HGUC アッガイ レビュー

今回は、2007年4月に発売されたHGUC 1/144 MSM-04 アッガイのレビューをご紹介します!

HGUC アッガイは、『機動戦士ガンダム』に登場するMS『アッガイ』の1/144スケールモデルキットです。ファーストの機体形状をベースに、第08MS小隊仕様のディテールや要素を取り込んで再現。パーツの差し替えによる腕や爪の伸縮、頭部内部メカやレールに沿ったモノアイ可動を再現するなど、水中MSのリアリティを追求したキットになっています。右腕のミサイルや腕用カバーパーツも付属。価格は1,540円(税込み)です。

ジオン公国軍の水陸両用量産型MSでジャブロー潜入作戦などで活躍したアッガイがHGUCでキット化。大型の頭部と丸みのある体型を持ち、両腕に爪や火器を持つ特徴的な機体形状が再現されています。パイロットはアカハナやジオン公国軍一般兵など。

成型色は外装の大半を濃いめのレッドブラウンと淡めのウッドブラウンで配色。関節・内部フレームをグレー、爪・バックパックなどをブルーグレーに色分けするなど、量産機らしい地味めのカラーリングになっています。シールはモノアイの表面を補うのみ。塗装もほとんど必要なく、組み立てるだけで十分な色分けが再現されています。

ポリキャップはPC-123プラスを使用し、首や四肢の付け根、手首、足首などに使用します。関節強度は程よく、経年などでもヘタレることなく強度を維持してくれそうです。胴長短足、足底も扁平なので、自立は極めて安定しています。

頭部。アッガイ特有の平たい形状が再現されています。額には4門の105mmバルカン砲が別パーツで造形されています。タコ口のようなダクトパーツは外れやすいので注意です。

首パーツは左右挟み込みタイプで、中央のボールジョイント部はポリキャップ。

上部は左右2枚パーツ構成で、モノアイや内部を覆うようにクリアーカバーパーツが造形されています。

さらに内部はモノアイレールを持つ内部フレームが造形されています。モノアイレールを動かすときは上部左右の2枚パーツとクリアーカバーパーツを外して移動させます。上部パーツは組み合わせ強度が高いので、破損させないように注意が必要です。

モノアイはクリアーパーツの表面にシールを貼っての色分け。レールに沿って可動させられ、上部や側面、後部にまで配置することができます。額の位置(赤◯部分)が少しスライドが固めなので注意です。(ゲート跡をきれいに処理すればスムーズにスライドするかも?)

胴体部。首周りから特徴的な腹部横ライン部分などは別パーツで色分けされています。コックピットハッチの開閉はなし。胴体部は一体になっていて、前後挟み込みタイプで側面などに合わせ目ができます。内部は造形されておらず、くり抜き状態。

腕部。肩部と前腕部で簡単に分けられたマスコット的なスタイルになっています。

腕部は内部フレームが造形されています。内部フレームの二の腕は前後挟み込みタイプ、前腕は左右挟み込みタイプで共に合わせ目ができます。

肘は少しだけですが伸ばすことができます。伸ばすことで肘の可動域が広がります。

二の腕、前腕共に筒型で合わせ目はありません。

ハンドパーツは組み換えが可能で、別途2種の爪先パーツが付属。爪を収納した状態、中央にバルカン砲口がある6連ミサイル・ランチャーがチョイス可能です。

爪先はファースト仕様だと右に爪(アイアン・ネイル)、左に(中央にバルカン砲口のない)6連ミサイル・ランチャーを装備しています。爪は6本とも展開が可能。

脚部。こちらもクマ脚のようなマスコットっぽい造形になっています。大腿部、膝から下共に外装が筒型で合わせ目はありません。ソールは左右の丸モールドがパーツによる色分け。

