HG シャア専用ザクII 赤い彗星Ver. レビュー

今回は、HG 1/144 シャア専用ザクII 赤い彗星Ver.のレビューをご紹介します!

HG シャア専用ザクII 赤い彗星Ver.は、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場するMS『シャア専用ザクII』の1/144スケールモデルキットです。2015年4月に発売されたHGシャア専用ザクⅡをベースに、新規パッケージと新たな武装でリニューアル。ドラムマガジン式とベルト給弾式の2丁のザクマシンガンに加え、MS用対艦ライフル、ファルメル隊仕様のマーキングシールが付属。2019年4月29日から放送の『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』に合わせ、発売されたキットです。価格は1,944円(税込み)。

シャア専用ザクⅡ本体は2015年4月に発売されたHGシャア専用ザクⅡと全く同じ。オリジン版ザクのフォーマットとシャアの赤いパーソナルカラーでキット化されています。

成型色も全く同じで、淡めのレッドと濃いめのレッドのツートンカラー。主張し過ぎない色合いですが、劇中のように緑のザクⅡに交じると存在感を感じるカラーリングになっています。

使用しているポリキャップはPC-001。組み立て直後は強度も高めで、自立も安定しています。

2015年4月に発売のHGシャア専用ザクⅡと並べて。画像左が赤い彗星Ver.で画像右が2015年発売のものです。造形的には全く同じで、モノアイがホイルシールからマーキングシールに変更されているだけです。

プレバンなどでも数多く発売されているHGオリジンフォーマットキットなので、各部を簡単に見ていきます。まずは頭部。シャア専用ザクⅡということで、指揮官機用のアンテナを装備しています。

下部のレバーを可動させることでモノアイが左右に可動します。

胸部。MS-06Sということで、両肩に30ミリ肩部バルカン砲が造形されています。

腹部からバックパックに伸びる動力パイプは1個パーツ構成で、折れ目が入っていて角度調整するようになっています。

腕部。右肩にはL字シールドを装備しています。内部フレームに、二の腕が筒型、前腕が左右挟み込みパーツの組み合わせ構造。左肩には前後挟み込みタイプのスパイクアーマーを装備。肘から分離しないので、合わせ目消しは後ハメ加工などが必要です。

脚部。オリジン版ザクらしいスマートかつバランスのとれた造形になっています。

大腿部、膝から下共に前後挟み込みタイプですが、大腿部は段落ちモールド化されています。膝から下は合わせ目あり。膝が分離しないので合わせ目消しは後ハメ加工などが必要。足裏もモールドが造形されています。つま先とかかとで分かれていますが、可動ギミックはありません。

バックパック(ランドセル)。数個パーツの比較的簡単な作りですが、合わせ目は側面でモールドっぽくなっています。コンパクトな角型。両側面には3.0mmの武器マウント穴が造形されています。

バーニアは1個パーツですが、内部など適度に造形されています。バックパック下部にはベルト給弾式MS用マシンガンのマガジンが装着可能になっています。

HG陸戦型ジム、HGシナンジュ・スタインと並べてみました。同じ世代なので陸ジムとは差がないですが、シナンジュ・スタインとは大人と子供くらいのサイズさがあります。同じ1/144サイズとは思えない差が。

HGザクⅡC-6/R6型、HGシャア専用ザクⅠと並べて。ザクⅠとはカラーリングは同じで、部分的な造形が異なります。C型、C-5型、C-6型、C-6/R6型など、細かな造形の違いは緑ザクⅡのほうが種類が多いかも。

HGオリジン版ザクフォーマットなので、各部可動域は以前レビューしたHGザクC型/C-5型と同じなのでそちらをご参考くださいm(_ _)m

⇒HGザクⅡC型/C-5型 レビュー

MS用バズーカA2型、MS用対艦ライフル(ASR-78)、ベルト給弾式MS用マシンガン、ドラムマガジン式MS用マシンガン、給弾ベルト式マガジン、ヒート・ホーク2種(収納型・展開型)、バスーカ用マガジン☓2、ドラムマガジン、武器持ち手(右)、平手(左)、バズーカ用マウントパーツ、アクションベースマウントパーツが付属。武装類は同日発売のHGザクⅡC-6/R6型と同じ成型色です。

