icon
icon
icon

HG アデル レビュー

今回は、2012年2月に発売されたHG 1/144 RGE-G1100 アデルのレビューをご紹介します!

HG アデルは、『機動戦士ガンダムAGE』に登場する第二世代量産機『アデル』の1/144スケールモデルキットです。印象的なカラーリングを成型色で再現。可動域の向上により、高いポージング性能を持ったキットになっています。頭部にはクリアーパーツを使用し、ドッズライフルやシールドといった標準的な武装も付属。価格は1,320円(税込み)です。

機動戦士ガンダムAGEの第2部から登場し、ジェノアスの後継主力機としてAGE-1の基本フレームや設計を基に開発された地球連邦軍所属量産型MS『アデル』がHGでキット化。内部や外装の一部にHGガンダムAGE-1ノーマルのパーツを使用し、量産機らしいベーシックな機体形状が新規造形で再現されています。

成型色はやや明るめのブルーとホワイトを基調とした、量産機ながらもヒロイックさのあるカラーリング。その他、バイザーはクリアーブルー、内部、関節パーツはグレー成型色パーツでの再現です。

シールはバイザー内部や部分的なダクト、脚部の一部モールドなどを補いますが少なめ。塗装もほぼ必要なく、素組みで十分な仕上がりのキットになっています。

ABSやKPSは使用されておらず、パーツは全てPS素材で構成されています。ポリキャップはPC-001を各部に使用し、関節強度は高め。特に大きな背負いものや装備はなく、シンプルな人型タイプで自立は安定しています。

シールド、ドッズライフル、ビームサーベル刃✕2、平手(左)が付属。

HGガンダムAGE-1ノーマル用の余剰パーツがいくつか付属します。頭部や胴体部パーツがないので、AGE-1ノーマルとして組むことはできません。

頭部はアデル用に新造。ヘルメットのような曲型形状でコンパクトにまとめられています。フェイス表面にはジェノアスと同じようなドーム状のバイザーを再現。バイザーはクリアブルー成型色パーツでの再現です。

バイザー内部にはツインアイやマスクといった印象的なフェイスが造形。アイアンマンのような雰囲気もありますね。各部はシールでの色分けですが、塗装したほうが立体感が出ていいかも。

胴体部はエアインテークなどが造形されていないフラットでシンプルなスタイル。腰部内部パーツはAGE-1ノーマルからの流用です。

サイドアーマーはAGE-1ノーマルと同じくサーベルラックになっています。サーベル柄は脱着が可能。

腰アーマー裏にモールドは造形されておらずフラットな形。フロント、リアアーマーともに広く展開させることができます。リアアーマーもシンプルなデザイン。中央のラックは展開可能ですが、使用用途はありません。

腕部。二の腕以下はAGE-1ノーマルからの流用ですが、特徴的なショルダーアーマーがアデル用に新造されています。

二の腕は筒型で合わせ目はなし。前腕は左右の組み合わせで、前後の一部に合わせ目ができます。肘から分離するので、合わせ目を消すのはラクそう。

ショルダーアーマーは挟み込みタイプですが、上部の合わせ目は段差モールド化。前後装甲下部のダクトは黒いシールでの色分け。

側面の装甲は水平程度まで展開することができます。裏面にモールドはなし。

脚部。AGE-1ノーマルベースながらもアデル特有のデザインで造形されています。大腿部はAGE-1ノーマルからの流用で、膝から下はアデル用に新造されています。

大腿部は前後の組み合わせですが、側面の合わせ目は段差モールド化。膝から下は左右の組み合わせで後部の合わせ目は端にくるようになっています。膝とスネの黒いラインモールドはシールでの色分け。

膝から分離しますが、後部のスラスターがグレーパーツで色分けされているので、合わせ目を消す場合はマスキング塗装や後ハメ加工が必要です。スラスター下のモールドも黒いシールでの色分けです。

ソール部はシャープな形状の脚底とアンクルアーマーがアデル用に新造。脚甲はAGE-1ノーマルと同じです。足裏は適度にモールドがデザインされていますが、つま先には肉抜き穴があります。

背部。派手な装備はなく、コンパクトにまとめられています。白い装甲パーツは一旦はめ込むと外しにくいので、塗装で仮組みする場合は注意が必要です。その下のバーニアはボールジョイント型ポリキャップ接続で適度に可動します。

背部の装甲は取り外しが可能。1ダボ穴が露出し、Gバウンサーのバックパックが装着可能です。

形状、カラーリングともに違和感がなく装備できていてアデルにとても良く似合いますね。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べてサイズを比較。大きさは陸ジムとほとんど変わらず。アデルの全高は18.0mです。

