HG シナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.) レビュー

今回は、HG 1/144 シナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のレビューをご紹介します!

HG シナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)は、『機動戦士ガンダムUC MSV』より、試作型MS『シナンジュ・スタイン』の1/144スケールモデルキットです。UC-MSV設定に準拠した明灰色カラーパターンを成形色で再現。原型機仕様となる形状の胸部、前腕部パーツ、プロペラントタンクなどが新規でパーツ造形され、武装のハイ・ビーム・ライフルやシールドも専用のディテールで新規再現。価格は2,860円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

機動戦士ガンダムUCに登場するシナンジュの改修前の機体、シナンジュ・スタインがHGUCでキット化。PS3ゲームソフト『機動戦士ガンダムUC』のコンテンツ「episode 0:戦後の戦争」や福井晴敏氏の小説『機動戦士ガンダムUC 戦後の戦争』に登場しています。『スタイン』はドイツ語で『石(原石)』という意味。

2018年10月に一般発売されたHGUC シナンジュ・スタイン (ナラティブVer.)(以下、ナラティブVer.)をベースに、胸元や手首などが袖なしのプレーンな造形で再現されています。一部にHGUCシナンジュのパーツを流用。

成型色は全体がホワイト。胸部やソール、バックパックなどにダークブルーを使用し、部分的にライトなグレーを配色。関節はナラティブVer.ではブラウンでしたが、こちらはダークグレー成型色になっています。

ポリキャップはPC-132ABC。使用箇所は多く、肘や膝、肩や腰など各部に使用されています。強度はまずまず高めで、背部にプロペラントタンク付きのバックパックを背負っていますが自立は安定しています。

俯瞰。

頭部。形状はナラティブVer.と同じです。左右挟み込みタイプで後頭部に合わせ目ができます。ツインアイは赤目シールでの色分け。

胸部をナラティブVer.と並べて比較。胸元のエングレービングがプレーンなパーツに変更されています。(ナラティブVer.はシールを剥がした後でちょっと汚くなっていますがご了承くださいm(_ _)m)

リアアーマーなどはナラティブVer.と同じです。腰アーマー裏の造形も同じで、リアアーマーに裏打ちパーツが造形されています。股間部はボールジョイント接続。

肩は複数パーツの組み合わせで、引き出すことで広く前後スイングなどが可能になっています。

腕部をナラティブVer.と並べて比較。こちらも前腕のエングレービングがプレーンな装甲に変更されています。

エングレービングパーツは合わせ目ができますが、ユニコーンVer.の装甲は合わせ目ができない組み合わせパーツになっています。

前腕にはサーベル柄が内蔵されています。

ショルダーアーマーはナラティブVer.と全く同じ形状です。挟み込みタイプですが上部にも装甲パーツを被せるので合わせ目が出ない組み合わせになっています。側面の装甲は上下に可動します。

脚部もナラティブVer.と全く同じ形状です。四方からパーツを組み合わせるタイプで合わせ目ができないようになっています。

後部のスラスターカバーは可動式。バーニアが別パーツで造形されています。

側面の装甲は付け根ポリキャップ接続で可動します。

バックパックをナラティブVer.と並べて比較。プロペラントタンクが短いものに変更されています。それ以外のバックパック本体などは同じ。

バックパック左右のユニットは付け根のアームで上下に可動します。左右にも少し可動。バーニア各種は内部を赤く塗り分ける必要があります。

ナラティブVer.と並べて。色以外はそんなに大きな変化は感じないですね。エングレービングのところがプレーンなパーツになって少しスッキリしたかなという印象。

ユニコーンVer.の各部可動域はナラティブVer.と同じなので、以下のリンクからナラティブVer.のレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒HGUC シナンジュ・スタイン (ナラティブVer.) レビュー

ハイ・ビーム・ライフル、シールド、シナンジュ専用バズーカ、シナンジュ専用バズーカ組み換え用砲口パーツ、ビーム・サーベル刃☓2、持ち手(左右※ 左側は手甲パーツなし)、平手(左)、武器持ち手(右)が付属。

シナンジュ用ビーム・ライフルやグレネード・ランチャーを含む余剰パーツがいくつか付属します。エングレービングパーツがないのでナラティブVer.と同じ形状には組めません。

ユニコーンVer.用に新造されたハイ・ビーム・ライフル。本体部分はモナカ割で、上部の合わせ目は端でモールド化されていますが、下部は全体的に合わせ目ができます。部分的なモールドも塗り分けが必要で、比較的簡素な作りになっています。ちょっと残念かも。

ナラティブVer.のハイ・ビーム・ライフルと並べて。どちらも細部の塗装が必要です。

シールドをナラティブVer.(画像上)と並べて。大まかな形状は同じですが、下部の形状が尖っておらず、ネオ・ジオンのロゴもありません。裏面もグレネード・ランチャー装着タイプではなくビームキャノンとミサイル4基が造形されたものになっています。

シナンジュ専用バズーカ。HGUCネオジオングからの流用で、センサーなどが複数パーツの組み合わせで細かく造形されています。本体部分、砲口パーツ共に挟み込みタイプなので、上下に合わせ目ができます。

グリップやフォアグリップ、砲口下部の金具は可動式。

砲身やセンサーを組み換え、余剰のシナンジュ用ビーム・ライフルと組み合わせることで強化可能。

余剰のシナンジュ用ビーム・ライフルとグレネード・ランチャーの組み合わせも可能。

ハイ・ビーム・ライフルとシールドを装備して。

ハイ・ビーム・ライフルはグリップのダボをハンドパーツに差し込んで固定しますし、簡単な組み合わせで軽量なので、肩が垂れることもなく構えることができます。

バズーカも武器持ち手での保持となります。こちらはグリップがダボ固定ではなく、隙間もできるのでスルスルしますが、グリップ角度が広範囲に可動するので持たせやすいです。肩に担ぐポーズもラクでした。

脇に抱えるポーズも様になります。

サーベル刃はナラティブVer.ではクリアーイエローでしたが、こちらはクリアーピンクになっています。ブラックライトで照らしても発光しませんでした。

余剰パーツを含め、武装類が多いので、ポージングバリエーションも多彩です。

適当に数枚どうぞ。

以上です。ナラティブVer.と同じ構造で、相変わらず動かしやすいキットです。頭部以外、四肢の可動も柔軟ですし、大型キットでサイズ感もあるので、ダイナミックなポージングができるのが良いですね。ユニコーンVer.のプレーンな造形はシンプルで、原石の名に合った形状、スタイルになっていると思います。

欠点的には、新規付属のハイ・ビーム・ライフルがもう少し凝った構造でも良かったのかなと。ナラティブVer.とあまり変化がないだけに、多少このキットの価値を高めるような作りだと良かったですね。

武装類は豊富に付属し、組み合わせにも自由度があるので、ポージングは割と多彩です。比較的地味な存在かもしれませんが、シナンジュの元機としての良さを感じられるキットなのではないでしょうか。

icon

⇒楽天でHG シナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)を探す
⇒駿河屋でHG シナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG シナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)を探す

2 件のコメントがあります。

  1. 高井俊明

    on 2020年2月11日 at 11:37 - 返信

    いずれ、プレミアムバンダイで販売されると思っていました。

  2. RX-0好き

    on 2020年3月25日 at 14:23 - 返信

    やっぱりユニコーンバージョンだから、機体が白に近いのがいいですな。
    RGで出てくれー
    ナラティブバージョンもRG出てくれー

コメントを残す