HGUC パラス・アテネのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGUC 1/144 パラス・アテネのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はHGUC定番のアニメイラストと上下に区切られたモノクロ背景。背景はエマのガンダムMk-Ⅱと交戦中のシーンが掲載されています。この戦闘の前にカツやヘンケン艦長などが戦死し、それらを見て我を失っていたエマがよく立ち直ったと思います。ちなみに機動戦士ZガンダムのTV版でバスク・オムを撃ったのはレコア搭乗のパラス・アテネですが、劇場版ではヤザンのハンブラビに変更されています。

パッケージサイズは一般的なHGに比べ、1cmほど横長で高さもあるものになっています。キットが大型なので、その分パーツも大きいものが含まれています。

横絵は少し前のキットということで、今に比べると少し地味な感じがあります。アマゾンなどでも主に左上の画像が商品画像として使われていますが、今のパケ絵にするともう少しこのパラス・アテネをよく魅せることが出来たかもです。このHGUCパラス・アテネは『劇場版機動戦士ZガンダムⅢ-星の鼓動は愛-』の公開に合わせて発売されました。

開封。箱にちょうどいいくらいのランナー量です。

全部で4袋分のランナー。

説明書表紙は横絵にも掲載されていた塗装済みキット画像が使用されています。機体スペックなども記載されているので、こういった部分を楽しむのもいいかもですね。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。説明書は、組立工程がすべて白黒ページに集約され、カラーはすべて機体解説や塗装済みキットのアクションポーズなどとなっています。以前レビューしたHGUCハイザックも構成が同じですが、組立工程が片面のみに収められているのはちょっと無理矢理感もありそうな・・・;

組み立てはモナカ割で大味なところもありますが、外装パーツを被せたりして合わせ目はあまり露出しないような構造にはなっています。

カラーガイドは比較的シンプルなカラーの組み合わせになっています。成型色にちょっとおもちゃ感を感じるので、ガイアカラーなどを使って基本色とは違った色で塗装してみるのも実機感が出ていいかもです。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー、ネイビー、イエロー、グリーン、レッドのイロプラランナー。胸部や脚部、バックパックなど各部外装パーツ類です。

↑B1ランナー。グレーの成型色で、シールド、2連装ビーム・ガン、関節パーツ、ハンドパーツなど。

↑B2ランナー。グレーの大型ミサイル用パーツのみです。

↑Cランナー。グリーンのムーバブル・シールド、バックパック基部、脚部クロ―パーツなど。

↑Dランナー。グリーンの成型色で、腕部、脚部などの外装パーツ類。

↑Eランナー。グリーンの成型色で、シールド、腰部、脚部などの外装パーツ類。

↑F、クリアーイエローのSB6サーベル刃、ポリキャップPC-123プラス、ホイルシールです。Fはゴム質素材の動力パイプパーツ。

以上です。機動戦士Zガンダムの終盤に登場した機体としては、パラス・アテネはジ・0、ボリノーク・サマーンと合わせて重要な機体となっていますが、パラス・アテネ、ジ・0はキット化されているので後はボリノーク・サマーンですね。ファンにとっては待ち焦がれている機体なので、バウンド・ドッグと共に、ぜひキット化してほしいものです。そしてジ・0、パラス・アテネと合わせて3機のチーム編成を組み、百式やMk-Ⅱ、ゼータ(その他キュベレイ、バウンド・ドッグ、ハンブラビなど)と共にディスプレイするのもいいですね。

⇒楽天でHGUC パラス・アテネを探す
⇒駿河屋でHGUC パラス・アテネを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC パラス・アテネを探す

コメントを残す