icon icon

HG Amplified IMGN 龍神丸 レビュー

今回は、HG Amplified IMGN 龍神丸のレビューをご紹介します!

HG Amplified IMGN 龍神丸は、『魔神英雄伝ワタル』より、『龍神丸』のHG Amplified IMGNキットです。プラモデルオリジナル解釈の高頭身アレンジを施して立体化。長い手足を活かした徒手空拳アクションが再現可能なキットになっています。グロスインジェクション成形とゴールドメッキパーツを採用し、高密度な造形や艶やかな質感と豪華さを表現。価格は5,500円(税込み)です。

『魔神英雄伝ワタル』の主人公「戦部ワタル」が持つ勇者の剣を掲げ、名前を叫ぶ事で召喚される主役メカ『龍神丸』がHG Amplified IMGNで立体化。『Amplified IMGN』はプラモデルというプロダクトの概念から、新たなアレンジを想像し、キャラクターの魅力を増幅していくシリーズとのこと。

成型色はホワイト、淡めのブルー、レッドをベースにしたヒロイックなカラーリング。各部のゴールドはマットな仕上がりのゴールドメッキパーツで構成されています。ホワイトとレッドはツヤ感のあるグロスインジェクション仕様。

シールは頭部に使用するホイルシールと登龍剣の一部に使用するPETシール、腰部用のジュエルシール✕3が付属。それ以外はすべてパーツによる色分けとなっています。塗装は必要なく、素組みで十分な色分けが再現されています。

関節や内部パーツはダークグレー成型色のKPSが使用されています。ABSは不使用。ゴールドメッキパーツは一部がアンダーゲート仕様です。

ポリキャップは不使用。関節は各部ともパーツによる組み合わせで構成されています。関節強度は高め。脚底がヒール状で接地面が広くはないですが、負荷のかかる装備はなく自立は安定しています。

登龍剣、登龍剣マウント用のホルダー、展開状態の龍爪(ドラゴンクロー)パーツ✕2、龍爪用のジョイントパーツ✕2、武器持ち手指パーツ(左右)、ディスプレイ用ジョイントパーツが付属。右の丸型パーツは余剰です。

頭部。高頭身サイズの頭部が勇ましいスタイルで造形。3本アンテナやシャープなひさし、ツインアイやセンサーなど、各部がパーツで細かく色分けされています。アンテナは細身なので、誤って折ってしまわないように注意が必要です。

ツインアイはクリアグリーン成型色パーツにシールを貼っての再現。ブラックライトで照らすと発光します。シールを貼ると発光は失われますが、クマドリを塗り分けることでクリアパーツの発光を活かすことができます。

胸部は胸元の赤い勾玉や上下4箇所の丸型ダクト、胸部エアインテークなどが特徴的に造形。各部ともパーツによる色分けが再現されています。中央のクリアイエローはジュエルシールを貼り付けての再現で美しく演出されています。

勾玉は上下に可動。パーツが小さいので、組立時の紛失に注意です。首も前後にスイング可能。

背部は軽装ながら、ゴールドパーツで3又ラインが色分けされています。中央には登龍剣のホルダー接続穴が造形。

腰部はゴールドの装飾が印象的ながらも、フロントやリアアーマーのない軽装スタイル。ゴールドの装飾は表面がジュエルシールでの再現で、こちらも光の反射で美しく演出されています。

特に用途はないようですが、リアアーマーのカバーパーツを外すとハードポイントが露出します。

サイドアーマーはホワイトとゴールドで色分けされた幅のある装甲が造形されています。裏面にも細かなラインモールドが造形。股間部に可動ギミックはありません。

腕部。ショルダーアーマーは龍頭のエングレービングや爪状の装甲が印象的に造形。二の腕以下も程よい肉付きで造形されています。表面には適度なモールドも造形。

二の腕は、筒型で合わせ目はなし。前腕は、左右(前後)と外側の3個パーツ構成で手前の合わせ目は段差モールド化。ハンドパーツは親指のみ可動し、残り4指を組み替えるタイプ。通常の握り手用が付属しないのはちょっと残念かも。

前腕は肘関節がロールするので、ガワラ曲げなども可能です。

ショルダーアーマー。龍頭のエングレービングや龍爪(ドラゴンクロー)が特徴的な、存在感あるアーマーが造形されています。龍頭のエングレービングはゴールドメッキとグロスインジェクションのレッド成型色で艷やかに表現。

側面の装甲は可動式。裏面にはモールドが造形されています。

龍爪(ドラゴンクロー)は上部の白いパーツを外すことで、先端が伸びたものに組み替えることができます。

付属のジョイントパーツを使用することで竜爪を前腕にマウント可能。格闘系の武装として使用することができます。

脚部はホワイトとゴールドメッキのカラーリングで、派手さはないですが、程よい肉付きで造形されています。

腰部や脚部は内部フレームが造形。

外装パーツは内部フレームの各部に組み付ける構造で合わせ目はありません。後部の合わせ目も段落ちモールド化。膝関節パーツは一部に合わせ目ができます。

裾の龍爪が印象的。足首も特徴的な作りになっています。

ソール部はどことなく草鞋をイメージしたようなデザイン。左右で形状が違っているので組み間違えないように注意が必要です。足首との接続部は少し可動。脚裏もモールド入りの裏打ちパーツが造形され、肉抜き穴はありません。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べてサイズを比較。1/144サイズのHGキットよりもかなり大きめ。このキットの頭頂高は165mmで、MG並の大きさです。