脚部も内部フレームが造形されています。内部フレーム大腿部は前後、膝から下は左右挟み込みタイプですが、共に合わせ目ができるようになっています。

足首はボールジョイント接続。ソールの内側にはモールドが造形されています。

足裏はモールドが入った蓋パーツになっていて、肉抜き穴はありません。ファンのような造形もされています。

バックパックはシンプルなボックスタイプ。

2ラインダボ接続なので、他キットとの互換性はないようです。

下部のバーニアは上下に可動。内側にはスリットが造形されています。

腕部と脚部の内部フレームを露出させた状態で。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。サイズ的にはそこそこ大きめ。アッガイの全高は19.2mです。(説明書に記載の数値で、設定値は様々。)

HGUC RX-78-2ガンダム、HGUC陸戦型ガンダムと並べて。どれも特別モールドが多いわけでもないので、組み合わせても特に違和感はなさそうですね。

頭部はまずまず上下可動します。見た目によらず、左右へも干渉なくスムーズに可動します。

どの方向に向いているのかちょっとわかりにくいですが、腕は水平以上に上げることができます。肘は45度程度までとわずか。肩の前後スイングは全くないので画像は省きました。

腰が可動しないので、一般的なキットのような上半身の前後スイングや腰の回転ギミックもありません。

アクションベースやスタンドへは、股間部もカバーパーツを外し、3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

腰回りに干渉するものが全くないので、脚部は幅広く前後スイングさせることができます。可愛らしいですね(笑)

膝は二重関節によってかなり深くまで曲げることができます。膝内部パーツは左右挟み込みタイプで中央に合わせ目ができます。

足首は前後左右とも程よく可動します。

左右への開脚も水平程度にまで展開が可能。

内股、ガニ股は共に真横程度にまで展開が可能です。

立膝もきれいな姿勢でこなすことができます。

可動域の総括としては、胴体部が寸胴ということもあって可動箇所自体は少ないものの、見た目によらず各部が広く可動するようになっています。劇中でそんなにキビキビとした動きを見せていた印象はないですが、このキットは色んなポーズに対応してくれそうですね。

腕部延長パーツ×2、第08MS小隊版アッガイ用の腕カバーパーツ、爪を収納した状態、中央にバルカン砲口がある6連ミサイル・ランチャーのハンドパーツが付属。

二の腕と前腕の間に延長パーツを取り付けることで、腕が伸びた状態(フレキシブル・ベロウズ・リム)を再現することができます。

延長腕は各部が分解できるので、組み換えて1本の長い腕にすることも可能です。

可動が柔軟なので、ポージングに難しさはないですね。ただ、モノアイを動かすときに頭部を分解するのがちょっと手間なのと、口がポロリしやすいので注意です。首のポリキャップも抜けやすいので注意。

特別凝った武装類もないので、ファーストのシーンを簡単に演出してみました。

ジャブロー潜入作戦を演出。胴体はポロリもなくスムーズに可動させることができます。

右の二の腕にカバーパーツを被せ、左腕部に腕部延長パーツと爪(アイアン・ネイル)を伸ばしたハンドパーツを取り付けることで第08MS小隊仕様のアッガイにすることができます。

第08MS小隊仕様のアッガイを全身から。

カレン・ジョシュワの陸戦型ガンダムを粉砕するシーンを演出。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。そこまで古いキットなわけでもないですが、シンプルな機体形状のアッガイということで、どこかしら簡易的で雑な作りを想像していました。ですが実際のキットは内部フレームが造形されたり、モノアイがあらゆる角度に移動したりとかなりしっかりとした作りになっているのに驚きました。当時の開発者の熱意が感じられる作りになっていますね。

現在でも十分に通じるくらいの完成度がありますし、可動域も広く表現力が高いです。それでいて短足、動物のような愛らしさも持った優秀なキットになっていると思います。親しみやすさがあるので、ディスプレイアイテムとしてだけでなく、マスコット的な癒やしアイテムとしても、手元に一つ置いておきたいですね。

⇒楽天でHGUC アッガイを探す
⇒駿河屋でHGUC アッガイを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC アッガイを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す