icon
icon
icon
icon

SDW HEROES 窮奇ストライクフリーダムガンダム レビュー

今回は、SDW HEROES 窮奇ストライクフリーダムガンダムのレビューをご紹介します!

SDW HEROES 窮奇ストライクフリーダムガンダムは、『SDガンダムワールド ヒーローズ』に登場する『窮奇ストライクフリーダムガンダム』のSDキットです。観音のような特徴的なシルエットと悪役めいた黒いカラーリングを成型色で再現。ボリューム感ある背部装備の他、多種成型色による色分け、シール選択式による2種の瞳が再現されたキットになっています。価格は880円(税込み)です。

故郷の星の王になった三蔵を妬み、世界を滅ぼそうと目論むSDW HEROESシリーズの黒幕『窮奇ストライクフリーダムガンダム』がSDでキット化。中国神話に登場する怪や霊獣の一つ『窮奇(きゅうき)』の名と、機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場する『ストライクフリーダムガンダム』の意匠を持つキットになっています。

成型色はブラック、ダークブルー、ゴールド2種などをメインに、各部にクリアイエロー、クリアパープル、レッドを配色し、全体的に暗い雰囲気のヒール感あるカラーリングが再現されています。成型色は全7種と、SDW HEROESシリーズの中ではやや多め。

シールは頭部や腰部、肩部、ソール部を補いますがそれほど多くはありません。

関節・内部パーツは他のSDW HEROESキットと同じく、ブラック成型色のSD三国創傑伝シリーズフレームが採用されています。

ポリキャップは不使用。全てパーツによる構成となっています。背部に広莫殲陣(こうばくせんじん)を装備していますが、少し後方に負荷がかかるくらいなので自立は問題なく可能です。

余剰パーツが付属。見たところ三蔵ストライクフリーダムガンダム用の頭部パーツっぽいのでそちらもキット化されそうですね。

背部の広莫殲陣(こうばくせんじん)を外した状態で。各部にある程度の装飾はあるものの、広莫殲陣を装備しているときよりはグッと身軽に感じられます。

頭部。細かいパーツ構成で、佛僧帽子を被ったような特徴的な形状が再現されています。4本のアンテナや額のセンサーなどはストライクフリーダムガンダムの意匠も感じられますね。

センサーやアンテナ中央の装甲パーツ、ゴールドの装飾パーツなどの一部はシールでの色分けです。これでも色が足りないので、アンテナの一部をゴールドに、頬の装甲の一部をブラックになど塗り分けが必要です。

瞳はシール貼り替えで通常のものと覚醒状態のものがチョイス可能。シールは少し前の糊が強すぎた頃に比べると質が良くなってきているので、通常の瞳の上に覚醒状態を貼り、演出によって貼り替えるのもありですね。(自己責任でお願いしますm(_ _)m)

覚醒状態の瞳は赤で毛細血管のようなラインが入った状態。白目になり、正気ではない状態がうまく再現されています。

覚醒状態の瞳で全身から。

後部は佛僧帽子のような形状がそのまま反映されています。モールドが全く色分けされていないので、波模様のモールド各部をゴールドに塗り分ける必要があります。

後部のクリアパープルの装甲は展開が可能。

展開させることで頭部や腕を干渉することなく動かすことができます。

胸部はストライクフリーダムガンダムの意匠を感じるデザイン。腹部にはカリドゥス複相ビーム砲も造形されています。カリドゥス複相ビーム砲はゴールドに、胸部や腹部装甲の一部は赤に塗り分けが必要です。

腰アーマー。フロントはクリアパーツとシールを交えて適度に色分けされています。一部パープルに塗り分けが必要。一方のリアアーマーはフリーダムガンダムの意匠を感じるデザインになっています。黒一色なので、左右の装甲をゴールドに、中央をパープルに塗り分ける必要があります。

腰アーマー裏は簡易的な作り。

腕部。どことなくストライクフリーダムガンダムを感じるデザインになっています。肩アーマーの前装甲先端にはリング状のモールドがありますが、左肩には造形されていません。

腕部は2個パーツ構成(ハンドパーツとボールジョイントパーツを交えると4個パーツ構成)で、後部とハンドパーツ裏に肉抜き穴があります。腕部の一部やハンドパーツをゴールドに、前腕のゴールドパーツの一部をパープルに塗り分けが必要です。

ショルダーアーマーは前後の組み合わせですが、先端に少し合わせ目ができるくらい。上部の黒い装甲部分と前面の長い装甲の表面はシールでの色分けです。ゴールド装甲の一部を黒に、側面のスラスターを赤と黒に塗り分けが必要。

脚部。サイドアーマーには僧侶服のような裾広がりのサイドアーマーを装備。サイドアーマーは一部を黒く塗り分けが必要です。

脚部はストライクフリーダムガンダムそのままのようなデザイン。一部をゴールドに塗り分けが必要です。ソール部はクリアオレンジ成型色での色分けで、かかとを赤に、脚甲を黒に、一部モールドをゴールドにと細かく塗り分ける必要があります。

