MG ガンダムF90用 ミッションパック Dタイプ&Gタイプ レビュー

今回は、MG 1/100 ガンダムF90用 ミッションパック Dタイプ&Gタイプのレビューをご紹介します!

MG ガンダムF90用 ミッションパック Dタイプ&Gタイプは、企画『機動戦士ガンダムF90』に登場するMS『ガンダムF90』用Dタイプ&Gタイプミッションパックの1/100スケールモデルキットです。26種類のミッションパックのうち、接近・制圧戦仕様のD(デストロイド)タイプ、警備・護衛仕様のG(ガード)タイプを新規造形で再現。価格は2,200円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

接近・制圧戦仕様のD(デストロイド)タイプと警備・護衛仕様のGタイプ(ガード)がセットになった『ミッションパック Dタイプ&Gタイプ』がキット化。2019年8月に発売されたEタイプ&Sタイプ、2019年11月に発売されたFタイプ&Mタイプ、2020年3月に発売されたBタイプ&Kタイプ、2020年9月に発売されたOタイプ&Uタイプに続いて5つ目のミッションパックセットになります。別売りの『MGガンダムF90』(プレミアムバンダイから発売)に装備することで Dタイプ&Gタイプが再現可能。

ポリキャップは不使用。一部にKPSが使用されています。

Dタイプ&Gタイプユニット専用の水転写デカールが付属。

キットの組み立てには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。 ⇒ヌルっと切れる片刃ニッパー

D(デストロイド)タイプ一式。5連ロケット弾パック、4連グレネード・ラック、MSクラッカー、メガ・ガトリングガン、高機動ブースターによって構成された接近・制圧戦仕様のユニットになります。Dタイプは敵主力に対する面制圧を目的とし、通常は主要目標の制圧後、各武装を排除して格闘戦に移行。敵を掃討するとのことです。面制圧・・・満遍なく砲弾を降らせるように攻撃し、制圧する方法。

成型色はホワイトとダークグレーがベース。5連ロケット弾パックの弾頭のみレッド成型色による構成です。ダークグレーは微妙にメタリックっぽい感じに。一部のモールドをシールで補い、一部に塗装が必要です。

5連ロケット弾パック。弾頭や外装など、パーツによって適度に色分けされています。白い装甲は前後挟み込みタイプなので中央に合わせ目ができます。白い弾頭後部は中央を赤く塗り分ける必要があります。

4連グレネード・ラック。個性的な形状をした武装になっています。左右挟み込みタイプですが、中央の合わせ目は段落ちなどでモールド化されています。砲口は開口されています。

砲口は適度に可動。中央の砲口はそれほど幅広くは可動しないようです。左右のモールドはシールでの色分けです。

MSクラッカー。こちらも形状が個性的。2個パーツ構成の簡単な作りです。

メガ・ガトリングガン。小型で取り回しやすい武装です。

ガトリングガン本体の合わせ目は段落ちモールド化。砲身に合わせ目はありません。

給弾ベルトは軟式素材。マガジンも合わせ目は端でモールド化されています。接続基部の合わせ目も段落ちモールド化。

高機動ブースター。多数のバーニアを備えたスラスターユニットです。左右上部のダクトや各部のバーニア内部は赤く塗り分けが必要です。左右装甲の合わせ目は段落ちモールド化。特に可動ギミックはありません。

Dタイプの装備は、肩のカバーパーツを外し、4連グレネード・ラックを装着。

前腕のカバーパーツを外して5連ロケット弾パックを装着。赤い弾頭面が前側になります。

脚部側面のカバーパーツを外し、高機動ブースターを装着。

フロントアーマーのカバーパーツを外してMSクラッカーを装着。スリットが水平になるように取り付け、白い部分のラインが下側にくるようにします。

最後にリアアーマーにメガ・ガトリングガンを装着したらDタイプへの換装完了です。リアアーマーの上部フックが給弾ベルトと干渉して閉じにくいので、基部とベルトの間に通してから取り付けます。

D(デストロイド)タイプユニットを一通り装備してF90の接近・制圧戦仕様に。

武装が各部にバランスよく配置されているので見た目もいいですね。メガ・ガトリングガン以外は左右対称なのでわかりやすいです。

特に一方に比重がかかることはなく、自立は問題なく安定しています。

メガ・ガトリングガンは少し上下可動します。サイドアーマーが干渉するので、これ以上に下げるのはちょっと難しいようでした。画像は用意していないですが、外側にも展開が可能です。

F90は何も装備していない状態だと腕をY字程度まで上げることができますが、Dタイプでは肩の4連グレネード・ラックと前腕の5連ロケット弾パックが干渉するので水平までとなっています。腰はメガ・ガトリングガンと干渉することなくスムーズに可動。それ以外の可動域はF90とほぼ同じで特に装備の干渉もないようです。

