HGUC MS-09 ドム/MS-09R リックドム レビュー

今回は、2006年1月に発売されたHGUC 1/144 MS-09 ドム/MS-09R リックドムのレビューをご紹介します!

HGUC MS-09 ドム/MS-09R リックドムは、『機動戦士ガンダム』等に登場するMS『MS-09 ドム/MS-09R リックドム』の1/144スケールモデルキットです。パーツの組み換えによってMS-09 ドムかMS-09R リックドムのどちらかが再現可能。モノアイには可動式パーツが採用され、表情がつけられるようになっています。ジャイアントバズやビーム・バズーカといった武装も付属。価格は1,836円(税込み)です。

重量感のある造形で印象深いジオン公国軍の主要MS『ドム』がキット化。背部、リアアーマ―、足裏部を組み換えることで『MS-09ドム』か『MS-09Rリックドム』がチョイス可能なコンパーチブルキットになっています。

まずは『MS-09ドム』で各部を見ていきます。劇中では黒い三連星が搭乗し、ジェット・ストリーム・アタックなどを披露しつつ活躍した機体。

成型色は淡いパープルにブラック、グレーなど。MGと色味が似ていますが、若干パープルが薄めで胸部もブルーグレーっぽくなっています。シールで補うのはセンサーやモノアイのみ。ほぼパーツによる色分けで、素組みでも十分な仕上がりになっています。

ポリキャップ(PC-116)を使用し、各部にふんだんに組み込まれています。ポリキャップ仕様の関節は、特別強固なわけではないですが、時間が経ってもヘタレにくそうです。

頭部。ドム特有の十字型フェイス。表面はクリアーパーツによって内部のモノアイが確認できるようになっています。モノアイは表面がピンクのシールでの色分けです。

頭部は内部フレームが造形されています。モノアイは可動式で、表情を付けることができます。表面の赤いパーツを外すだけでモノアイの位置を変えられるのでラク。

モノアイは付け根ボールジョイントによって上下左右に可動します。

胸部。肉厚でタフな印象の強い造形が再現されています。各部ともパーツによる色分けで、右胸の拡散ビーム砲はモールドに黄色いシールでの色分け。特にクリアーパーツなどは使われていません。

腰の接続構造もなかなか特徴的。腰アーマー裏にモールドや裏打ちパーツは造形されていません。股間部もシンプルなボールジョイント軸。

リアアーマー内部には3基のバーニアが造形されていて、ポリキャップ接続で可動します。

腕部。マッシブ感のある造形。

二の腕は筒型、前腕は前後挟み込みタイプで、合わせ目は肘のマルイチモールド周りにできる程度です。

ショルダーアーマーは黒と赤の2個パーツ構成。合わせ目はできない構造になっています。肩内部パーツには合わせ目ができますが、分離可能なので合わせ目消しはラクかと。

脚部。ドム定番のスタイルである特徴的なスカート型。膝の装甲はパーツで色分けされています。

大腿部は筒型パーツになっているので合わせ目はありません。膝から下はスカートが左右挟み込みタイプで後部に合わせ目ができます。膝から分離できないので合わせ目消しは少し難しそうですが、そのままでモールドとしておいても良いのかも。

足裏は内部まで筒抜け状態。内部には3基のスラスターが造形され、手前にグーッと引き出せるようになっています。(足首の可動が柔軟ということ。)

ソール部は肉厚ですがシンプルな構造。足裏にはドムのホバー機構用のファンが造形されています。

背部は簡単なスラスターが造形されているのみ。少し上下可動します。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。陸ジムと同じくらい。見た目と違ってあまり大きくないですね。ドムの頭頂高は18.6mくらいです。

MGドム(画像右)とサイズを合わせて比較。造形的にはあまり変わらない感じですが、MGドムのほうが若干スマート。

頭部は少し見上げることができます。肩装甲があり、頭部が少し埋まった状態なので、左右への可動はごくわずか。

腕は水平以上に上げることができます。肘は90度程度まで。

肩は前方に少しスイングさせることができます。

腹部が可動するので、上半身を少し反らせることが可能。腰は干渉してわずかに動く程度なので、画像は用意しませんでした。

股間部のカバーを外すことでポリキャップ穴が露出。この穴を使って、アクションベースへのディスプレイが可能です。

フロントアーマーの可動はわずかで、脚部も肉厚で干渉するため、前後開脚はそれほど柔軟な展開はできません。

膝は「くの字」程度まで可動。膝内部パーツは合わせ目が段落ちモールド化されています。

足首は、この形状にしてはまずまず広めに前後可動します。左右への可動もそこそこ。

股間部がボールジョイント接続なため、左右への開脚はハの字程度となります。

内股は殆どできませんが、がに股は45度程度まで可動します。

立膝もぎこちなく、きれいな姿勢での再現はできませんでした。

可動域の総括としては、可動域が広くないので躍動感のあるポーズは取りにくいですが、劇中でもそんなに派手なポーズはしていないですし、無理に動かす必要もないのかと。MGドムとも同等ぐらいの可動域ですね。

