HG ガンダムアスタロトオリジンの製作道具紹介と写真レビュー

今回は、HG ガンダムアスタロトオリジンの製作道具紹介と写真レビューをご紹介します!

HG ガンダムアスタロトオリジンが完成しましたので、製作道具紹介と完成後の写真レビューをご紹介していきます。今回のHG ガンダムアスタロトオリジンは、基本的にはエアブラシを使わずに製作した、ガンプラ初心者に優しい超お手軽仕上げになっています。なので、普段の製作とは少し違ってあまりコストもかからず、難しい作業も極力省いた番外編の製作内容をご紹介しています。

このため、完成後のキットはさすがにゲート跡も目立ち、細かい箇所や全体的なクオリティに少し不十分なところもあります。ですがつや消しによる重厚感は出ていますし、スミ入れによってちょっとしたメリハリもついているので、最低限ディスプレイしておくくらいのものには仕上がっていると思います。

それと、最後のオマケとしてツインアイにホログラムフィニッシュシートを使い、付属のホイルシールとは一味違ったディテールを再現してみましたので、そのあたりも含め、写真レビューをお楽しみいただければと思います。ではまず塗装・改修後の画像からどうぞ。

■お手軽仕上げ後(アフター)

■お手軽仕上げ前(ビフォー)

お手軽仕上げということもあって、画像的には色味にそれほど大きな違いはないように見えますね。違っているとすればスミ入れやデカールによる演出くらいです。ですが実物を見ると、素組みキットはプラモデルっぽいツヤがあり、お手軽仕上げ後のキットはしっかりとしたつや消しに仕上がっています。

今回は改修も特にしていませんし、塗装もしていないのでいつもの塗装レシピもありません。なので、寂しいところですが、心ばかりの画像レビューと製作に使用した道具類をご紹介していきたいと思います^_^;では簡単に画像をご紹介してから道具紹介をしていきます。ちなみに画像をクリックすると、いつものように大きい画像がご覧いただけます。

いやー、さすがにどんなポージングでも様になるキットです。カッコイイですね♪ お手軽仕上げ用として選んで正解でした。あまりアップにするとどうしても細かいアラが目立つので、あまり近づかずの画像にしているつもりです。(いわゆる『拡大の刑』は嫌なのですが、それほど小さくもない画像ですね^_^;)

まぁ画像だとどうしても大きく紹介しないといけないんですけど、キット自体は1/144サイズなのでここまでアラが目立つわけではないのでご安心を。ただそれでも、全塗装したキットと比べると違いはあるので、技術をお持ちの方は全塗装で楽しんでみてくださいね。

それではHGガンダムアスタロトオリジンの製作で使用した道具類のご紹介です。

■HGガンダムアスタロトオリジン製作で使用した道具類

紙ヤスリ:切れてるヤスリ400番
○細かい筆塗り箇所フラットホワイト、ジャーマングレイ、ダークグレイ、チタンシルバー、ガンメタル(タミヤエナメル)など、面相筆、エナメル溶剤、塗料皿
デカール:ガンダムデカール(鉄血のオルフェンズ汎用①)、RB01コーションデカール ホワイト(ハイキューパーツ)、MR.マークセッター、デザインナイフ
○スミ入れコピックマルチライナー(ブラウン)
○コーティング:スーパークリアーつや消しスプレー缶
ツインアイ:ホログラムフィニッシュシート(ハセガワ)、タミヤペイントマーカー(クロームシルバー)、フラットブラック(タミヤエナメル)
○その他クリップ(100均など)、爪楊枝、マスキングテープ、マイナスドライバー、綿棒、ピンセット、パーツ分け用タッパ、ニッパー、ナイロン袋、キッチンペーパー、ザル、食器用洗剤

細かい道具まで根こそぎご紹介してみました。(ザルまで・・・・^_^;)

