HG ガンダムグシオンリベイクの組立工程 腰部の組み立て

こんにちは!今回は、HGガンダムグシオンリベイクの組立工程 腰部の組み立てをご紹介します!

腰部も組立工程はHGガンダムバルバトスと全く同じですね~。違っているのは外装の形状くらいです。

塗装に関しては、背面外装パーツやサイドアーマーが色分けされていないので、ちょこちょこマスキングなどで塗装する必要がある場所ですが、これはHGのバルバトスも同じなのでリベイクが特別というわけではないです。

ただ、はじめから一気に組み上げていると、腰部組み立てのあたりでだんだん『あー疲れた(-_-;)』と感じてくるところでもありますし、完成までもう少しなので、完成した姿を早く拝みたいと焦るあまり楽しんで組む感覚が薄れていくところでもあります。

まあHGリベイクの腰部はパーツ数も多く無いですし、素組みだとサクサク組んでいけるところですのでサラッといってみましょう。

HGガンダムグシオンリベイクの組立工程 腰部の組み立て

DSC_0080

腰部パーツ一覧ですね~。サイドアーマーと腰部外装パーツはマスキング塗装していますが、エナメルのフラットブラックあたりを筆塗りしても案外いけそうな感じです。

DSC_0081 DSC_0082

内部パーツの形状はHGバルバトスとまったく同じですね。

DSC_0083 DSC_0084 DSC_0085

密かに内部パーツの腰の穴にポリキャップが挟まってます(^_^;)仮組みから分解時に抜き取るのを忘れたんですねぇ。この部分のポリキャップPC4は余分があるので、なくしたかな?と思った程度であまり気になりませんでした(^_^;)

DSC_0086 - コピー

DSC_0087 - コピー  DSC_0088 - コピー

DSC_0089

DSC_0090

サイドアーマーまで一気に組み上げていきましょう。

DSC_0091

以上、腰部完成です。アーマーの内側は特に何もしていないのでだらしないのがそのまんま見えますね^_^;脚部がついたりするとあまり見えなくなるのでまあいいでしょう。

DSC_0092

では上半身と腰部、脚部を組み合わせます。ここで初めて、腰部のポリキャップが腰部のパーツに埋まっていることに気が付きました(笑)

DSC_0093 DSC_0094

悪くはないですね~。背面のスタイルはガンダムフレームがむき出しになっているのでなかなかかっこよさを感じます。

さて、次回はバックパックを組み立てていきます。バックパックはリベイクの目玉装備なので、なかなか見応えがある感じです。本編でもついに隠し腕が登場しましたし、両腕で相手を掴んで隠し腕で叩き潰すというアシュラマン的な戦い方もできるので、手がたくさんあるのは何かと重宝しますね(^^)

そのうち8本腕の機体なんかも出てくるかもしれませんが、そこまですると観音様になってしまうのでちょっと怖い^_^;リベイクの隠し腕はあくまでも鹵獲した機体のものを使っているとういう設定でしょうから、ストーリー上そうなったというのが正しい見かたかもしれません。

そんなわけで今回はこのへんで。(どんなわけだ?)良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でガンダムグシオンリベイクを探す


コメントを残す