1/100ガンダムグシオンリベイク バックパック・武器の組み立て

こんにちは!今回は、1/100ガンダムグシオンリベイク バックパック・武器の組み立てをご紹介します!

前回に引き続いてバックパックの組み立て、そして武器の組み立てをご紹介していきます。

バックパックについては隠し腕部分は完成しましたので、今回は中心部分からリベイク背面への取り付けを行っていきます。チラッとばかり隠し腕展開時の画像もご覧いただけるかと。

そして武器の組み立てでは、ロングレンジライフルとハルバートの組み立てをご紹介します。ロングレンジライフルは劇中では全く再現されていない分解式で、シールド裏に格納できるものになっています。分解する意味があまり良くわかりませんが、グレイズのライフルを改造した名残が少し残っているのかもしれません。ハルバートに関しては1/100リベイクで追加された装備品ですが、難しくない簡単な組み立てになっています。

では早速前回の続き、バックパックの組み立てからどうぞ。

1/100ガンダムグシオンリベイク バックパックの組み立て

DSC_0485

バックパック中心部のパーツ一覧です。とくに多いわけでもないですね。隠し腕部分を取り付けるところはポリキャップ仕様になっています。

DSC_0486

ポリキャップの取り付けは、外側が口の広い方を向けるようになっています。画像では外側に口の広い方を設置していますが、縦の位置は少し違っています。ですが、八角形の取り付け位置に特にきまりはないので、画像の状態でも問題ありません。(ちょっと意味がわかりにくかったかな?)

DSC_0487

DSC_0488

特に問題のない簡単な組み立てでした。バックパックとしてかなり変わった形状ですね。バルバトスのバックパックとなんとなく似た部分もあります。穴がある箇所はエナメルのフラットブラックで筆塗りしています。細かいところなので塗りムラも確認できないほどのものに仕上がっています。

DSC_0489

では隠し腕部分を取り付けていきます。ポリキャップ仕様であるのとボールジョイントなので、しっかりとハマり、たるみなく保持できます。塗装したというのも保持力アップの要因になっているかもしれません。隠し腕が重い武器を持ってもある程度保持してくれます。

DSC_0490

バックパック完成です。

DSC_0491

バックパックをリベイクの背中に設置します。

DSC_0492

ん~なかなかイケてますね~。やはりバックパックありの方が様になっています。蜂のスタイルそのままに、茶色と黒、オレンジのレイアウトがデザイン性を高めています。バックパックは隠し腕が入っているだけあってさすがに重いです。

画像くらいバックパックを展開させておくと直立もしておけますが、これ以上後ろ側に角度を変えると背中から後ろに倒れてしまいます。

DSC_0493

リアビューはさらに蜂の印象が強いです。シールドがハチの巣やおしりのイメージを出しています。

DSC_0494

HG1/144のグシオンリベイクと。こうやって比べると改めて1/100サイズであることに気が付きます。画像だと大きさがわかりにくいところがありますね。

ではここから武器の組み立てをご紹介します。まずはロングレンジライフルの組み立てからです。

1/100ガンダムグシオンリベイク 武器の組み立て

DSC_0496

ロングレンジライフルのパーツ一覧です。バレル(銃身)の部分はHGのリベイクで塗装したように白のカラーリングを施しています。バレル、マシンガン本体部分の最中箇所はすでに組み合わせた状態です。

DSC_0497 DSC_0498

マシンガン本体には各部パーツ取り付けの穴が開いています。ノーマルのマシンガンでポージングを決められるのはいいですが、ビジュアル的にはやや気になるところではあります。

DSC_0499

DSC_0501

マニピュレーターに保持させるため、先に握り手を取り付けます。

DSC_0502

DSC_0503

DSC_0504

ロングレンジライフル完成です。

DSC_0505

手首が少し弱めで、ロングレンジライフルを持たせると手首が少し下目に下がります。きちんと持たせたいなら手首関節の強度アップが必要です。

DSC_0506

続いてハルバートの組み立てです。ハルバートは斧の部分が最中ですが、形状が薄いのであまり合わせ目は気になりません。塗装したため、すでに合わせた状態になっています。

DSC_0507

DSC_0508

DSC_0510

今回初の隠し腕展開画像です。隠し腕とハルバートによって、グシオンリベイクのかっこよさが一気に増します。隠し腕を引き出すとより後ろ側に重心がいくので後ろに倒れやすくなります。ですがハルバートを持たせることで斧先端に重量がかかって負担を軽減してくれます。まあ、これはどの位置にハルバートを持たせてポージングするかによるのですが、アクションベースを使ってポージングする分にはどんな形状でも問題なくポージングできます。

さて、これで1/100ガンダムグシオンリベイクの組立工程は終了しました。組立工程ではそれほど隠し腕や武器、ポージングなどの画像をご紹介していないので、次回の塗装レシピと写真レビューにて存分にご紹介できると思います。

劇中であまり目立たない存在だったリベイクをなかなかかっこいいポージングにしてみましたのでご期待いただければと思います。(期待し過ぎは禁物です(^^))

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天で1/100グシオン/グシオンリベイクを探す

2 件のコメントがあります。

  1. cocopapa

    on 2016年4月11日 at 21:54 - 返信

    ライフルかっこいいですね♡
    武器嫌いですが、白で塗るとかっこいい。
    いつかリスペクトします。
    パクリとは呼ばないで~♪(´ε` )

    • nori

      on 2016年4月11日 at 22:08 - 返信

      コメントありがとうございます!
      お褒めいただきありがとうございますm(_ _)m
      真っ黒なのも地味過ぎるな~と思っていたので、銃身を白にしてみました(^^)
      参考にしていただき感謝です(*^^*)

コメントを残す