MG ガンダムF90用 ミッションパック Bタイプ&Kタイプ レビュー

今回は、MG 1/100 ガンダムF90用 ミッションパック Bタイプ&Kタイプのレビューをご紹介します!

MG ガンダムF90用 ミッションパック Bタイプ&Kタイプは、企画『機動戦士ガンダムF90』に登場するMS『ガンダムF90』用Bタイプ&Kタイプミッションパックの1/100スケールモデルキットです。26種類のミッションパックのうち、重爆撃仕様のB(ボンバード)タイプ、持久戦仕様のK(キープ)タイプを新規造形で立体化。バックパックや肩部、脚部に装備する重火器や大型の試作型メガ・ビーム・シールドなどを新規造形で再現。価格は2,200円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

重爆撃仕様のB(ボンバード)タイプと持久戦仕様のK(キープ)タイプがセットになった『ミッションパック Bタイプ&Kタイプ』がキット化。2019年8月に発売されたEタイプ&Sタイプ、2019年11月に発売されたFタイプ&Mタイプに続いて3つ目のミッションパックセットになります。別売りの『MGガンダムF90』(プレミアムバンダイから発売)に装備することで、 BタイプとKタイプが再現可能。

余剰パーツが1個と、専用の水転写デカールが付属します。

B(ボンバード)タイプ一式。バックパック、5連装グレネード・ランチャー、3連装のミサイル・コンテナによって構成された重爆撃仕様のユニットになります。

両肩と両脚に装備する3連装のミサイル・コンテナ。三角柱型のコンテナ3基を接続したユニットになります。画像左が肩装備用で右が脚部装備用。

肩部用と脚部用で形状はほぼ同じですが、マウント部の形状が少し違っています。

筒型パーツの組み合わせで、各部とも合わせ目が出来ないようになっています。

コンテナのハッチはそれぞれ展開が可能。ハッチ上部のセンサーや内部ミサイルの中心部はブルーのシールでの色分けです。

F90への装備は、肩上部パーツを外して取り付けます。

脚部もふくらはぎ側面の装甲パーツを外して取り付けます。肩、脚部ともに2、3本のダボ接続なので、しっかりと固定できています。設定にはないのかもしれませんが、脚部は少し引き抜くことで、1本の長い接続ダボ固定になり、向きの調整が可能になります。

前腕に装着する5連装グレネード・ランチャー。数個パーツによる組み合わせで、比較的簡易的な構造。特に可動する箇所はありません。

左右の赤い装甲部分はシールでの色分けですが、ランチャーの砲口や表面の白い装甲はパーツでの色分けです。青い部分は左右挟み込みタイプですが、中央にできる合わせ目は段落ちモールド化されています。

F90の前腕の装甲に被せるように取り付け、丸型と各型の2ダボ接続で保持強度はまずまず高め。

バックパック。そこまで細かな作りではないですが、2門のキャノンを装備した特徴的な装備になります。

F90への装備は、通常のノーマルバックパックを外してから取り付けます。

2門のキャノンは合わせ目のない組み合わせになっています。センサーはブルーのシールでの色分け。

キャノンは上下に可動します。アンテナや肩の装甲が干渉しやすいので、破損させないように注意しながら動かしたほうがいいかと。

下部のバーニアは付け根がボールジョイントパーツなのでフレキシブルに可動します。

B(ボンバード)タイプユニットを一通り装備して、F90の重爆撃仕様に。

いろんな角度から。

重装備感が出ていいですね。F90の関節がやや弱くなっていますが、Bタイプのユニットはしっかりと装備できていてポロリなどはありません。

各部とも肉厚な装甲ですが、割と干渉なくポーズを取らせることができます。

キャノンに手を添えるようなポーズが形になりにくいので、F90に平手用の指パーツが付属していると良かったですね。

フルハッチオープン状態で超攻撃的に。普通にどっしりと構えるだけで迫力のあるポーズを再現することができます。

可動ギミックが少なく、ポージングの幅が出にくいのが欠点かも。

続いてK(キープ)タイプです。バックパック、Iフィールド・ジェネレーター付きショルダーアーマー、メガビームシールドへのエネルギー供給用ジェネレーター、超大型の試作型メガ・ビーム・シールドによって構成された、拠点防衛に特化した持久戦仕様ユニットになります。

肩に装備するIフィールド・ジェネレーター付きショルダーアーマー。前後や側面にある円形のIフィールド・ジェネレーターなど、各部ともパーツによって色分けされています。青い装甲は挟み込みタイプですが、中央の合わせ目は段落ちモールド化されています。