ベースキットのHGガンダムAGE-1ノーマルと並べて。一部流用ということもあり、腰部や四肢形状はよく似ています。プロポーションも殆ど同じでスタイリッシュ。

同シリーズのHGシャルドール改HG Gバウンサーとも並べて。各種ともAGEシリーズ特有の個性的なカラーリング、近未来的なデザインになっています。

頭部は適度に上下させることができます。左右へもラクにスイングが可能。

肩の装甲を展開することで、腕をY字程度まで上げることができます。肘は2重関節で深くまで曲げることが可能。

肩は広くはないですが、適度に前後スイングが可能です。

腰のボールジョイント接続により、上半身は適度に前後させることができます。

腰は干渉なく360度回転が可能。アクションベースやスタンドへは、股間部のカバーパーツを外し、3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

腰アーマーが前後とも展開するので、前後開脚はともに水平程度まで展開が可能です。

膝は外装によって干渉しますが、90度以上に曲げることができます。膝関節も中央の合わせ目は段落ちモールド化。

足首は前後左右とも広めに可動させることができます。

左右への開脚は水平程度まで展開が可能。

内股、ガニ股ともに広く展開させることができます。

立膝もきれいな姿勢で再現することができます。

可動域の総括としては、頭部や膝可動など一部、AGE-1ノーマルに劣る部分はあるものの、全体的にはまずまず広めに可動してくれます。特に不自由さもないので、思ったようなポージングを演出してくれそうですね。

シールド。AGE-1ノーマルに付属しているののと同じ逆『A』に造形されたタイプ。成型色がアデルカラーのライトブルーでの再現となっています。裏面は全面裏打ちパーツが造形。

シールドは手首の装甲パーツを組み替えることで配置を変更することができます。

基部は上下にスイングが可能。ジョイントパーツもポリキャップ接続で回転します。

ドッズライフル。後部はAGE-1ノーマルのものと同じですが、バレルがアデル用に新造されています。

後部は合わせ目ができないパーツ構成ですが、バレルは左右の組み合わせで上下に合わせ目ができます。

バレル側面のリブは展開可能。センサーはグリーンのシールでの色分けです。

ドッズライフルは展開したリブによってリアアーマーにマウント可能です。固定強度はまずまず。

一通り武装して。

量産機なので躍動感が出るポーズをせずとも簡単なポーズだけで劇中の表現ができてしまいます。気兼ねなく楽しめるキットなのがいいですね。

軽装で可動域も広いので、躍動感あるポーズももちろん再現可能。ドッズライフルは通常のハンドパーツでの保持となっています。少し物足りない感じはありますが、ポロリもなく保持はラクです。ただ、後部が少し長めなので、前腕と少し干渉しやすいのは気になりました。

流用の弊害なのかシールドが少し外れやすかったので、気になるなら補強しておくのもありかと。(個体差かも。)

ドッズライフルのバレルが付属するので、組み替えることでAGE-1ノーマル用のドッズライフルが再現可能です。

劇中では使用していませんが、フォアグリップが展開するので両手持ちなどが出来てポージングの幅が広がります。

平手が付属するので、支持を出すポーズなどちょっとした表情の変化がついていいですね。

ビームサーベル刃はクリアピンク成型色の平型タイプ。近未来的なスタイルでポージングが引き立ちます。

HGアデルの頭部と胴体部にHGガンダムAGE-1スパローの四肢を組み合わせることで、スパローのウェアに換装した高速戦闘に特化した仕様が再現可能です。

HGアデルの頭部と胴体部にHGガンダムAGE-1タイタスの四肢を組み合わせることで、タイタスのウェアに換装した格闘戦に特化した仕様も再現できます。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。構造自体はAGE-1ノーマルと同じで馴染みのあるフォーマットですが、量産機ながらも近未来的且つ味のあるデザインになっていてかっこいいですね。可動域が十分にあるので、劇中シーンのようなシンプルなポーズから攻撃的な躍動感あるポーズまで難なくこなしてくれます。

気になる点はあまりないですが、多少シールドが外れやすかったのが気になりました(個体差かも)。ドッズライフルも自然な雰囲気を出すための専用持ち手が付属しているとまた見た目が違ったかもですね。

バイザー内部はメカニカルに造形されていますし、ライトブルーの成型色もおもちゃっぽさは感じないくらいの色味になっています。劇中ではやられシーンが多かった気がしますが、キットでは十分な存在感や満足感が味わえるようになっているのがいいですね。

⇒あみあみでHGアデルを探す
⇒DMM.comでHGアデルを探す
⇒駿河屋でHGアデルを探す
⇒楽天でHGアデルを探す
⇒ヤフーショッピングでHGアデルを探す

キットの組み立てには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。(一度切りです。)切れ味はもちろん優秀。薄刃ですが強度が高く長持ちするのでおすすめです。⇒ヌルっと切れる片刃ニッパーのレビューはこちら

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す