ジャイアント・バズ、ビーム・バズーカ、ヒート・サーベル、平手(左)、武器持ち手(右)、ヒート・サーベルマウントパーツが付属。

リック・ドム用の組み換えパーツが付属します。

ジャイアント・バズ。本体部分は左右挟み込みタイプなので、上下などに合わせ目ができます。砲口下部のフックは可動式。

センサーはクリアーパーツにピンクのシールを貼っての色分けです。フォアグリップは上下に可動。グリップは適度に前後可動します。腕に負担をかけることなく、肩に担ぎやすくなっているのがいいですね。

ビーム・バズーカ。ロングサイズの武器になります。本体部分は左右挟み込みタイプで、上下などに合わせ目ができます。

こちらもセンサーはクリアーパーツにピンクのシールを貼っての色分け。センサーのボックスはモナカ割で合わせ目ができます。グリップ部分が可動し、本体内部に引っ込むようになっています。

砲口は角型で別パーツによる造形。

ヒート・サーベルは刃とグリップ部分が別パーツで色分けされています。

ジョイントパーツを使うことで背面に懸架可能。

ジャイアント・バズやヒート・サーベルを装備して。ジャイアント・バズを武器持ち手で保持。遊びが多くふらつきがありますが、グリップが可動するので肩との干渉もなくラクに保持が可能です。

武器持ち手がバラけやすいのが難点かも。多少補強したほうが、ストレスなくポージングできるので良さそうです。

装甲が肉厚なので片足での自立が可能ですし、モノアイが可動するので、頭部が動かなくても表情をつけやすいです。

ジャイアント・バズの両手持ちは多少ぎこちないですが、ある程度は可能です。こちらもフォアグリップを握らせたときハンドパーツがバラけやすいので注意です。センサーが可動しないので、狙いを付けるような姿勢で打てないのがもったいないかも。

脇に抱えた状態だとラクに保持が可能です。

ヒート・サーベルはグリップが細めでスルスルしますが、根本が太いので持ち手から抜け落ちることはありません。サーベル刃はイエロー成型色。腰が動かないので、サーベルで切り裂くようなポーズが難しい・・・。

続いてパーツを組み換え、『MS-09Rリックドム』のレビューです。組み換える時、ダボがしっかりとはまり込んでいて分解時にダボが折れやすいので注意です。組む前に予めダボ穴を広げておくと外れやすいかも。

背面やリアスカート、足裏が宇宙仕様のドムとして、別造形で再現されています。

劇中ではキャメル艦隊やコンスコン隊の主力MSとして登場。コンスコン隊としては12機が登場し、『12機のリック・ドムが3分も経たずに全滅』というガンダムの圧倒的な強さを印象づけてしまうという面も。

大部分は『MS-09ドム』と同じなので、異なる部分だけを比較しながら簡単に見ていきます。(比較画像は左がMS-09Rリックドムで、右がMS-09ドムになります。)

背面のバーニアが大型化されています。

リック・ドムのバーニアも上下に可動します。(これは比較画像ではありません。)

リアスカートが少し大型になり、モールドが造形されています。

足裏の造形がファン状のものからバーニア型に変更されています。

ビーム・バズーカとヒート・サーベルを装備して。ビーム・バズーカが大きいので、装備するとリック・ドムに迫力が出ます。保持は遊びが多く、ジャイアント・バズよりも重い分、不安定さが増している感じも。

背面のバーニアが大きくなっているので、ヒート・サーベルの角度が若干制限されてしまいます。

宇宙仕様ということで、アクションベースを使った飛行ポーズを再現して楽しめます。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。構造がMGドムに似たところがありますし、HGでもなかなか質の高いキットになっていると思います。だいぶ前に発売されたキットですが今でも通用しそうですね。人気な機体なだけに、当時の開発でのこだわりみたいなのも見て取れます。合わせ目もそこまで目立つわけでもないので素組みでも十分。

気になる点は、ハンドパーツがバラけやすいのと、遊びが多いので武器を構えるときに安定しにくいというところでしょうか。可動域に関してはそれほど広いわけではないですが、もともと重量級な機体で身軽な印象もないので、派手なポーズを付ける必要は無いのかと。

頭部のモノアイ可動ギミックも良くできていますし、値段的にも満足できるキットになっていると思います。3体揃えて黒い三連星やジェット・ストリーム・アタックを再現するのもいいですね。

⇒楽天でHGUC MS-09 ドム/MS-09R リックドムを探す
⇒駿河屋でHGUC MS-09 ドム/MS-09R リックドムを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC MS-09 ドム/MS-09R リックドムを探す

コメントを残す