HGUC ガブスレイのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGUC 1/44 ガブスレイのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はフェダーイン・ライフルを構えるガブスレイが掲載。背景は都市部のような場所でΖガンダムとのバトルを繰り広げる姿が掲載されています。作品を見返してみましたが、どのシーンか確認することはできませんでした。(百式に掴みかかるシーンならあったような・・・)ちなみにフェダーイン・ライフルの「フェダーイン」とはアラビア語で「戦士」という意味で、「戦士の銃」という意味合いを込めてフェダーイン・ライフルとしたそう。

パッケージサイズは一般的なHGよりも1cmほど横幅が大きめ。高さは同じです。

横絵にはガブスレイの変形の流れや機体解説が掲載。中間形態が可能なこともフェダーイン・ライフルの銃身を持てることも記載されています。付属品(武器や台座など)も少し特殊なので、ネタには困らないキットになっているかと。(武器持ち手がバラケてしまったので、素組みレビューでは銃身持ちを断念しました_| ̄|◯)

開封。パーツボリュームや大きさなど、極端な大小のない、まとまりのある構成になっているようですね。

全部で3袋分のランナー。

塗装済みのガブスレイが掲載された説明書です。ティターンズのMSですが、E.F.S.Fのプロトタイプ可変MGと記載されています。まぁ同じようなもんですね;

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。変形機構を持っているため、かなり特殊な構造になっています。細かいパーツがあるので紛失には注意が必要ですね。脚部は特に構造が複雑なので、間違えないように組んでいく必要があります。間違えたら分解も慎重に行わないと破損につながるので注意です。構造が新鮮なので、他キットとは違った魅力を感じるアイデア性のあるキットですね。

組み立て時は、外装(脚部など)の曲線部分にゲートがあるので、どうしてもゲート跡が雑になったり切りにくくて他を傷つけてしまったりすることがあるので注意です。全体的に曲線の多いキットがゆえの悩みかなとも思います。

カラーガイドはよくある塗料での調色になっています。茶系がメインで、砂漠・熱帯運用機でないとそんなに見ない機体色なので、比較的余りやすい塗料かも。ミリタリーモデルも塗装するという場合は使用頻度が高そうですね。自分は手元にサンドブラウンやダークグリーンなどがごっそり余ってます;どうにか使い切らねば・・・_| ̄|◯

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。グリーン、イエロー、ブラウン、レッドのイロプラランナーです。腰アーマーやフェダーイン・ライフル、バーニア系パーツ、胸部パーツなど各部のパーツ類。

↑Bランナー。ブラウン成型色で、腕部や脚部、頭部などの外装パーツ類。

↑Cランナー。グレー成型色で、腕部や脚部などの関節、内部パーツ類。

↑Dランナー。グレー成型色で、専用台座パーツや腕部、腰部、脚部など各部パーツ類。

↑ポリキャップ(PC-123プラス)、SB6(クリアーイエローのサーベル刃)、ホイルシール、ビス×2、ナット×2です。

以上です。発売から15年が経とうとしていますが、今見ても質の高い変形機構を持つキットになっていると思います。MS形態もMA形態も造形的に落ち度がなく、どちらもバランスよく仕上げてあるのがいいですね。ハンドパーツの脆さと可動幅の狭さが補われていたら、傑作キットになっていたかも。

ガブスレイと言えば「アドバンス・オブ・Z 刻に抗いし者」に登場するガブスレイ「ムニン」やガブスレイ「フギン」があるので、そちらへのベースになればいいと思いますし、ビルドシリーズでもフレームの流用による変形キットが登場したりすると面白いかもしれませんね。

⇒楽天でHGUC ガブスレイを探す
⇒駿河屋でHGUC ガブスレイを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC ガブスレイを探す

コメントを残す