icon
icon
icon
icon

エコプラ HG ガンキャノンの制作③ 塗装その2、スミ入れ、細部の塗装など

今回は、エコプラ HG ガンキャノンの制作③をご紹介します!

前回に引き続き、エコプラガンキャノンの塗装です。そして大まかな塗装後は簡単なマスキング塗装、スミ入れなどをしてサクッと完成させていきたいと思います。

まずは頭部ですが、前回塗り分けたゴーグル部分をマスキングしておきます。マスキングは端が浮いていると塗料が浸透して台無しになってしまうので、爪楊枝で隙間なくきっちりと貼り付けます。そして全体にホワイトサフを吹いて傷を確認し、セミグロスホワイト(ガイアカラー)で塗装しておきました。

赤い外装パーツは部分的に太めのラインモールドがあるので、エナメルのジャーマングレーで筆塗りしておきます。大腿部やサイドアーマーのラインモールドも忘れずに塗り分けます。

アイアン色に塗装した内部・関節パーツはMr.ウェザリングカラーのマルチブラックで簡単にスミ入れ。

メタリックグレーに塗装したパーツはエナメルのジャーマングレーでスミ入れしておきました。

ビームライフルのセンサー部分を塗り分けるのを忘れていたので処理していきます。まずはマスキングテープをドラパス パンチコンパスで適当な大きさにくり抜きます。

そしてセンサー部分の後ろ側に土台としてマスキングテープを貼り付け、その上からくり抜いたマスキングテープを貼り付けます。

ピンク塗料やピンクサフなどで下地を吹き、その上からサンシャインイエロー90%+橙黄色10%(ガイアカラー)で塗装しておきました。

マスキングを剥がすとこんな感じに。ラインモールドは後でMr.ウェザリングカラーのマルチブラックでスミ入れをしておきました。

頭部はエナメルのジャーマングレーでスミ入れ。

赤い外装パーツやイエローに塗装したエアインテークなどはMr.ウェザリングカラーのステインブラウンでスミ入れしておきました。しばらく使用していなかったからなのか、マルチブラックよりも少し粘度が高かったです。

腰部中央のパーツのスミ入れを忘れていたので、コピックマルチライナー(ブラウン)で簡単にスミ入れしておきました。本来ならスジボリして流し込むのが一番いいと思いますが、簡易的に作るのであればこのようなアイテムでも代用できます。

以上、今回はここまでです。だいぶ前のキットなので、全体的なパーツ数が少ないため制作はかなりラク。MGやRGのように大量にパーツを塗装する必要がないので作業も捗ります。その分細部にも注力できるので、塗装初心者の方であれば昔のキットを練習・レベルアップ用として作ってみるのもいいのではないでしょうか。

⇒あみあみでエコプラ HG RX-77-2 ガンキャノンを探す
⇒DMM.comでエコプラ HG RX-77-2 ガンキャノンを探す
⇒駿河屋でエコプラ HG RX-77-2 ガンキャノンを探す
⇒楽天でエコプラ HG RX-77-2 ガンキャノンを探す
⇒ヤフーショッピングでエコプラ HG RX-77-2 ガンキャノンを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す