HGBF リックドギャン子のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGBF 1/144 リックドギャン子のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パッケージはドムカラーのパープル単色。おなじみの塗装済みキット画像による合成で、アップはガッツポーズのギャン子になっています。このアップ画像もプレバン販売ページ用に撮影された画像を拡大しているので、特別真新しいものではないですね;プレバンのコスヒロイン用パッケージは全身画像の後ろにシルエットが掲載されているので、その点が他のガンプラと異なります。

箱のサイズはなかなか大きめですね。一般的なHGよりも3cm程度の厚みがあります。はいぱーギャン子の余剰パーツに加え、HGUCリック・ドム用の武器ランナーも含まれているので、その分大きめになっているようですね。ちなみにはいぱーギャン子の箱は一般的なHGより1cm程度大きめです。

では開封。余分な隙間なく、大判のランナーがそのまま入っています。

全部で6袋分のランナー。コスヒロインキットは素体に加え、外装パーツのような着ぐるみスタイルになっているのでその分パーツ数は多いですね。それに武器類が加わるとさらにボリュームはマシマシになってきます。

それにしても、最近のコスヒロインキットはゴテゴテのドム用武器やアークエンジェルの戦艦スタイルなど、もはや女の子向けとは言えないキットになってきている気もします・・・・;(元々女の子向けではなかったのかな?)

では説明書を見ていきます。表紙のみを撮影し忘れたので、今回は開きの状態からで申し訳ないですm(_ _)m 表紙はパケ絵アップに機体(ガンプラ)とパイロット(所有者)の詳細はいつものように掲載されています。ですが今回はサザキ・タテオの画像掲載はありません。ギャンにこだわるサザキ家ですが、ツィマッド社製がOKならまさかのヅダコスバージョンも期待したいですなぁ。

カラーガイドのアップになります。塗料に関しては、それほど複雑な色合いのものは使われていないみたいですね。ホワイト、パープル、ピンク、ブラックなど至ってシンプルな基本色が多く使われているので、メジャーなものだけで済ませられそうです。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。ベースははいぱーギャン子と同じです。武器類が大味なせいか、ディフォルメキットと合体するHGBFすーぱーふみななどに比べると組み立てに少し物足りなさを感じさせるかもです。それと、やはりポリキャップ仕様でないとヘタレ度が高くなるので、どうしてもポージングでストレスを感じますね。

では各ランナーを見ていきます。

↑Aランナー。ピンクのランナーです。膝と足首の関節のみ使用します。それ以外はすべて余剰パーツ。

↑Bランナー。ダークグレーのランナーです。フレキシブルアーム用パーツで、同じものが2枚付属します。HGBFアームアームズからの流用ランナーです。

↑Dランナー。パープルのランナーです。関節用の内部パーツですが、ハンドパーツなど一部のパーツを使用し、半分くらいは余剰になります。

↑Dランナー。レッドのランナーです。『D』ランナーは形状の異なるものが1枚ずつ付属しますが、色が違うので特に迷うことはないと思います。

↑Eランナー。ダークグレーのランナーです。どこに『E』と記載されているのかわかりにくいですが、中央にあるドムの胸部パーツ右側に印字されています。気が付きにくいのでご注意を。

↑F1、F2ランナー。共にレッド、ダークグレー、パープルのイロプラランナーです。リックドギャン子専用のパーツ類になります。

↑G1、G2ランナー。共にグレー、ピンク、パープルのイロプラランナーです。HGBFはいぱーギャン子からの流用カラバリランナーになっています。多くのパーツを使用しますが、余剰パーツもまた多いです。

↑N1ランナー。ダークグレーのランナーです。インナースーツや台座パーツなど。腹部や腰部、大腿部などが細かく分かれています。ギャン子は各関節部が分離可能なので、合わせ目消しがラクにできるのはいいですね。

↑Y1、Y2ランナー。Y1はブラウン、Y2はベージュのランナーです。髪やフェイスなどのパーツ類。

↑BA-0ランナーとホイルシールです。台座はホワイト成型色で、はいぱーギャン子とは一味違ったものになっています。ただ、支柱の延長パーツがグレーなので白黒になってちょっと違和感を感じるかも。

以上です。武器類が簡素なのは嬉しくないですけど、ギャンと比べるとやはり重装甲のドム型なのはいいですね。足首周りのスカートもブーツカットっぽくなっていて脚長感を感じますし、全身のスタイルもなんとなくバランスが良く感じられます。

バトローグ第3話では、いつものビルドファイターズストーリーとは一味違った冒険モノや戦隊モノっぽさのある展開が楽しめるので、はいぱーギャン子、すーぱーふみな、コマンドふみな、リックドギャン子を揃えて、HGデュアルトランザムを再現するのも面白いかもですね。

それかもしくは、リックドギャン子を3体揃えてジェットストリームアタックを再現するのもまたオリジナリティがあって、いい意味でガンダムファン驚かせられるかも(笑)ギャンやドムはもはやガンダムの中ではレジェンドなので、古風な容姿は新旧多くのガンプラファンを楽しませてくれますね。

icon

⇒楽天でHGBFリックドギャン子を探す
⇒駿河屋でHGBFリックドギャン子を探す
⇒ヤフーショッピングでHGBFリックドギャン子を探す

コメントを残す