HG アドヴァンスドジンクス(デボラ機)のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 アドヴァンスドジンクス(デボラ機)のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はこちらに向かってくるアドヴァンスドジンクスが掲載されています。正直赤いパッケージからじゃないとデボラ機とはわからない感じ;もう少しくらいアクセントがつけられているといいですけど、プレバン商品の場合、バンダイにとって重要なのはホームページなので、そちらを充実させてって感じでしょうか。

パッケージは一般的なHGよりも1cm程度厚みがあるサイズで、縦横は同じです。2018年4月に発売されたHGアドヴァンスドジンクスとは同じ大きさ。中身が全く同じなので当然ですが・・・;

開封。パッケージいっぱいにランナーが入っています。ジンクスの流用キットなため、ジンクス用の余剰パーツもそれなりに入っているので割とボリューミーです。

全部で4袋分のランナー。

説明書はHGアドヴァンスドジンクスの説明書(画像右)に、デボラ機仕様の半ペラ説明書(画像左)が1枚入っています。デボラ機用の説明書には、カラーガイドとパーツの注文のみが記載されています。HGアドヴァンスドジンクスの説明書はHGアドヴァンスドジンクスのパッケージ・ランナーレビューをご参考くださいm(_ _)m

カラーガイドはモンザレッドを中心としたレッドカラーに加え、各部ともデボラ機独自のカラーガイドになっています。通常のアドヴァンスドジンクス(ダークブルー)とは全く違う調色になっているのがいいですね。時間があれば両方塗装して比較してみたいところです。(時間があれば・・・ね。)

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。グレー、ホワイト、クリアー、クリアーピンクのイロプラランナーで、腕部や脚部、腰部、武器類などの各部パーツ類になります。以下、しばらくHGジンクスからの流用です。

↑Bランナー。淡めのレッド成型色で、クラビカルアンテナや腕部、胴体、脚部など、各部の外装パーツ類。

↑Cランナー。グレー成型色で、内部パーツ類やGNビームライフルのロングバレルなど。

↑G1ランナー。淡いレッド、グレー、ホワイトのイロプラランナーで、大腿部や肩部ディフェンスロッド、頭部パーツなど。

↑G2ランナー。淡いレッド、グレー、ホワイトのイロプラランナーで、G1ランナーの一部と同じです。

↑I1、I2、I3ランナー。I1がホワイト成型色で、プロトGNランスとリアアーマーパーツ。I2が淡いレッド成型色で、肩パーツやプロトGNランスパーツ。I3がグレー成型色で、GNビームライフルやプロトGNランスパーツです。

↑ポリキャップ(PC-123プラス)、ホイルシールです。

以上です。ベースのHGジンクスは部分的に合わせ目が多めで可動域もお世辞にも広いとは言えないので、素組みでも多少合わせ目が目立ったり、ポージングの自由度が低かったりします。それは流用されたこのアドヴァンスドジンクスも同じ。ですがダークブルーの通常版、赤いデボラ機共にこのトゲトゲ感ある造形はとても良く、ジンクスとはふた味も違った造形美で再現されているのがいいですね。

HGBFストライカージンクスからその流れは匂わせていましたが、正式にキット化されたことで完全なスタイルが楽しめるようになりました。個人的にもジンクスのなかで一番好きな機体ですし、この造形美は、00ファンとして魅力を感じずにはいられないキットなのではないでしょうか。

icon

⇒楽天でHG アドヴァンスドジンクス(デボラ機)を探す
⇒駿河屋でHG アドヴァンスドジンクス(デボラ機)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG アドヴァンスドジンクス(デボラ機)を探す

コメントを残す