MG アドヴァンスドジンクスの製作① 塗装

今回は、MG アドヴァンスドジンクスの製作① 塗装をご紹介します!

今回からMGシン・マツナガ専用ザクⅡ(カスタムタイプ)と並行して、MGアドヴァンスドジンクスを作っていきます。今回のMGアドヴァンスドジンクスも元々サイトでご紹介する予定はなかったので、比較的手をかけず、サクッと仕上げています。

主な作業は表面処理とサフ、塗装、メタルパーツ類の取り付けくらいの簡単なものです。そんな中で、このキットにはLEDユニットを組み込んでGNドライヴの発光状態を再現したりしているので、そのあたりをちょこちょこっとご紹介していきたいと思います。

まぁ00が10周年ですから、何かしら関連しているキットを作っておかないとですね。アドヴァンスドジンクスは何気に人気のあるMSなので、割りと作りたいと思っている方もいらっしゃる気がします。もしニーズがあるなら、少しでも参考になればうれしいですね^_^ ってことで、製作をどうぞ~。

先程の完成画像を見ていただくと、このアドヴァンスドジンクスはバインダーなどのモールドが比較的少なめなのが分かるかと思います。そしてモールドがない分、けっこうヒケが目立つんですね。

なので、塗装しても凸凹がない仕上がりにするため、今回のアドヴァンスドジンクスは400番と1000番のヤスリでしっかりと(言うほどでも無いけど・・・^_^;)表面処理をしてキレイにしてやりました。

表面処理後はいつものようにパーツ洗浄をしてしっかりと乾かしておきます。ちなみにメタルパーツ埋め込み用の穴は既に開口済みですので、ご参考頂く場合は申し訳ないですが、後でご紹介するメタルパーツの埋め込み工程でご確認下さいますようよろしくお願い致しますm(_ _)m

これまたタッパに入れたパーツそのままの画像で申し訳ないですが、内部パーツ類はエヴォブラックを吹いてからガンメタル60%+ダークステンレスシルバー40%(ガイアカラー)で塗装しています。ガンメタルとダークステンレスシルバーを混ぜると、光の当て方によって少しゴールドに光るので、メカニカルな金属感が出るのでオススメですよ。

エヴォブラックはヤスリ後を消すのと下地を黒にしてアイアン色の発色を良くするために吹いておきました。

今回のヒケは結構手強く、表面処理を400番だけで済ませると少しキズが残る場合があったので、一応1000番で表面をキレイにしておいたほうがいいと思います。(プレバン商品らしいなぁ^_^;)

ランスの先端は塗装した内部パーツを挟み込んで、タミヤのイージーサンディングで合わせ目を消しておきました。イージーサンディングは合わせ目消し専用・・かな?で、しっかりと溝を埋めてくれますし、表面を削るのもラクな接着剤です。

合わせ目を消したら、露出している内部パーツの一部穴をマスキングゾルでコーティングしておきます。爪楊枝でちょこちょことつつきながら全体にゾルが行き渡るようにしておきます。白い部分にはゾルが乗らないようにしておくと、塗装後にキレイに仕上がります。

ゾルを塗ったら1日程度乾かしておきます。長時間乾かすと画像のように透明になってゴム状になります。

マスキングテープを形状にカットしてゾルの上に貼っておきます。ゾルが凸凹なのでキレイに貼るのは少し難しいかもしれません。ですが、ゾルのコーティングが見た目によらずしっかりと出来ているので、マスキングテープは被せる程度でも大丈夫かと思います。(あくまで自分がやった時の感想なので、必ず保証できるものではありませんm(_ _)m)

マスキングしたランスパーツと一緒に、白いパーツ類をエヴォホワイトのみ吹いておきます。本当は白系で塗装しようかとも思ったのですが、このままでもいいじゃん!と思ったのでそのまま進めました。まぁ簡単でいいですよね。

ちなみに付属しているセルゲイ・スミルノフやソーマ・ピーリスフィギュアも、後で筆塗りしやすくするため、一緒にエヴォホワイトを吹いています。元々ダークブルーの成型色なので、直接筆塗りすると色が透けまくりになります。なので、一旦白塗りして透けないようにしておくというわけですね。

グレーの武器類や内部パーツ・・・・あっと!忘れてましたが、GNライフルのバレルは合わせ目消しをしていますのでご注意をm(_ _)m

そしてグレーの武器類や内部パーツ類は下地にエヴォホワイト+エヴォブラックを混ぜて吹き、ジャーマングレー70%+スターブライトシルバー15%+ライトガルグレー15%(ガイアカラー)で塗装しています。最近自分の中で流行りのメタリックグレーを作って塗装してみました。

股関節パーツやGNドライブのストッパーは発色を良くするため、下地にエヴォブラックを吹いてから、ゴールドはスターブライトプラス50%+スターブライトゴールド50%(ガイアカラー)を、シルバーはダークステンレスシルバー(ガイアカラー)を吹いています。ビームサーベルはいつものクリアーピンクとフラットホワイトのグラデ塗装です。

アドヴァンスドジンクスの外装成型色はダークブルーですが、個人的にはブラックに近いグレーにしたかったので、外装パーツ類は下地にエヴォブラックを吹いてから、マーズディープブルー60%+ジャーマングレー40%(ガイアカラー)で塗装しました。少し青を入れつつ、できるだけ濃いグレーにした感じです。

以上、一通り塗装を済ませたところで、今回はここまでです。

もうじきPGエクシアも発売になりますし、プレバンからも赤いデボラ機、RGグロスインジェクションVer.、PGトランザムライザー(再販)といった様々なキットが立て続けに発売されているのを見ると、00(ダブルオー)10周年の勢いをひしひしと感じますねぇ。

そしてこのアドヴァンスドジンクスも、10週年企画のひとつとして発売されたキットなので、今が旬?という意味では作っておいて損は無いかと。現在予約が終了しているのは残念ですが、赤いデボラ機があるので検討してみてはいかがでしょうか。

そして次回作もこの流れを受けて・・・・かどうかはわかりませんが、何かしら00関連のキットが作れたらいいですね♪(まだアドヴァンスドジンクス作り始めたところなのに気が早いっす^_^;)

では今回はこのへんで。良いガンプラライフを。ではでは~。

icon

⇒楽天でMGアドヴァンスドジンクスを探す
⇒駿河屋でMGアドヴァンスドジンクスを探す
⇒ヤフーショッピングでMGアドヴァンスドジンクスを探す

2 件のコメントがあります。

  1. U.C.0063

    on 2017年12月4日 at 22:43 - 返信

    nori様

    更新、お疲れ様です。
    ありがとうございます。

    内部パーツの色がイイ色です!是非その色を作って見ます。
    ジンクスの外装はシブい色なので内部の金属色がチラッっと見えると
    萌ますネ(*´▽`*)
    完成品レビューが待ち遠しいです!

    • nori

      on 2017年12月5日 at 20:35 - 返信

      コメントありがとうございます!
      ダークステンレスシルバーの内部パーツとグレー系のダークブルーで仕上げると深い色合いのいい組み合わせになってますね。
      造形的にもバランスがいいので、改修するところもなくそのまま塗装でも十分な出来になってくれました。
      逆にあまり特別なことはしていないんですけど、楽しんでいただけるとうれしいですm(_ _)m

コメントを残す