MG百式Ver2.0の組立工程 腕部の組み立て

こんにちは!今回は、MG百式Ver2.0の組立工程 腕部の組み立てをご紹介します!

最近のガンプラでは内部フレーム構造がおなじみとなっていますね。なのでMG百式Ver2.0の腕部も内部にフレームパーツ、外側から外装パーツを被せるという典型的な組み立て方法になっています。細いパーツがいくつかあるのでなくさないように注意も必要ですが、パーツが分かれていることで塗装しやすかったり色分けされていたりでマスキングによる塗り分けをする必要がなくて楽な部分でもあります。

なので完成度としても申し分なくかなりリアリティーある腕部なのですが、残念なのはやはりマニピュレーターですね~。エモーションマニピュレーターではないので若干指の動きが制限されています。大きく手のひらを開いたり、小指だけ折り曲げたり、ピースができなかったりで若干リアルさが無いのがな~と思います。

MG百式Ver2.0以前に発売されたMGシリーズはνガンダム、サザビー、Hi-νガンダムと続けてエモーションマニピュレーターだっただけに百式もそうなると思っていたのですが、MG百式Ver1.0からの流れでしょうか。それともエモーションマニピュレーターを見なおそうと思ったのかな?

まあ、どうしても欲しい方はバンダイの部品注文をご利用下さいまし。さすがにMG百式Ver2.0用のエモーションマニピュレーターはないですが、MGνガンダムなどの流用もありかと。

さてでは組立工程にいってみましょう。

MG百式Ver2.0の組立工程 腕部の組み立て

DSC_0042 DSC_0043

多いですね^_^; 腕部のパーツ一覧です。細いパーツが多く、ちょっとしたところでも別パーツで色分けされています。マニピュレーターにトリモチの噴射口まで付いている・・・しかも別パーツ・・・・(汗)もしかしてコレを付けたかったからエモーションマニピュレーターじゃなくしたのでしょうか・・・。

DSC_0044

DSC_0046

今回は腕部とショルダーアーマーを組んでいきます。まずは腕部の手首付近のパーツです。チューブ型のパーツはスターブライトシルバーで塗装後、クリアーレッドで塗装しています。画像ではあまり色がわかりませんねぇ。チューブの間にあるシルバーはエナメルチタンシルバーで筆塗りです。

DSC_0047

DSC_0049

DSC_0051

腕部内部パーツ類は組み込む時の向きに注意が必要です。完成した時にあらぬ方向に曲がるようになっていただと少しさびしすぎます(T_T)

外部パーツがなくても十分腕部として機能しますね。

DSC_0052

手首辺りのパーツが若干可動するようになっているのが新しいですね。チューブ型の部分を手前に引いてやると少し動きます。

DSC_0053

DSC_0054

DSC_0055

完成度が高いですね~(^o^)各部にワインレッドのパーツが見えるので色合いもバランスがいいものに仕上がっています。

DSC_0056

人差し指は既に組んでいる状態です。意外とパーツ数が多いマニピュレーターですね。

DSC_0057

エモーションでなくてもそこそこ表現力があります。下3本の指はカットして独立させてもいいですね。

DSC_0059 DSC_0060

DSC_0062

腕部の次はショルダーアーマーを組んでいきます。まずはショルダーアーマーパーツ一覧から。

DSC_0064

DSC_0065

何気にサイドスカート部分にエナメルロイヤルブルーを加えています。こういったちょっとしたワンポイントがあると全体的に見栄えするガンプラになるかと。百式の胸部にも若干赤色を加えていますが気がついた方もいらっしゃいますかね~。

DSC_0066

DSC_0067 DSC_0068 DSC_0069

(-_-;)・・・肝心の完成画像がぼやけている_| ̄|◯ 見づらい場合は後に出てくる胸部、腕部、頭部を組み合わせた画像をご覧くださいまし。

DSC_0070

ではここまで組み立てたパーツ類を組合せて上半身を完成させます。

DSC_0071 DSC_0072 DSC_0073

これで上半身完成です。まずまずですかね~。胸部、ショルダーアーマーには例によってメタルパーツ1.7mmを組み込んでいます。

ちなみにこのMG百式Ver2.0は2015年ガンプラ年間売上ランキング第9位辺りだそうです。ぼちぼち売れてますね。第1位はHGバルバトスとRGウイングゼロが争っていたみたいですね。HGバルバトスは低価格や現在放送中の主役機ということで、RGウイングゼロはRGという精密さやリアル感、そしてガンダムW人気からといったところでしょうか。

ガンダムW系の機体はこれまで組んだことがないんですが、余裕があればRGウイングガンダムEWなんて行ってみたいなーと。まあとりあえずHGグシオンリベイク、1/100グシオン/グシオンリベイク、HGバルバトス新形態など鉄血系が繰り出されるので、こちらに手をつけてからってことで。(ウイングはいつのことやら(-_-;))

さて、次回はMG百式Ver2.0の腰部の組み立てです。

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でMG 百式Ver.2.0を探す
⇒駿河屋でMG 百式Ver.2.0を探す


2 件のコメントがあります。

  1. cocopapa

    on 2016年2月13日 at 22:12 - 返信

    手はエモ手が良かったですけどね。
    くっついた3本は切り離して作りましたo(^_-)O

    • nori

      on 2016年2月13日 at 22:16 - 返信

      コメントありがとうございます!
      別売りでもプレバンでもいいので、エモーションマニピュレーターがあればありがたいんですけどね~。鉄血の1/100はエモ手はないですし、MGフリーダムVer2.0はエモ手になりそうですね(*^^*)

コメントを残す