MG ジェガンの製作⑬ スミ入れ、パイロットフィギュアの塗装など

今回は、MG ジェガンの製作⑬をご紹介します!

前回で塗装は一通り済ませているので、各パーツにスミ入れをしていきます。作業的にはいつもの流れとなりますが、スミ入ればかりだとつまらないので、間にパイロットフィギュアの塗装も挟んでいきます。

まずは外装パーツのスミ入れですが、エナメルのブラックグリーンを溶剤で薄めて流し込んでいきます。そして乾燥後、綿棒に溶剤を付けてはみ出た部分を落としていきます。

外装パーツを一通りスミ入れしておきました。

今度は関節や内部パーツ。こちらはMr.ウェザリングカラーのマルチブラックでスミ入れをします。こちらモールドに流し込んで乾かし、

綿棒に溶剤を染み込ませ、はみ出た部分をきれいにしていきます。ある程度拭き残しがあっても、塗装色のメタリックグレーと馴染んでいるので実機らしいリアルさが表現できます。

こちらも一通りスミ入れをしておきました。

ダークグレーで塗装した武装類のパーツもマルチブラックでスミ入れ。こちらは塗装色のダークグレーとは馴染みが弱いようで、割りときれいに拭き取らないと違和感や汚さを感じました。

ダークグリーンで塗装したパーツもブラックグリーンでスミ入れ。

まだ他にスミ入れが必要なパーツがありますが、とりあえず後回しにして、パイロットフィギュアを塗装しておきます。パイロットは連邦のノーマルスーツカラーの淡めイエローで塗装します。部分的にホワイトやダークブルーでゴーグルを塗り分け、右脚のライフルは黒に塗装。見本では各部に黒いラインがありますが、筆でラインを引くのは至難の業なので、コピックモデラー(ブラック)で線を入れて仕上げました。

スミ入れ後はデカールを貼っていくので、どれを使うか早めに選定。ガンダムデカールDXの01と06のマーキングが合いそうなのでそれを使うのと、細かな部分はいつものRB01 1/100用コーションデカールのダークグレーやホワイト&グレー、レッド&グレーなどを使っていきます。

以上、今回はここまでです。次回は残りのスミ入れを済ませ、デカールを貼ってつや消しコート後、各部をディテールアップして仕上げていく予定。作っていると、かなり個性的でエグいジェガンになりそうな予感がするので、完成してどうなるかちょっと怖いですね;

icon

⇒あみあみでMG ジェガンを探す
⇒楽天でMG ジェガンを探す
⇒駿河屋でMG ジェガンを探す
⇒ヤフーショッピングでMG ジェガンを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す