HGBF はいぱーギャン子のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGUBF 1/144 はいぱーギャン子のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

箱絵は兄のサザキ・ススムがセイと初めてバトルしたフィールド『デザート』を背景に、兄の愛機『ギャン』と同じようなディテールのはいぱーギャン子が掲載されています。このはいぱーギャン子はギャン子(サザキ・カオルコ)の弟タテオが製作したガンプラです。サザキ家はタテオの下にもう一人美形の弟がいるという、まさにザビ家と同じ兄弟構成になっています^_^;

箱のサイズは見た目的には一般的なHGとそれほど変わりませんが、縦が2mm程度、横と高さが1cm程度大きいものになっています。キット自体が通常の1/144サイズガンプラよりも大きいですし、シールドなどのパーツボリュームも多めなのでパッケージも大きめのものが使われているようです。

HGBFチナッガイは通常のHGパッケージサイズでしたが、ギャン子の体型がマッシブなのも影響が・・・・・?

横絵はビーム・サーベルを構える姿やシールドを両手に装備した姿などが掲載されています。台座パーツのディテールも掲載されてますね。ギャン子はダイヤ模様ですが、すーぱーふみなは星型模様、チナッガイはハート型模様です。

では開封。箱の大きさに比べると、中身は少しスカッとしています。幅の広いランナーがそれほど入っていないのでこう見えるんですかね~^_^; もう少し小さめのパッケージでも良かったような気がしますが、組み立てたギャン子を箱に入れておくにはちょうどいい箱の大きさでした。

ランナーは4袋分。パーツ数も割りと多めで、なかなかの組ごたえもありました。

おなじみのGMの逆襲、トワイライトアクシズのチラシ入り。

ではここから説明書を見ていきます。表紙には箱絵イラストとはいぱーギャン子の解説、そして製作者のサザキ・タテオ情報が掲載されています。おそらく、サカイミナトがすーぱーふみなを作ったときと同様に、カオルコもこのはいぱーギャン子を見て気持ち悪いと思ったことでしょう^_^; 自分がガンプラになるってどんな気分なんでしょうね^_^

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。組み立ては大体の部分はこのシリーズおなじみの組み立て方になっています。ですが前回のHGBFチナッガイから少し改良が加えられていて、膝関節の組み立てなどが少し変わっています。

すーぱーふみなは膝関節が差し込みタイプになっていて、これだと腿の合わせ目が消しやすいのですが、腿が左右どちらの脚なのかわからなくなってしまいます。ですが、チナッガイからは、膝パーツを太ももで挟み込むようになっていて、内部のダボ形状が左右で違うので組み間違えないようにしてあります。(意味がわからなかったらすいませんm(_ _)m)

では各ランナーを見ていきます。

↑Aランナー。ホワイトのランナーです。脚部ロングソックス部分のパーツ類です。『BFG-1』と印字されていて、何気にチナッガイからの流用ランナーになっています。最近は流用を考えてか、ランナーにキット名を入れないものが増えてきていますね。

↑Bランナー。グレーのランナーです。バックパックのアーム用ランナー。『HG1/144 アームアームズ』と印字されていて、2014年3月に発売されたHGガンプラバトルアームアームズからの流用ランナーとなっています。

↑Cランナー。オレンジイエローのランナーです。ビーム・サーベルとシールドの一部が含まれています。こちらは『HG1/144ヴァリュアブルポッド』と印字されていて、2014年7月に発売されたHGBC 1/144 ヴァリュアブルポッドからの流用ランナーとなっています。

↑Dランナー。レッドのランナーです。シールドやシールド用マウントパーツ、ギャン子のリボン、ヘアバンドなどのパーツ類です。こちらも『HG1/144ヴァリュアブルポッド』と印字されていますが、HGBC 1/144 ヴァリュアブルポッド用ランナーに一部ギャン子用パーツが加えられた形になっています。

↑Dランナー。ライトブルーのランナーです。Dランナーは色や形状が違うものが1枚ずつ(合計2枚)あります。こちらは関節やハンドパーツ類が入っています。『BFG-2』と印字されていて、こちらもチナッガイなどに使われています。ここまで流用ランナーばかりですが、これが今後の当たり前のガンプラスタイルになっていくんでしょうね。

↑G1ランナー。ブルー、ホワイト、ライトブルー、クリアーのイロプラランナーです。これから以下が『HGBF 1/144 はいぱーギャン子』と印字されたランナーです。こちらにはギャン子用の各部パーツがあります。ギャン子だけに『G』ランナー?なんて・・・・。

↑G2ランナー。こちらもイロプラランナーでG1の一部と同じです。

↑N1ランナー。ダークグレーのランナーです。バックパックや台座、腹部、腰部などのパーツ類です。

↑Y1ランナー。オレンジ(茶色?)のランナーです。ギャン子のヘアーや眉毛などが入っています。

↑Y2ランナーです。ライトブラウンのランナー。ギャン子のフェイスや太ももなど、肌色のパーツ類です。

↑ホイルシールとランナーレス台座です。

以上です。羽根モノというには少し違和感も感じますが、やっぱりアーム付きで羽のように展開できるキットはポージングも様になります。このギャン子も関節の柔軟性は全く無いものの、ウイングのようにシールドを展開することでポージングがかっこよくなりますし、ツインテールをいじったり脚を内股にしたりすることで女の子らしさも演出できるので楽しめますね。

ギャン子(サザキ・カオルコ)までキット化されたので、残るはカミキ・ミライかな?どうせなら劇中のすーぱーふみなのように、ぷにぷにボディのサラサラヘアを再現してもらいたいものです(コスト的にムリか・・・_| ̄|◯)

⇒楽天でHGBFはいぱーギャン子を探す
⇒楽天でHGBFはいぱーギャン子を探す
⇒ヤフーショッピングでHGBFはいぱーギャン子を探す

コメントを残す