HG ガンダムバルバトスの塗装レシピと写真レビューです。

こんにちは!今回は、HG ガンダムバルバトスの塗装レシピと写真レビューをご紹介します!(HG MSオプションセット1&CGSモビルワーカーの塗装レシピも合わせてご紹介しています。)

2015091112201636e

ガンダムバルバトスはTBS系で放送中の機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズの主役機です。ガンダムフレーム エイハブリアクターを使用した「厄祭戦」時代のモビルスーツです。

ガンダムバルバトスは1/100スケールやROBOT魂、長距離ブースタークタン参型など、ここまで豊富なジャンルで発売されていて、このHG1/144ガンダムバルバトスは鉄血のオルフェンズで一番最初に発売されたガンプラになります。オプションパーツも多く発売され、CGSモビルワーカー付きのオプションセット1には滑空砲が付属しているなど、これらもバルバトスと合わせて人気商品となっています。最近はROBOT魂の完成品バルバトスが発売されましたが、金銭的に余裕があれば、こちらをお求めになるのもありかと思います。

今回は、完成品ではなく、組み立てや塗装を楽しめるHGガンダムバルバトスに塗装を施した画像とその塗装レシピをご紹介したいと思います。ではまずは塗装前と塗装後のビフォーアフター画像をご覧くださいまし。

■塗装後(アフター)

DSC_0049

DSC_0048

■塗装前(ビフォー)

DSC_0058

DSC_0051

ヤフオクで出品されていたものを参考にさせていただきましたが、やはり塗装をすることでおもちゃっぽさがなくなっていますね。

素組みではランナーの原色なので少し色合いがきつくなり、青と赤が色が濃いのに対して、黄色が明るい黄色なので色に差が生まれてしまいます。

その違和感というか、差を近づけるために、青と赤は少し淡めの色合いにして、黄色を明るさを抑えながらも強調できるような色合いにしています。

結果、かなりベストマッチなカラーリングが出来たと思います。

それと後はメタルパーツを埋め込んだり、肉抜きを埋めたり、スジボリを施したりして少しリアル感を出してみました。なかなかインパクトのある仕上がりになったのではないでしょうか。

それほど多くはないですが、改修ポイントについては次回にでもご紹介したいと思います。

まずは少し参考画像を御覧頂いてから、塗装レシピをご紹介します。

DSC_0042

DSC_0026

DSC_0020

DSC_0017

DSC_0009

DSC_0032

それではHGガンダムバルバトスとHG オプションセット&CGSモビルワーカーの塗装レシピです。

■HGガンダムバルバトスとHG オプションセット&CGSモビルワーカーの塗装レシピ

○内装部分:スターブライトアイアン(ガイアカラー)
○青色部分:コバルトブルー+インディブルー+ホワイト(Mr.カラー)
○赤色部分:シャインレッド+レッド+イタリアンレッド+あずき色+橙黄色(少々)(Mr.カラー)
○黄色部分:橙黄色(Mr.カラー)
○武器類(滑空砲含む):グレーグリーン+ブラック(Mr.カラー)
○モビルワーカー:ブラウン系(いろんな色を合わせたので覚えていません^_^;)(細い部分はオレンジなどでエナメル塗料を筆塗りしました)
○グレー部分:ブラック+ホワイト
○黒部分:ブラック
○スミ入れ:コピックモデラー、フラットブラック、フラットブルー、フラットブラウンなど(タミヤエナメル)
○トップコート:Mr.スーパークリアーつや消し、Mr.スーパークリアー 他

使用したデカールはハイキューパーツのRBコーションデカール(ホワイト)、(グレー×オレンジ)と、TRデカール(ナンバー)です。

白い部分以外は塗装をしています。白い部分はトップコートだけの簡単フィニッシュです。

青い部分は少しホワイトを強くして、淡くしています。赤い部分は橙黄色を加えて僅かにオレンジ、又はピンクのような色合いにしています。

各部の紋章部分は赤色部分の塗装色をさらに白でピンクに近い色にしました。紋章部分は塗装していない白いパーツにMr.カラーでの塗装なので、Mr.の溶剤ではみ出たところを拭き取ればOKです。

