面相筆でツーっと流し込むようにスミを入れていきます。

赤と黄色のパーツはコピックマルチライナーのブラウンでサクッとスミ入れをしておきます。

オーライザー側面のアーマーにはGNマイクロミサイルの発射口があるので、発射口根元はエナメルのオリーブドラブ、前方のモールドはジャーマングレイで筆塗りしておきました。筆塗りだけだと境目がだらしないので、コピックモデラーブラックでモールドに沿ってなぞっておきます。

以上、きりがいいのでここまでです。次回は刹那・F・セイエイと沙慈・クロスロードのフィギュア塗装を細かく分けてご紹介していきたいと思います。あと、余裕があればLEDユニットなんかも発光させられたらと思いますが、そのあたりはまだ未定ということで。それでは良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でMGダブルオーザンライザーを探す
⇒駿河屋でMGダブルオーザンライザーを探す
⇒ヤフーショッピングでMGダブルオーザンライザーを探す

2 件のコメントがあります。

  1. U.C.0063

    on 2018年1月17日 at 22:25 - 返信

    nori様

    いつも見る側を飽きさせない様、違うキットの製作もUPして下さり
    本当に感謝いっぱいで幸せです(o^―^o)
    ありがとうございます。

    それにしても凄いパーツの量!!
    わけわかんなくなりそうなパーツ数(;^_^A
    私は見てるだけですが、お疲れ様です。

    ダブルオーガンダム、両肩にGNドライブのシンプルな姿も好きです。
    これからオーライザー、ザンユニット、武器類

    メガ盛りのダブルオーガンダム楽しみにしております。

    • nori

      on 2018年1月18日 at 22:39 - 返信

      コメントありがとうございます!
      こちらこそ、いつもこのサイトを見に来てくださるのがとてもありがたいです(*^^*)

      ザンライザーはとにかくすごいパーツ数w( ̄▽ ̄;)w
      一体作るだけでお腹いっぱいになっちゃいます;
      ですが作った後も楽しみが多いキットなので、ポロリさえフォローしてやれば良きキットとして楽しめると思います。
      完成レビューもできればキットの特徴を活かしつつ撮影したいと思いますのでお楽しみにお待ちくださいまし^_^

コメントを残す