HG漏影のパッケージ・ランナーのレビューです。

こんにちは!今回は、HG 1/144 漏影(ろうえい)のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!

HG 1/144 漏影の箱絵とランナー各種、説明書等のレビューをご紹介していきます。

では箱絵からどうぞ。

1

箱絵は劇中で登場した地上戦でも宇宙戦でもなく、おそらく火星のシーン。ストーリー的にもう火星で戦闘するシーンはなさそうですが、今後再登場があるのでしょうか。辟邪がラフタだったので、こちらはアジー・グルミンがパイロットとして掲載されています。

2

箱のサイズはこちらも辟邪と同じく薄型。HGガンダムバルバトスやHGガンダムバルバトスルプスと同じサイズです。

3

鉄血のオルフェンズHGシリーズおなじみの、全身前後ビューとアクションシーン、各ギミックなど。反対側はオプションセットによるカスタマイズのご紹介です。掲載されているオプションセットはHG1/144MSオプションセット2&CGSモビルワーカー(宇宙用)とHG1/144MSオプションセット6&HDモビルワーカー。

4

箱にはいっぱいにランナーが入っています。

5

2袋分のランナー。ストーリー上タービンズであることを隠す必要があり、あまり目立たないように任務を遂行するためか、色が比較的地味なカラーリングのランナーです。

6

ではここから説明書を見ていきます。通常の鉄血のオルフェンズHGシリーズおなじみの説明書ですね~。表紙はパッケージイラストと漏影、パイロットのアジー・グルミンの解説です。説明書の大きさはMGシリーズよりも小さいです。

一通り説明書をどうぞ。

7

8

9

10

百錬を組み立て済みなら勝手知ったるといったところでしょうか。パーツの形状が違うだけで組み立て方はほとんど百錬と同じ。機体も内部フレームは全く同じですが、そこまで同じにしなくても・・・・という気もしないでもない?

ではここからランナーを見ていきます。

11

↑Aランナーです。ダークブルー、グレー、ライトグレー、ホワイトグレーなどの複合イロプラランナー。ランナーにも漏影と印字されていて、漏影専用のランナーです。

12

↑Bランナー。ブルーグレーのランナーです。漏影専用のランナーで、外装類のパーツが集められています。

13

↑Cランナー。グレーのランナーです。百錬と印字されていて、百錬からの流用です。漏影の内部パーツ類ですが、一部余剰パーツも含まれています。

14

↑D、Eランナー。Dはダークグレー、Eはホワイトグレーのランナーです。D、E共に百錬からの流用パーツ。外装類です。一部余剰パーツあり。

15

↑ポリキャップとホイルシールです。ポリキャップもいつものPC-002。シールで補うところはまずまず。自分の記憶では、鉄血のオルフェンズHGシリーズは、これまで自分が組んだ中では全てのキットのポリキャップがPC-002でしたね。HGガンダムグシオンだけが、PC-002に追加でポリキャップが付属していたと思います。

以上です。箱の大きさのわりにランナーやパーツ数が多いです。組み立ては百錬と同じでいろんなキットのベースにちょうど良さそうな組み合わせだなーと感じましたが、そのあたりはバンダイさんが判断することなので。

その中で、手甲パーツや腕部など、激しく動かしたりするとポロリする箇所が多いので、試作感も感じるキットです。随分前にキット化してたんじゃね?発売を遅めただけじゃね?的に不具合箇所もあるので、ひょっとしたら後の鉄血のオルフェンズHGシリーズキットに活かされている部分もあるのかもしれません。あくまで想像ですが。

とにかく、組んでみて、全体的にはバランスが良く、形状も個人的には好きなキットになりました。なので、組んでみるとキットの良さや魅力を感じるガンプラかもしれませんね。

⇒楽天でHG漏影を探す
⇒駿河屋でHG漏影を探す

コメントを残す