MGジム・コマンド(コロニー戦仕様)、MG強化型ダブルゼータガンダムVer.Kaと並べて。これらと並べると少し小柄。

頭部の可動はあまり広くなく、少し見上げる程度。左右への可動は、顎を引いた状態だと襟が干渉して45度程度まで。顎を上げて干渉を避けることで水平までスイングしますが、少し浮いた感じになるので微妙です。

腕は水平程度まで上げることができます。肩の龍爪と前腕が干渉しやすいので破損に注意。肘は2重関節で90度程度まで曲げることができます。肩には可動ギミックがありますが、ショルダーアーマーが干渉して殆どスイング出来ないので画像は省きました。

胸部が可動するので、上半身は少し前後させることができます。

腰は干渉なく360度回転可能。アクションベースやスタンドへは、付属のジョイントパーツを股間部に組み付けてのディスプレイとなります。

前後開脚は水平程度まで展開可能。前方への開脚はこれ以上にも上げることはできますが、サイドアーマーが外れてしまいます。

膝は2重関節で深くまで曲げることが可能。膝装甲裏に裏打ちパーツなどはなく簡易的。

足首は前後左右ともまずまずです。左右へは通常とは少し違った感じで可動。

左右へは広めに開脚させることができます。これ以上にも展開できますが、サイドアーマーが外れてしまいます。サイドアーマーを後方に向けるとより干渉しやすくなります。

内股は大腿部と股間部が干渉するのでわずか。がに股は水平以上に幅広く展開させることができます。

立膝はきれいな姿勢で再現することができました。

可動域の総括としては、首や肩など多少ぎこちなさを感じるところはありますが、全体的に広く可動するのである程度思ったようなポーズは再現できそうです。

登龍剣。龍神丸の主武装で、名刀鍛冶「夢幻翁」が奇跡と言わしめた名刀になります。ゴールドメッキとグロスインジェクションのレッド成型色での再現で、刀身の黒はシールでの色分けです。

グリップも特徴的に造形。鍔は左右の組み合わせで合わせ目ができます。

刀身部分も2枚パーツの組み合わせで側面に合わせ目ができます。消す場合は後ハメが必要。

背部にホルダーを組み付けることで、登龍剣をマウントさせることができます。

ホルダーの赤いパーツを取り外し、形状に合わせて組み付けます。隙間なくはまり込むのでしっかりとしたマウントが可能です。

登龍剣を装備して。

登龍剣は指パーツを組み替えて保持します。指パーツの固定強度がまずまずあるので、ポロリすることなく安定した保持が可能です。

自立はやや不安定さはありますが、登龍剣を構えるなどある程度のポーズは取らせることができます。ですがスタンドなどを使って支えてやったほうが、倒れて破損することが少ないので安心ではありますね。

キットKPS構造でが軽量なのと、ジョイントパーツの固定強度があるので、キットに角度を付けてディスプレイしても外れることはなさそうです。

開脚し過ぎるとサイドアーマーがポロリしますが、それ以外は問題なし。関節強度も高く、ポージングもし易いです。両手持ちは剣を突き出したときが結構ギリギリなので、片手を平手にして添える程度のほうが良いかもです。

脇を締めての両手持ちはラク。

必殺、登龍剣を繰り出すようなポーズも再現可能。肘がロール可動するので、振りかぶるようなポーズは割りとラクに再現することができました。

龍爪(ドラゴンクロー)を装備して。前腕に組み付けることで格闘系のポーズが再現可能。

打突攻撃に迫力が出るのがいいですね。組み付けた龍爪はややポロリし易いので注意です。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。MG並の緻密さで各部がリアルに造形されていますし、ジュエルシールやゴールドメッキパーツも色鮮やかで満足度は高いです。赤いグロスインジェクションのヒケやウェルドラインが逆に水晶っぽく見えるようになっているなど、全体的に高貴な雰囲気が表現されているのもいいですね。

気になる点はあまりないですが、脚を左右に開きすぎるとサイドアーマーが外れやすいので注意です。それと、登龍剣の両手持ちが少しぎこちないので、もう少し肩の前後スイング幅があると良かったかも。

高頭身ならではの可動やポージングが再現出来ますし、自然でリアルな動きも表現することができます。龍爪のオリジナルギミックも格闘系で迫力あるポージングができるなど、通常のディフォルメ容姿では再現出来ないようなダイナミックな演出ができるなど、どこか大人の雰囲気が味わえるキットになっているのがいいですね。

⇒あみあみでHG Amplified IMGN 龍神丸を探す
⇒DMM.comでHG Amplified IMGN 龍神丸を探す
⇒駿河屋でHG Amplified IMGN 龍神丸を探す
⇒楽天でHG Amplified IMGN 龍神丸を探す
⇒ヤフーショッピングでHG Amplified IMGN 龍神丸を探す

キットの組み立てには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。薄刃ですが強度が高く長持ちするのでおすすめです。⇒ヌルっと切れる片刃ニッパーのレビューはこちら

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

積みプラは罪 管理人様、いつも記事を楽しく読ませて頂いております!レビューを見て満足してしまい自身の積みが消化出来ません笑 オデッセイの制作をされるどの事でしたが、実車用のタッチアップペンで塗装などされて見ては如何でしょうか?これからもガンプラレビューや制作など楽しみながら見させて頂きますので、管理人様も楽しみながら制作&記事更新をお願い致します!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す