1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプスの塗装レシピと写真レビューです。

こんにちは!今回は、1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプスの塗装レシピと写真レビューをご紹介します!

hakoe_800

1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプスが完成しましたので、塗装レシピと塗装後の写真レビューをご紹介していきます。

今回の1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプスは、前回製作したHGガンダムバルバトスルプスと同じデザインを採用しました。フルメカニクスシリーズということで各部にモールドやパネルラインが追加されています。元々の完成度が高いので、余計なスジボリなどの対策もほぼ必要ないと感じ、この1/100サイズのバルバトスルプスは塗装のみに手間を掛け、マスキング処理による塗装をしています。なので初心者の方でも比較的手間をかけることなく参考にしていただけるのではないでしょうか。

HGでは腹部のシャフトや首の延長などをして全体のバランスを変更しましたが、このフルメカニクスガンダムバルバトスルプスにはそういったこともあまり必要なさそうだったのでほとんど改修はしていません。改修と言えばブレードアンテナを肉抜き穴埋めし、合わせ目を消しておいたくらいです。改修なくしっかりとしたスタイル、ディテールが楽しめるのは、それだけこの1/100フルメカニクスガンダムバルバトスルプスの質が高いってことですね。ではまず塗装・改修後の画像からどうぞ。

■塗装・改修後(アフター)

0

2

■塗装・改修前(ビフォー)

1

2

全体的につや消しで仕上げている事もあって、アフターはなんとなく落ち着いた雰囲気がありますね。各部の外装をグレーで塗り分けることで全体的なスタイルも少しだけスリムになったような感じも出ています。これは白い部分の面積が減ったため、大きく見える白カラーのボリュームが減ったからというのもあるかもしれませんし、スミ入れによって各部にラインが入り、全体的にシャープになったというのもあると思います。また、サイドアーマーやガンダムフレームの動力パイプといった細かい箇所を筆塗りしたという効果も多少全体的なスタイルに影響しているのではないでしょうか。

それでは少し参考画像を御覧頂いてから、塗装レシピをご紹介します。画像をクリックすると大きい画像がご覧いただけます。

3

1

4

5

それでは1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプスの塗装レシピです。

■1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプスの塗装レシピ

○内装部分1:マホガニー100%(Mr.カラー)
○内装部分2ジャーマングレー100%(ガイア.カラー)
○脚爪・脹脛スラスター部分など:スターブライトアイアン100%(ガイアカラー)
○シャフト部分(腹部・首裏動力パイプなど):スターブライトシルバー100%(ガイアカラー)
青色部分:インディブルー100%(Mr.カラー)
白色部分(外装):フラットホワイト95%+インディーブルー少々+ジャーマングレー少々(全てガイアカラー)
○ライトグレー部分(外装):インテリアカラー85%+ニュートラルグレーⅢ15%(全てガイアカラー)
赤色部分:モンザレッド100%(Mr.カラー)
黄色部分:イエロー20%+黄橙色80%(全てMr.カラー)
ツインアイ:スターブライトシルバー50%(ガイアカラー)+クリアーグリーン50%(Mr.カラー)
○バックパックのスラスター部分:スターブライトアイアン60%(ガイアカラー)+クリアーブルー40%(Mr.カラー)
○細かい筆塗り箇所フラットグリーン、フラットイエロー、フラットホワイト、フラットブラック、チタンシルバー、フラットオレンジ、フラットブラウン(タミヤエナメル)
○スミ入れタミヤスミ入れ塗料グレー(タミヤエナメル)
○トップコート:スーパークリアーつや消し(Mr.カラー)※瓶

ぶっちゃけHGのガンダムバルバトスルプスを塗装したときとほとんど同じです^_^; ですが外装の白い部分を少し色味を変えてみたり、スミ入れをブラウンからグレーに変更してみたりして、HGと比べてわずかながら純白感を出しています。

細かい箇所の塗装に関しては塗装ページでもお伝えしたと思いますが、各部のパーツが大きくて分離できるので、マスキング塗装もしやすく、筆塗りもかなりラクでした。ガンダムフレームの動力パイプなんてのはほとんどの部分が筆塗りですが、それでもムラがほとんどなくキレイに塗装できました。(まあトップコート前と後の2重に塗装したり、動力パイプという凸凹型のディテールがあったからかもしれませんけど・・・・^_^;)

よくエアブラシでキレイにムラなくって言いますが、マスキングが難しくてキレイに塗り分けできないよりは、筆塗りでもキレイに塗り分けができるほうが完成度もいいのではないかという気もします。(シロウトモデラーの戯言です(笑))

まあHGと比べると、1/100のほうがガンダムフレームもしっかりと再現されていますし、内外で分けることで、どちらも力を入れて塗装できるのでいいですね。

では幾つか1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプスの塗装済み完成品画像をどうぞ。

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

もう少しワイルドなポージングもしたかったんですが、擦れによる塗装ハゲが怖くておとなしいポージングに終始してしまいました^_^; やっぱりもう少し可動も考えた塗装や改修を心がけないとですね~。デカールを貼る位置や塗装など、少なめの画像ではありますが参考にしていただけると幸いですm(_ _)m

では今回もいつものようにPC,スマホ用壁紙をご用意しましたので、気に入っていただければ1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプスの壁紙をダウンロードしてみてくださいね。ダウンロード方法は、 ①画像を右クリック → ②『名前を付けて画像を保存』をクリック → ③ディスクトップなどを選択して保存 です。

■壁紙見本(PC版)

1920_1200

1920_1200

1920_1080

1920_1080

1600_1200

1600_1200

■壁紙見本(スマホ版)

750_1334 640_1138

750×1334 640×1138

気に入っていただければ、ダウンロードしてパソコン・スマホの壁紙に設定していただければと思います。

HGはサイズが小さいのでマスキング塗装はとにかく気をつけることが多かったですが、このサイズだとホントに塗装に気を使うことが少なくていいですね。ヤフオクとかでも1/100サイズのもののほうが完成度が高そうですし、大きいぶんより手が加えやすいんですかね~。って当たり前か^_^; 置き場所に困る場合は仕方がないですが、飾っておくにも1/100サイズの存在感はなかなかいいなーって思うフルメカニクスバルバトスルプスの製作でした。

では今回はこのへんで。良いガンプラライフを~。ではでは~♪

⇒楽天で1/100フルメカニクスガンダムバルバトスルプスを探す
⇒駿河屋で1/100フルメカニクスガンダムバルバトスルプスを探す


コメントを残す