ファルメル隊のロゴが入ったマーキングシールが付属。右下くらいにあるのがファルメル隊のマーキングです。といっても、2015年発売のシャア専用ザクⅡにもファルメル隊のマーキングは入っていて、モノアイやセンサーがホイルシールからマーキングシールに変更されているだけです。

余剰パーツがいくつか付属。組み換えて形状を変えてみるのも面白そうです。

MS用バズーカA2型。砲身部分は左右挟み込みタイプなので上下に合わせ目ができます。

フォアグリップ、センサー、グリップは可動式。センサーはシールでの色分けです。マガジンは脱着が可能で、予備マガジンと交換が可能です。マガジンはモナカ割で合わせ目ができます。

バズーカはマウントパーツを使ってバックパックにマウント可能です。

バズーカのマガジンはL字シールド2箇所にマウント可能です。

MS用対艦ライフル(ASR-78)。本体部分は左右挟み込みタイプで、上下に部分的に合わせ目ができます。

砲口も左右でパーツを組み合わせるので上下に合わせ目ができます。センサーはシールでの色分けです。

ベルト給弾式MS用マシンガン。マシンガン自体は左右挟み込みタイプの簡易的な作り。ベルトはグリップにマウント。

フォアグリップとセンサーは可動しますが、センサーの色分けはありません。

ベルト給弾式MS用マシンガンのマガジンはバックパック下部にマウント。

ドラムマガジン式MS用マシンガン。ベルト給弾式と同じで、左右挟み込みタイプで部分的に合わせ目ができます。

センサーやフォアグリップは可動式。センサーに色分けなどはありません。上部のドラムマガジンは脱着可能で予備と交換が可能。ドラムマガジンはリアアーマーにマウント可能です。

ヒート・ホーク。展開型と収納型が付属しています。収納型にはダボがあり、

サイドアーマーやリアアーマーにマウント可能です。

適当に武装して。リアアーマーのドラムマガジンは外れやすいので注意です。

対艦ライフルはロングサイズですが、腕が垂れたりすることなく保持が可能です。ハンドパーツの固定強度も高めなので、片手でもしっかりと保持してくれます。

バズーカもグリップの角度が変わるので構える姿など容易に可能です。ポージングの安定性は高いキットです。

ベルト給弾式MS用マシンガンも保持はラク。ですがベルトがある分、腕の可動が少し制限されたりすることもありますね。

ドラムマガジン式のMS用マシンガンは定番の装備なので、シンプルながらも一番様になっているような武器です。

ヒート・ホークもスルッと抜け落ちない程度に保持が可能です。

では数枚ほど画像をどうぞ。

以上です。全体的に2015年発売のシャアザクとほとんど変わらないのは残念ですが、可動やプロポーションなどは間違いない仕上がりのTHE ORIGINフォーマットで、その良さを再認識するようなキットになっていると思います。

武装類が大量に付属しているので、MS用バズーカA2型やMS用対艦ライフル(ASR-78)を使った迫力のあるポージングが演出できたり、定番のザクマシンガンを使った軽やかなポージングなども楽しめます。

ベルト給弾式MS用マシンガンやファルメル隊マーキングといった劇中を意識した仕様になっているので、テレビ放送のTHE ORIGINを楽しみながらフル装備仕様のシャア専用ザクⅡを堪能するのもいいですね。

⇒楽天でHG シャア専用ザクII 赤い彗星Ver.を探す
⇒駿河屋でHG シャア専用ザクII 赤い彗星Ver.を探す
⇒ヤフーショッピングでHG シャア専用ザクII 赤い彗星Ver.を探す

コメントを残す