HGUC イフリート・ナハトのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGUC 1/144 イフリート・ナハトのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイドのレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パッケージカラーは成型色よりもやや淡いライトブルー。もう少しドス濃いブルーのほうがイメージが湧きそうですが、デザイン的に見えにくいとかあったんですかね~。プレバン商品のパッケージは基本、どれも淡めの色合いになっているようです。

デザインは塗装済みキットを使った合成。荒野で砂塵を撒き散らしながら襲いかかるイフリート・ナハトの姿ですが、背景はあまり鮮明にデザインされていないようです。『闇夜に舞う炎神』という愛称なので、逆に暗闇っぽくなっていていいのかも。

箱の大きさは縦横は一般のHGサイズで、厚みが一cm弱くらい厚めです。積むにもあまり凸凹な影響はないですね。こういうサイズは積みの高さ調整にちょうどよかったり;

では開封。ナハトは新規パーツが多く、ランナーも大判のものがたくさん入っているのでなんか気分がいいですね。この内容なら一般発売でもぜんぜんいいと思うんですけど、まぁやっぱりネット販売が主流になってきているんですかね~。売れ残りとかあまり関係ないと思うし。

全部で四袋分のランナー。

では説明書を見ていきます。説明書は特に表紙や機体解説などはない、組み立て方オンリーの白黒説明書です。キットの出来がいいだけに、説明書なども楽しみたい方にとってはちょっと寂しさを感じる仕様ですね。ではちょっとページ数の少ない説明書を一通りどうぞ。

以上、説明書でした。組み立て解説のみなのでわずか画像3枚程度で収まってしまいます。武器類やギミックが少ないこともありますね。組み立てはイフリート・シュナイドベースで腕よりも脚を先に組み立てていくパターンになります。武器はクナイやサーベルなど、切り出すだけで完成のようなものばかり。なのでその分キット本体に力が入れられてる気がします。

カラーガイドはまずまず凝った感じの調色になっています。色的には全身ダークブルーでシンプルに見えるナハトですが、2色に分かれている分、うかつな調色が出来なかったりします。2色のダークブルーを近からず遠からずくらいのバランスのいい色合いにしないといけないんですね。色合いが近すぎると単純な感じになりますし、遠すぎると違和感が出てきてしまいます。プレバンのホームページはいい感じにわかりやすい色分けになっているかなと思います。塗装関しては難しさを感じさせるキットですね。

では各ランナーを見ていきます。

↑Aランナー。2色のダークブルー、グレー、ダークグレーのランナーです。ナハト専用のランナー。コールド・ブレードの鞘や胴体パーツ類、頭部、脚部、スラスターにガトリングガンパーツなどいろいろ。

↑B1ランナー。2色のダークブルーランナーです。脚部や前腕パーツなど。イフリート改からの流用ですが一部が省かれていて、殆どが余剰パーツとなっています。

↑B2ランナー。ダークブルーのランナーでB1の一部と同じです。イフリート改からの流用。

↑C1、C2ランナー。共にグレーのランナーです。関節やハンドパーツ、内部パーツ類など。

↑D1ランナー。グレーでイフリートの動力パイプパーツです。

↑E1ランナー。ダークブルーのランナーです。脚部や肩部、腕部といった外装類やクナイなど。ナハト用の新規ランナーです。

↑E2ランナー。ダークブルー成型色でE1の一部と同じ。

↑ポリキャップ(PC-002)、ホイルシールです。シールはモノアイと脚甲のダクト。最低限の箇所を色分けするのみです。

以上です。イフリート・ナハトが発売されたのでジーラインなども発売を期待したいところですがどうなんでしょう。完全新規というわけにはいかないでしょうし、できるとしたらHGペイルライダーベースでいいのかな?

ジーラインが発売されればナハトとのバトルシーンが再現できますし、ガンダム戦記つながりで重装フルアーマーガンダム7号機なども発売してもらいたいところです。夢が広がりますね!ゲームでの登場機ということで、キット化の優先順位としては低いほうなのかもしれませんが、そういった関連機の発売を期待するのもガンプラの楽しみの1つですね。

icon

⇒楽天でHGUC イフリート・ナハトを探す
⇒駿河屋でHGUC イフリート・ナハトを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC イフリート・ナハトを探す

コメントを残す