鋼魂 タービンブレードAW-098・099、ダクトフィンAW-100 レビュー

今回は、鋼魂 タービンブレードAW-098・099、ダクトフィンAW-100のレビューをご紹介します!

鋼魂から発売されているタービンブレードAW-098・099とダクトフィンAW-100はエッチング製のディテールアップパーツです。シートから剥がして貼るだけで、模型製作初心者の方でも手軽にディテールアップができるのが特徴。今回、バーニアやモールドなどのディテールアップ用に使えるかと思って購入してみました。価格はどれも税込み770円です。

タービンブレード。AW-098とAW-099の違いはサイズ差になります。AW-098は直径3.5mm:24個、直径4.0mm:20個、直径4.5mm:20個、直径5.0mm:12個。厚みは0.2mmです。

AW-099は直径5.5mm:16個、直径6.0mm:16個、直径6.5mm:16個になります。ガンプラだとAW-098が1/144サイズ、AW-099が1/100サイズのキットに使うと良さそうです。

透明の保護シートで挟んでありますし、金枠で囲まれ、シートに貼り付いているので、それぞれがバラバラになって紛失するようなことはありません。ゲートなどもないため、エッチングバサミなどで切り出す必要もなく、ピンセットなどでつまむだけで簡単に取り付けることができます。

通常の丸モールドにのせて接着するだけでも少し変わったモールドとしてディテールアップできそうですし、バーニア内部に直接貼り付けるだけでもちょっとしたワンポイントとして変化させることができそうです。

また、ブレード部分はピンセットなどで押し込むことで角度が変えられるので、ちょっとした表情をつけることも可能です。

サイズを変えるだけでも、ブレード角度の有無だけでも見た目が変化するなど様々な演出が可能。使い勝手はいいですね。3.5mmなどの小さいタービンブレードは、ブレード部分が曲げにくく、無理に曲げると全体が折れ曲がってしまうことがあるので注意が必要です。(ブレードが曲げられるのは5.0mm程度のものからで、それより小さいものは難しいようです。)

ブレードを完全に曲げてしまえば、フレームの状態で使用することも可能です。なお、塗装の際はプライマーやミッチャクロンなどの密着剤を吹いてから塗装すると、塗装ハゲなどが防げます。

ハイキューパーツのBSバーニアなどと組み合わせれば、面白いかたちのバーニアも再現できそうですね。

続いてダクトフィンAW-100です。角型ノズルの可変式ベーンやダクトフィンの置き換えなどに使用します。ベーンとはバーニアの上下などにある可動式の羽のこと。なのでこのエッチングパーツも、バーニア上下の装甲部分に取り付けたりすると見栄えが良くなります。サイズは幅3.5mm:30個、幅4.0mm:20個、幅5.0mm:16個、幅6.0mm:16個。

こちらも透明の保護シートで挟んであり、ゲートなどもないのでピンセットでそのままつまむだけで取り扱うことができます。

バーニア周りにベーンとして取り付けたり、

パテ埋めした部分などにモールドとして使っても良さそうです。細かな部分のディテールアップにも役立ちそうですね。

フィンはペンチで曲げれば簡単に角度変更ができるので、モールドにちょっとした表情をつけることもできます。(あくまで使用例なので、可動などを考慮して取り付けているわけではありません。)

ベーンとして取り付ける場合も、内蔵型や外装からの可動型とお好みで仕様が変えられるので、ディテールアップにしても幅広い使いみちがありそうです。

以上です。こういったエッチングパーツは使用例が少ないため、どういった使い方がいいのかわかりにくかったりします。ですがとりあえずそのままモールドとして組み付けたり、ふいに思いったったときなどに使ってみることで意外としっくりときたりします。バーニア周りに使うだけで簡単にディテールアップができ、ワンランク上の仕様に変化するので、手元に置いておくと何かと重宝するのではないでしょうか。

⇒楽天でガンプラ用ディテールアップパーツを探す
⇒駿河屋でガンプラ用ディテールアップパーツを探す
⇒ヤフーショッピングでガンプラ用ディテールアップパーツを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

3 件のコメントがあります。

  1. YOS

    on 2021年8月18日 at 09:47 - 返信

    コメント失礼します。
    毎日、楽しみに拝見させていただいてます。レビュー・更新、ありがとうございます。
    こちらのパーツは、RG付属のリアリスティックデカールにある金属表現の代わりに、使えると思いますか?
    デカールの代わりにそのまま貼り付け、でうまくいきそうでしょうか?
    お返事いただけましたら、幸いです。よろしくお願いします。

    • nori

      on 2021年8月18日 at 19:14 - 返信

      コメントありがとうございます!
      いつもご覧いただき感謝ですm(_ _)m

      RGに付属しているリアリスティックデカールの金属表現部分はかなり小さく薄いので、
      その代わりとなるとブログで紹介しているダクトフィンでは少しサイズが合わず、厚みもあって難しいかもですね。

      厚みがあるので、膝などの可動時に干渉して剥がれる可能性もありそうです。バーニアは問題なく使えそうです。

      あと、そのままでも貼り付けられますが、接着剤を使わないとポロリするかもしれないので注意です。

      リアリスティックデカールの代わりにはならなくても、RGでも各部に貼り付けることでディテールアップ出来たりもしますし、
      手元にあるだけで何かと重宝します。品薄なところもあるので、気になるなら入手しておくのも手ではあるかなぁと。

      こんな感じですかね;拙い感じですが、ご参考いただけると幸いですm(_ _)m

  2. YOS

    on 2021年8月18日 at 21:32 - 返信

    ご丁寧に、分かりやすく、要点をつかんだお返事ありがとうございます。レビューはもちろんですが、こだわった製作もいつも参考にさせていただいてます。ずっと応援しています。お話できて、嬉しかったです。ありがとうございました。

コメントを残す