他、塗りわけしてある部分はマスキングをしてエアブラシで塗装しました。

マスキングで塗りわけした部分は、ショルダーアーマーの黄色と裏面の黒、腰のサイドアーマー赤い部分と黒い部分、腿の上部、足の赤パーツの先爪部分、バックパックの黒い部分(一部はエナメルなどでの筆塗りです。)などです。

では幾つかHGガンダムバルバトスとHG オプションセット&CGSモビルワーカーの画像をどうぞ。塗装の参考になればと思います。

DSC_0003

DSC_0010

DSC_0014

DSC_0016

DSC_0010

DSC_0014

DSC_0018

DSC_0028

DSC_0030 DSC_0031

DSC_0036

DSC_0045 DSC_0047 DSC_0050 DSC_0051 DSC_0054 DSC_0055 DSC_0056

バルバトスは塗装したとはいえ、これまでのガンダムタイプとしては少しすっきりしているような身軽感がありますね。ストーリー的に鉄花団は金銭的に苦しいので、ここはまあ仕方がないかと。

ですが今後テイワズの施しなどがあり、多くの武装も登場すると思うので期待したいと思います。っと、塗装レシピとは関係ない話になってしまいました^_^;

塗装レシピに関しては、モビルワーカーはぶっちゃけ失敗した_| ̄|○と思いました(笑)色がブラウンなのはいかがなものかと思っていたのですが、出来上がってみると悪くはないかなぁと。

火星の土の色はやや茶色っぽいので、それに合わせるという意味でもいいのではないでしょうか。また、武器はあまりお金がかかっていない安物ということで、できるだけ少なくて地味な色合いにしました。(あ・・・グレイズは安物じゃないなぁ・・・スピアなどの色は変えればよかったかな?)

ガンダムバルバトスはなかなか人気のガンプラですし、塗装して飾っておくと満足感たっぷりだと思うので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ではよいガンプラライフを。

ではでは~。

⇒楽天でHGガンダムバルバトスを探す
⇒駿河屋でHGガンダムバルバトスを探す

icon


6 件のコメントがあります。

    • nori

      on 2015年12月12日 at 04:03 - 返信

      コメントありがとうございます!
      色合いなどはなかなかイイ具合に仕上がったかなあと(^o^)
      メタルパーツやマスキング、スミ入れなど細かく細かくしていくことがキレイに魅せるコツみたいですね。ガンプラはなかなか奥が深いです(^^)

  1. 置物猫

    on 2015年12月12日 at 11:58 - 返信

    こんにちは。
    バルバトスはまだ買っていないのですが、やっぱりよさそうですね!

    バルバトスに限らず、noriさんの塗装方法は参考になります!

    もっと時間に余裕があればのんびりやりたいんですけどね(;´∀`)

    ちなみに発売されている武器やブースターなど含めて全部載せとかできるんですかね?
    ちょっと気になったもので。

    • nori

      on 2015年12月12日 at 19:37 - 返信

      コメントありがとうございます!
      参考にしていただき感謝ですm(_ _)m
      HGバルバトスはポロリ要素もなくて、可動部分もしっかりとしていて扱いやすいです!
      かなり買いのガンプラだと思います!
      全部載せはこのブログに載せれるかどうかですかね~。
      このHGバルバトスはすでにオークションで売れてしまって、残念ながら手元にないんです^_^;
      また余裕があるときにでも作りたいと思います!

  2. なおきん

    on 2016年2月11日 at 18:15 - 返信

    はじめまして。
    オプションセット1の塗装例を探すために検索してこちらにたどり着きました。
    バルバトスのカラーリングに目を奪われました。
    淡い青と赤がとても綺麗に調和してメタルパーツやデカールの具合も品がありかっこいいなぁと毎日拝見していました。
    僕は現在、百里とグレイズ改用のオプションセット1とグシオンリベイクを同時進行しています(^^)
    今後ともお邪魔させていただきますのでよろしくお願いします(^^)

    • nori

      on 2016年2月20日 at 04:59 - 返信

      コメントありがとうございます!
      コメントに気が付かず、随分たってのご返信で申し訳ないですm(_ _)m
      参考にしていただけると幸いです。今後共どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す