機動戦士ガンダムF91が22年前の作品だなんて・・・

今日は、『最近ちょっと影が薄くなってきてるんじゃなぁい~?』な、機動戦士ガンダムF91についてです。

まあ、『最近ちょっと影が薄くなってきてるんじゃなぁい~?』なのはあくまで私個人の中でなので、機動戦士ガンダムF91ファンの方、気にしないでくださいね (;´▽`A“~

さて、この機動戦士ガンダムF91ですが、劇場公開されたのが1991年だから、今から数えると22年前・・・?

あ!・・・アーサーが・・・・

・・・失礼、今ちょうどF91を見ていて、アーサーが・・・まだ見てない人は一度見てみてはいかがでしょうか。

これも劇場公開されただけあって、素晴しい作品ですよ。

ちょっと話がそれましたが、元に戻しましょう。

今から22年前の作品なのに、ストーリーはまったく古さを感じさせません!

1991年と言えば、機動戦士ガンダムZZが終わって、1993年の機動戦士VガンダムまでしばらくTVシリーズはお休みといった時期だったと思います。

ですがOVAで機動戦士ガンダム0083や、このF91など、ガンダムは現役続行中でした。

0083は、レンタルビデオ屋に毎日通って、「まだ出てない・・・まだ出てない』と思いながら楽しみにしてたものです。

そして、ガンダムのファミコンゲームもよくやってましたね。

当時発売されていたのは、『SDガンダムワールド ガチャポン戦士』です・・・たしか。

↓これです!

懐かし~!!!

このゲームだったと思いますが、一番強いモビルスーツが、ガンダムではF91で、そのほかではラフレシアがめっちゃ強かった気がします。

νガンダムのファンネルも良かったですぅ~

・・・また話が脱線してしまいました(笑)

機動戦士ガンダムF91の主題歌といえば、皆さんご存知の、森口博子さんの『ETERNAL WIND』です。

YouTubeにアップされていた動画とともにどうぞ!

このF91で個人的に心に残っているのは、やっぱり最後の決戦です。

特にセシリーのセリフ

『機械がしゃべることかーーーー!!』

sesiri

と、シーブックのセリフ

『なんとーーーー!!』

seebuck

です。

普通に文章で読むと全く意味の分からない言葉かもしれませんが、映画の中では、この場面ではこのセリフしかないなと思わせてくれます。

いや~久しぶりに見てもやっぱりいいです!まだ見ていない方、本当にオススメです!

それにしてもセシリーの育てのお父さんである

『シオ・フェアチャイルド』

sio01

と、シーブックのお父さんである

『レズリー・アノー』(お父さん、レズリー・アノーって言うんですねえ)

lezly

の違いがわかりにくいです(笑)

ではでは。


2 件のコメントがあります。

  1. syopla423

    on 2013年2月20日 at 23:20 - 返信

    1. 無題
    時代が流れるのは早いものです・・・
    個人的に僕もF91好きですよ、なかなか面白い。
    最近のガンダムは昔ほどの良作が出せませんね、平成生まれとしては残念です。
    http://ameblo.jp/syopla423/

  2. nori

    on 2013年2月21日 at 01:33 - 返信

    2. Re:無題
    >syopla423さん

    コメントありがとうございます!

    最近のガンダムはターゲット層を広げようとしているというか、受けを狙っているというか、昔とは少し違った感じを含んでますね。

    新しくアニメ化されるであろう、ジ・オリジンに期待です(‐^▽^‐)
    http://ameblo.jp/gundams-blog/

コメントを残す