大腿部、膝から下、そして足裏各部とも肉抜き穴になっています。見栄え良く仕上げようとするとなかなか大変な作業になるかと。

広莫殲陣(こうばくせんじん)。背部に背負う円陣で、分離して自立可動させられる刃を装備。対集団戦においても全てを圧倒する火力を誇るとのことです。ゴールドとダークブルー成型色パーツによる構成で、円形の特徴的なシルエットになっています。どことなく観音様のような雰囲気も。

ゴールドの刃やダークブルーの装甲部分は適度にモールドが造形されています。ゴールドの刃は一部をパープルに、ダークブルーの一部はゴールドやパープルに塗り分けが必要です。

広莫殲陣は2ダボ接続。他のSDW HEROESシリーズと同じなので、他キットに組ませることも可能です。

分離可能な刃パーツは1個パーツ構成の簡易的な作り。裏面には3.0mm穴があり、単体でもディスプレイさせることができます。

刃パーツを外した状態で。

HG陸戦型ジムと並べてサイズを比較。大きさに他のSDWHシリーズと大きな違いはないですが、頭部の装飾や背部の広莫殲陣が大柄なのでその分大きく見えます。

同シリーズの悟空インパルスガンダム、SD三国創傑伝シリーズの司馬懿デスティニーガンダムと並べて。装備が派手なぶん存在感がありますね。

肩が左右に引き出せ、首も幅広く可動するSD三国創傑伝キットと同じフォーマット。

頭部はまずまず適度に上下スイングが可能。左右へも45度程度までスイングさせることができます。

ただし背部に広莫殲陣を装備すると、上下、左右ともに可動が制限されます。

腕は45度程度まで上げることが可能。

肩は引き出しギミックにより、前後ともに広めにスイングさせることができます。

腰の展開ギミックにより、上半身を適度に前後スイングさせることが可能です。

背部の広莫殲陣ありだと干渉しますが、それでもまずまずの前後スイングが可能。

腰は360度回転が可能。広莫殲陣を装備していても可動域は同じです。アクションベースやスタンドへは、通常通り股間部に3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

フロント、リアアーマーが干渉するので、前後開脚あまり広くはありません。膝も干渉するので、無理に曲げてくの字程度です。

足首の可動も前後左右ともわずか。

左右への開脚はハの字程度までとまずまず。

内股、ガニ股は45度程度までです。

可動域の総括としては、他のSDW HEROESキットと大きな違いはないですが、背部に広莫殲陣を装備している分、頭部の可動などは制限されそうです。派手な装甲、装飾も干渉しやすそうなので、ポージングはあまり期待できないかもですね。

派手な容姿で、そのままディスプレイさせるだけでも十分な迫力があります。他のSDW HEROESキットにはないダイナミックさがありますね。

ただ、その分干渉しやすいため、頭部や腰部を動かすと干渉し、背部の広莫殲陣が外れやすいので注意が必要です。頭部は後部の装甲が可動する分干渉が避けられ、ある程度首が曲げられるのはいいですね。

刃を展開し、必殺技『滅土焦塵(めつどしょうじん)』を再現。よりダイナミックなディスプレイが可能となります。

刃裏の3.0mm軸固定もしっかりとしているので、ディスプレイ時の煩わしさはありません。劇中で多用していた杖が付属しているともっと演出力が高まったでしょうね。

覚醒状態の瞳にし、OPシーンっぽく再現。ヒーローたちと対峙する悪役としてはもってこいの一体。ディスプレイさせるとなかなか絵になりますね。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。背部の広莫殲陣が迫力あるシルエットを醸し出していますし、黒と金のカラーリングでラスボス感が強く表現された印象深いキットになっています。部分的にストライクフリーダムガンダムの意匠を持つなど、親しみを感じるところもあっていいですね。

気になる点は、各部装備が大柄で柔軟に可動させるのが難しいのと、劇中で多用していた杖が付属していないのはちょっと残念かも。あればもっとポージングの幅が広がり、劇中シーンの再現性も高いものになっていたと思います。

それでも覚醒状態の瞳を使えばガラッと雰囲気が変わりますし、悪役感がより強まります。スーパードラグーンをイメージしたゴールドの刃もディスプレイ映えするので、主人公らの前に立ちはだかる存在として、ダイナミックで存在感ある演出を楽しみたいですね。

⇒あみあみでSDW HEROES 窮奇ストライクフリーダムガンダムを探す
⇒DMM.comでSDW HEROES 窮奇ストライクフリーダムガンダムを探す
⇒駿河屋でSDW HEROES 窮奇ストライクフリーダムガンダムを探す
⇒楽天でSDW HEROES 窮奇ストライクフリーダムガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでSDW HEROES 窮奇ストライクフリーダムガンダムを探す

パーツはランナーから手で切り離すことができますが、ゲートを一箇所カットするだけでラクに切り離せます。ゲートカットには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。切れ味はもちろん優秀。薄刃ですが強度が高く長持ちするのでおすすめです。⇒ヌルっと切れる片刃ニッパーのレビューはこちら

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す