HGUC アドバンスド・ヘイズルの制作⑨ 細部の塗装、スミ入れなど

今回は、HGUC アドバンスド・ヘイズルの制作⑨をご紹介します!

同時進行のHGUCウーンドウォートかMGジェガン、どのキット制作を進めるか迷いましたが、前回塗装を済ませたHGUCアドバンスド・ヘイズルの制作を進めることにします。引き続き細部の塗装やスミ入れなどをしつつ、完成まで持っていけるようにしたいと思います。

まずは脚部スラスターユニット後部のフィン部ですが、きっちりと塗り分けられているかマスキングを剥がして確認しておきます。まぁまずまずですね。

続いて各部の細かいダクト類や一部の色分け箇所をマスキングします。形状が細かく複雑なので、マスキングは結構時間がかかります。テープを小さくカットしたものを、形状に合わせてコツコツと貼りつけていきました。

左上のパーツは一部をマスキングしていませんが、塗り分け時に吹き出た塗料が散ってしまうことがあるので注意が必要です。自分は中途半端にしていますが、全体をきっちりと覆っておいたほうが安心です。

マスキングしたダクト部分は、下地にピンクサフを吹いてから橙黄色50%+サンシャインイエロー50%(ガイアカラー)で塗装しました。吹く直前に、マスキングテープが浮かないようにして押さえてから塗装します。

左上のパーツは案の定塗料が散ってしまったので、取っておいたダークブルーの調色塗料を再度吹いておきました;各部のマスキングした箇所も、どこに隙間があるかわからないので念を入れてマスキングしておく必要がありますね。

その他、シールド裏や大腿部パーツはスターブライトアイアン40%+ニュートラルグレーⅣ60%(ガイアカラー)で塗り分けておきました。

マスキングを剥がすとこんな感じに。多少はみ出してはいますが、スミ入れなどでごまかせるかなというところです;

メタリックグレーで塗り分けた箇所もこんな感じになりました。シールド裏はグリップ部分だけでなく、凹んだ部分全体を塗り分けても良かったですね。

強化型シールドブースターの拡散ビーム砲は、設定では基部がグレーですが、このままホワイトにしてみます。仕上がりが悪かったらグレーに塗装するかも。砲口は水性カラーアクリジョンのあずき色で簡単に筆塗りです。ラッカー系だと白い塗装を剥がしてしまい、エナメルだとスミ入れ時に混ざってしまうので水性カラーにしています。

はみ出た部分は専用の溶剤と綿棒で拭き取っておきます。少し雑ですが、スミ入れすれば良くなるかな・・・って感じです;こちらも仕上がりが悪かったら塗り直すなりして修正したいと思います。

ダークブルーに塗装したパーツ類は、Mr.ウェザリングカラーでスミ入れしておきます。

ホワイトに塗装したパーツ類は、タミヤのスミ入れ塗料(グレイ)でスミ入れ。拡散ビーム砲口はMr.ウェザリングカラーでスミ入れです。やっぱり全体をグレーに塗り分けたほうが良さそうなので、後日修正しておきます;

以上、今回はここまでです。細部の塗り分けがかなり大変で世話が焼けますが、どう塗り分けるか考えるのも楽しみの一つですし、技術力の向上につながるので、そういった意味ではなかなか制作しがいのあるキットと言えそうですね。

icon

⇒楽天でHGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル] を探す
⇒駿河屋でHGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル] を探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル] を探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す