HG辟邪(ヘキジャ)のパッケージ・ランナーのレビューです。

こんにちは!今回は、HG 1/144 HG辟邪(ヘキジャ)のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!

HG 1/144 辟邪(ヘキジャ)の箱絵とランナー各種、説明書等のレビューをご紹介していきます。

では箱絵からどうぞ。

1

箱絵は辟邪2体が戦闘をしているシーンです。説明書には辟邪は、『テスト機として機体数は限られた状態にある』と記載されていますが、劇中では複数機登場するのでしょうか。辟邪は鉄血のオルフェンズシリーズ30番目のキットです。

2

パッケージの大きさは通常のHGパッケージよりも薄型。HGガンダムバルバトスやHGガンダムバルバトスルプス、HGイオフレーム獅電などと同じ大きさのパッケージです。密かに昭弘とラフタという劇中でいい感じの二人になってますね(笑)

3

横絵は辟邪のスタイル、武器類を踏まえたアクションポーズ、各部の可動箇所などの解説、反対側はHG1/144オプションセットとの組み合わせについて掲載されています。

4

箱の中にはある程度スペースがあります。この薄型箱でもまだ余る感じですね。

5

2袋分のランナーです。

6

では説明書をご紹介していきます。説明書表面は辟邪の詳細とパイロット『ラフタ・フランクランド』の詳細が記載。説明書にも『鉄華団の面々と関わるうちに、彼女にも気持ちの変化が訪れた模様』と記載されています。

辟邪は百里と百錬の開発データを生かし、後継機としてテイワズが開発した機体です。

では説明書を一通りどうぞ。

7

8

9

10

以上、説明書でした。説明書はいつもの鉄血のオルフェンズHGシリーズと同じく、裏面が白黒で表面がカラーです。どの解説にも日本語の後に英語記載があります。

ではランナーを見ていきます。

11

↑Aランナーです。濃い・グリーン、淡いグリーン、ホワイトのイロプラランナー。頭部や脚部、腕部、腰部といった辟邪の外装パーツ類ですね。

12

↑Bランナーです。グレーのランナー。テイワズフレームなどの内部パーツ類や武器類、マニピュレーターなどが含まれています。

13

↑Cランナーです。イエローのランナー。肩部アーマーや脚部、首周りなどのパーツ類です。

14

↑ポリキャップとホイルシールです。ポリキャップは鉄血のオルフェンズHGシリーズおきまりのPC-002。シールは他のきっとと比べて少し多めですね。

以上です。HGカテゴリなので全体的に簡略化されてはいますが、鉄血のオルフェンズシリーズのどのキットにもない組み合わせが新鮮で楽しめました。パーツ数も少ないですし、他のキットと比べても安価なので、ガンプラ初心者でもお子様でも手軽に入手して組み立てられていいと思います。価格と完成度やディテールを比べても、不満のないスペックを持ったキットで満足できるのではないでしょうか。

⇒楽天でHG辟邪を探す
⇒駿河屋でHG辟邪を探す

コメントを残す