F90への装備は、肩の装甲を外してから被せるように取り付けます。

臀部と左前腕に装備する、エネルギー供給用ジェネレーター。2基のジェネレーターとリード線で再現されたエネルギーケーブル、前腕に接続する試作型メガ・ビーム・シールドの接続部パーツで構成されています。

ジェネレーターは挟み込みタイプですが、合わせ目はモールドっぽく造形されています。

リード線は左側にのみ連結されていますが、差し替えることで右側にすることもできます。このユニットを2個購入すれば、試作型メガ・ビーム・シールド2枚装備もできそうですね。

ジェネレーターの基部も2個パーツのモナカ割ですが、合わせ目は段落ちモールド化されています。

試作型メガ・ビーム・シールド接続部パーツもリード線を挟んでの組み合わせですが、こちらも合わせ目は段落ちモールド化されているようです。

F90への装備は、リアアーマーのフックを開いて取り付けます。(見えやすいよう、ノーマルのバックパックを外しています。)

取り付けた後はフックを戻しておきます。

試作型メガ・ビーム・シールド接続部パーツも、前腕のカバーパーツを外して取り付けます。こちらも丸と角ダボによってしっかりと固定されます。

バックパック。作り自体は簡易的。青い装甲は左右挟み込みタイプですが、中央の合わせ目は段落ちモールド化されています。

F90への取り付けは、ノーマルバックパック表面の装甲を外し、2箇所のダボで接続します。

下部のバーニアは付け根ボールジョイントによってフレキシブルに可動します。

試作型メガ・ビーム・シールド基部。パーツによって色分けされています。

白い装甲は脱着が可能で、ビームシールドエフェクトパーツと組み合わせることで、展開状態が再現可能です。

試作型メガ・ビーム・シールド基部の保持は、指パーツを組み換え、前腕に取り付けた接続部パーツと連結します。

K(キープ)タイプユニットを一通り装備して、F90の持久戦仕様に。

いろんな角度から。Bタイプに比べるとだいぶ余裕がある装備です。

Bタイプは重量があるので、スタンドの支柱に負荷がかかりましたが、こちらは比較的軽量なので、スタンドディスプレイ時のポージングもラクです。

右手が空いているので、ビーム・ライフルやビーム・サーベルなどを保持するとさらにかっこよく演出できますね。

適当に何枚かどうぞ。

若干シールド裏面の形状が異なりますが、試作型メガ・ビーム・シールドは右腕でも保持が可能です。(こちらのほうが持たせやすいような・・・。)

以上です。Bタイプ、Kタイプ共に合わせ目が段落ちモールド化されていたり、大部分はパーツによる色分けになっていたりと、F90に組み合わせても問題なく飾れるくらい作りのいいものになっていると思います。Bタイプは重爆撃仕様、Kタイプは持久戦仕様という特化型の装備で、これまでに発売されたミッションパックとは違った面白さのあるユニットとして楽しめますね。

欠点的なものはほとんどないですが、左手だと指パーツが外れやすく、試作型メガ・ビーム・シールドの基部が少し持たせにくいところがありました。どちらかというと右手で持たせたほうがラクだったのは、この基部パーツの作りの問題かも。あと、Bタイプは派手さがあっていいですが、ギミックが少ないぶん、ポージングの柔軟性に乏しい感じがありました。

ただ、空いているハードポイントに他のユニットを装備することで違った形で楽しむこともできますし、他のミッションパックと組み合わせるなどして自分で装備をアレンジをすることもできます。新しいF90用ミッションパックがキット化されることで、またF90の装備換装による楽しさやパターンの異なるミッションパックの個性などが味わえるのがいいですね。

icon

⇒楽天でMG ガンダムF90用 ミッションパック Bタイプ&Kタイプを探す
⇒駿河屋でMG ガンダムF90用 ミッションパック Bタイプ&Kタイプを探す
⇒ヤフーショッピングでMG ガンダムF90用 ミッションパック Bタイプ&Kタイプを探す

2 件のコメントがあります。

  1. 紅茶の時間

    on 2020年3月19日 at 12:13 - 返信

    ビームシールドは2機要る。
    ホイールシールを多様する様ではプレミアムバンダイ扱いで有るべきではない。
    定価販売ならば、手抜き無しでしっかり作り込んでいただきたい。
    出してくれただけありがたい。では困る。

    次はF90-2のランサーとデカイシールド装備のようだ!実に楽しみだ!

    • nori

      on 2020年3月26日 at 04:28 - 返信

      コメントありがとうございます!
      ミッションパックはちょいちょいシールで補う箇所があるので、その点はちょっともったいないところです;
      F90-2はマジで楽しみですね!

コメントを残す