タミヤ エンツォ・フェラーリの製作10 リアバンパー、リアカウルの組み立て、仕上げなど

今回は、タミヤ エンツォ・フェラーリの製作10をご紹介します!

これまで連続で製作記をご紹介してきたエンツォ・フェラーリの製作もいよいよ今回がラスト。最後まで細かい組み立てや接着箇所の多いキットですが、仕上げに向けて突っ走っていきたいと思います。ラストには完成した画像も少しだけご紹介。

まずは前回組み立てておいたドアパーツを本体に取り付けます。ガルウイングのヒンジ部分を差し込み、横から少しずつはめ込んでいきますが、画像白◯の穴への引っ掛け(差し込み)部分が差し込みにくいです。

無理やり押し込むと破損しそうで怖いので、じっくりとゆっくり取り付けていきます。うまくはめ込めればドアがスコッとハマるので焦らず慎重に。ドアを取り付けたら、上部の赤いボディパーツも接着しておきます。

ドアを取り付けたら、フロントカウルも取り付けます。ここはガルウイングのヒンジ部分に気をつけつつ、被せるように取り付ければうまく組み合わさります。ワイパーを引っ掛けないように少し注意。組み合わせたらシャーシと合わさる箇所を流し込み接着剤で接着固定します。

次にリアバンパーを組み立てていきます。リアウイング下部に取り付ける黒パーツにインレットマークの取り付け。ここのインレットマークはエアクリーナーに貼ったのと同じで、台紙から剥がして接着します。台紙から剥がしたとき、表面に粘着剤がついて汚い場合は、湿らせた綿棒で擦ってきれいにします。

インレットマークを取り付けたダクトパーツはリアバンパーに接着し、ブレーキランプは上からクリアーレッドパーツを被せて輪型のインレットマークを取り付けます。クリアーパーツやインレットマークは説明書には接着しないと記載されているようですが、自分のはぽろりしやすかったので流し込み接着剤で接着しました。インレットマークは表面に粘着剤がついていたのできれいにしておきました。

インレットマークを取り付けたら、円形のブレーキランプパーツを被せて中心のクリアーパーツを差し込みます。画像でランプは2箇所写っていますが、中心のクリアーパーツは内側がクリアー、外側がクリアーオレンジなので間違えないように注意が必要です。これらも流し込み接着剤で接着しました。

ブレーキランプとリアウインカーのクリアーパーツも接着。裏面にはエナメルのチタンシルバーを塗っています。

リアダンパーをシャーシに接着します。シャーシやエンジン周りをきれいに組んでいないとうまく噛み合わないので注意が必要です。(今更ですが・・・;)常に注意しながら組んでいけばそれほどズレはないかと思いますが、少しくらいのズレであれば、うまく組み合わせて流し込み接着剤でしっかりと固定させることができます。

リアバンパーを取り付けたら、マフラーとリアウイングを接着します。リアウイングはそのまま接着した場合、少し浮いた状態の展開型になります。自分は説明書に記載の通り、裏面の支柱部分をカットして収納型にしておきました。

リアカウルには、縁を塗り分けておいたクリアーパーツを接着します。ここでも接着にはセメダイン ハイグレード模型用接着剤を使用。

裏面はダクト部分にメッシュ素材を接着、後部には製作4で切り出しておいたチタンフィニッシュシートを貼り付けます。前部には付属のビスを取り付け。

そしてフレームの穴にビスを差し込みつつ、リアカウルを被せていきます。ここは問題なく組み合わさるかと。

サイドミラーにはインレットマークのミラーパーツを接着。ミラーの表面に接着剤がつかないように注意します。

そしてボディに差し込んで流し込み接着剤で接着します。この当たりはシンプルで単純ですが、接着剤で汚れたりしないよう、全て慎重に組み合わせていく必要があります。そしてタイヤを取り付け。もうほぼ完成ですね。

インレットマークをリアウイングとサイドボディに貼り付けます。粘着力が弱かったので、セメダイン ハイグレード模型用接着剤を爪楊枝で裏面に付け、汚れないように貼り付けました。

そして最後に、表面をハセガワのセラミックコンパウンドで軽く磨いて完成となります。お疲れさまでした~(^O^) インレットマークを貼った後だとクロスが引っかかって磨くのが難しかったので、貼る前に磨いたほうがいいかもです。

最後に完成したエンツォ・フェラーリの画像を少しだけ。

ガルウイングやリアカウルを展開して内装やエンジンを露出した形はとてもかっこいいですね。タミヤ製らしい細部までこだわったキットなのがよく分かる瞬間です。

以上です。カーモデルに慣れていないせいか、それとも2台まとめて作ったからか、かなり製作が大変な印象でした。ガンプラのほうが慣れている分ラクな感じがありましたね;ですがインレットマークやボディの艶出しなど、ガンプラ製作ではあまりやらない(艶出しはありますね。)作業があったのでその辺りはとても楽しめました。大いに新鮮味が味わえるので、たまにはガンプラ以外のプラモデル製作にチャレンジしてみるのもいいですね。

⇒楽天でタミヤ エンツォ・フェラーリを探す
⇒駿河屋でタミヤ エンツォ・フェラーリを探す
⇒ヤフーショッピングでタミヤ エンツォ・フェラーリを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す