前腕の5連ロケット弾パックがやや外れやすいですが、それ以外は特に問題ないかなと。F90は経年でかなりヘタれていて、前もってある程度補強していたのでスムーズにポージングできました。ただ、補強しすぎると硬すぎて破損を招くこともあるので、調節が難しいところではありますね。

F90に平手用のパーツが付属しておらず、メガ・ガトリングガンに手を添えられないのはちょっと残念。

装備品のバランスがよく、造形的な良さもあってポーズがかっこよく決まります。

続いてG(ガード)タイプです。大型シールド、大型マルチプル・ビーム・ウェポン、マウントラッチよって構成された警備・護衛仕様ユニットになります。拠点や母艦などの警備や護衛を目的とする装備とのこと。

成型色はDタイプと同じくホワイトとダークグレー、レッドで構成されています。ダークグレーはKPS素材。

大型シールド。中央に連邦軍のエンプレムが入った西洋風の武装になります。左肩に装備。内側は端に肉抜き穴がありますが、モールドも細かく入っていて作りは良いですね。

大型マルチプル・ビーム・ウェポン。ソード形態とライフル形態に切り替えが可能な特殊武装になります。左右挟み込みタイプですが、パーツの組み合わせによって合わせ目ができない作りになっています。一部の合わせ目は段落ちモールド化。

グリップは可動式で、ソードとライフルの形態それぞれに対応します。

グリップにはセンサーがあり、グリーンのシールを貼って色分けします。

ライフル形態として使用する場合は、F90(別売り)のエネルギーパックを後部に取り付けて使用します。

ソード形態として使用する場合は、エネルギーパックを上部に取り付けてグリップを可動。ビーム刃を取り付けて使用します。

ビーム刃はクリアーブルー成型色で、全体的に棘感のあるシャープな作りになっています。ブラックライトで照らしても発光はしませんでした。

マウントラッチ。右肩に装備します。左右挟み込みタイプですが合わせ目は段落ちモールド化。

Gタイプの装備は、肩のカバーパーツを外し、大型シールドを左肩に、マウントラッチを右肩に装備します。

そしてマウントラッチに大型マルチプル・ビーム・ウェポンをマウントさせたらGタイプへの換装完了です。

G(ガード)タイプユニットを一通り装備してF90の警備・護衛仕様に。両肩に特徴的な武装を装備した西洋騎士のようなスタイルになっています。

両肩に大型の武装をしていますが、片側を外しても一方に傾くことはないようです。自立も安定しています。

シールドは外側に引き出すことで、上部に跳ね上げることができます。白い装甲が外れやすいので、裏打ちパーツも合わせて外側に引き出します。

腕上げは、左肩は大型シールドが頭部と干渉するため、水平程度までですが、右肩はマウントラッチのみなのでY字程度まで上げることができます。その他の可動はF90と同じです。

固定強度はあまり高くないですが、指パーツとうまく噛み合っているのでそれほど手間取ることはありませんでした。経年で指パーツが抜けやすくなっている場合は補強しないと保持に苦労しそうですね。

大型マルチプル・ビーム・ウェポンには重量があるので、腕がヘタっていると垂れやすいので注意が必要です。

ソード形態でもたまに腕が垂れますが、ある程度は耐えてくれました。関節を押し込みつつ修正しながらポーズを取るようにします。

ソード形態で両手持ちする場合は赤いグリップ部分を掴ませます。F90は前腕がロールするするので、構えるポーズもやりやすいです。ただし指パーツが経年でぽろりしやすい場合は保持に苦労しそうです。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。以前レビューしたOタイプ&Uタイプほどのインパクトはないですが、今回はどちらのタイプもバランスのいい装備に仕上げてきたという印象です。デザイン性が高いのでちょっとしたポージングでもかっこよさが引き出せますし、凝った作りではないですが出来はなかなかいいですね。

ユニット自体に気になる点はほとんどないですが、このミッションパックの装備はF90のヘタレ次第というのがあるので、派手なポーズを再現したい場合は経年で劣化しているF90のメンテナンスはしておきたいところです。

長期に渡ってリリースされているミッションパックですが、まだまだ飽きない良さが味わえますし、以降のユニットも楽しみですね。

icon

⇒楽天でMG ガンダムF90用 ミッションパック Dタイプ&Gタイプを探す
⇒駿河屋でMG ガンダムF90用 ミッションパック Dタイプ&Gタイプを探す
⇒ヤフーショッピングでMG ガンダムF90用 ミッションパック Dタイプ&Gタイプを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

2 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2020年12月22日 at 00:33 - 返信

    最初の説明文のG(ガード)タイプの箇所がUタイプの大気圏離脱仕様になっていますよ

    • nori

      on 2020年12月22日 at 00:47 - 返信

      コメントありがとうございます!
      ご指摘感謝ですm(_ _)m
      記事を修正しました;

コメントを残す