ニッパーやピンセット、デザインナイフといったメイン道具類の値段はピンきりですが、基本的にはどれもあまり値段の高くないものがそろっている感じなので、とりあえず一通りそろえておくといろんなガンプラ製作に使えると思います。

この中で一番高いのはおそらくハセガワのホログラムフィニッシュシートですかねー。値段は1枚1,500円くらいしますが、一度購入すると当分買わなくて済みますし、いろんなところに使えるので持っておいて損はないアイテムです。取り扱いに難があるのでムリに使う必要はないですが、今回のような製作に慣れると色んなアイテムを使って自分好みのカスタマイズがしたくなってくるので、そんなときには使いたくなると思いますよ。

それではHGガンダムアスタロトオリジンのお手軽仕上げ済み完成品画像を幾つかどうぞ。

     

では今回も恒例となりました、PC,スマホ用壁紙をご用意しましたので、気に入っていただければHGガンダムアスタロトオリジンの壁紙をダウンロードしてみてくださいね。ダウンロード方法は、 ①画像を右クリック → ②『名前を付けて画像を保存』をクリック → ③ディスクトップなどを選択して保存 です。

■壁紙見本(PC版)

1920☓1200

1920☓1080

1600☓1200

■壁紙見本(スマホ版)

750☓1334 640_1138

 

お好みでパソコン・スマホの壁紙に設定していただければと思います。

全体的な印象から言えば『赤鬼さん』の印象も強いガンダムアスタロトオリジンも、今回の簡単な道具類を使って簡単に制作するだけで、これだけの仕上がりを楽しむことが出来ます。

エアブラシのように周りが汚れることもないですし、近所迷惑にもならないようなコンパクトな製作ができるので、初心者の方でも取り組みやすい製作方法になっていると思います。

なので、今回のような仕上げ方を通じてガンプラの魅力をどんどん知っていただけると嬉しく思います。そして作る楽しさとより質の高い製作へとチャレンジしていただきたいですね。

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でHGガンダムアスタロトオリジンを探す
⇒駿河屋でHGガンダムアスタロトオリジンを探す
⇒ヤフーショッピングでHGガンダムアスタロトオリジンを探す

4 件のコメントがあります。

  1. U.C.0063

    on 2017年9月18日 at 23:50 - 返信

    nori様

    こんばんは。ガンダムアスタロトオリジンの完成品レビュー
    ありがとうございます。
    最近のデジカメの解像度には,,,ですが。
    人の目で見ると気にならないレベルですね(^^)
    お手軽仕上げでも、墨入れ、トップコートの完成品と違い
    部分的にメタリックポイントがあり、センス良いデカール貼り付けで
    完成度が格段にUPしますね。
    大満足の仕上がりです。

    いつも楽しませて頂きありがとうございますm(_ _)m

    • nori

      on 2017年9月20日 at 00:13 - 返信

      コメントありがとうございます!
      そうですね~、見た目的にそれほど悪い出来ではないようです^_^
      お褒めいただき感謝ですm(_ _)m

      関節部などをメタリック塗装したりすると全体的に引き締まりますし、メカニックな印象も出てくるのでいいですね。
      作業もラクなので、ガンプラ初心者の方にはぜひ試していただきたいですね(^o^)

  2. タウマゼイン

    on 2017年10月5日 at 23:34 - 返信

    お疲れ様です
    私はエアブラシが(環境的にも金銭的にも)買えないので
    とても参考になりました
    デカールやツヤのコントロールだけでも
    すごくカッコよくなりますね
    がんばってマネしてみたいと思います

    • nori

      on 2017年10月7日 at 03:40 - 返信

      コメントありがとうございます!
      こちらこそ参考にしていただき感謝ですm(_ _)m
      やはりエアブラシ無しでも多少手を加えるだけで違ったものになりますからね。
      今回のアスタロトオリジンのように、もう少しお手軽に仕上げられる製作もご紹介していきたいと思っているので、その時はまだぜひご参考いただけると幸いです^_^

コメントを残す