SDW HEROES 曹操ウイングガンダム 倚聖の装 レビュー

今回は、SDW HEROES 曹操ウイングガンダム 倚聖の装のレビューをご紹介します!

SDW HEROES 曹操ウイングガンダム 倚聖の装は、『SDガンダムワールド ヒーローズ』に登場する『曹操ウイングガンダム 倚聖の装』のSDキットです。曹操ウイングガンダムの新たな装いを新規造形で再現。特徴的な仮面クリアーパーツに加え、ウイングや倚聖剣の刀身に組み付け可能なエフェクトパーツが付属。多彩な演出が可能キットになっています。価格は880円(税込み)です。

信長の暴挙を止めるため、鍛冶師「マゴハチ」から譲り受けた倚聖剣を手に、天覇曹操ウイングガンダムがパワーアップした姿『曹操ウイングガンダム 倚聖の装』がSDでキット化。三国志に登場する武将『曹操(そうそう)』の名と、新機動戦記ガンダムW Endless Waltzに登場する『ウイングガンダムEW』の意匠を持つキットになっています。

成型色はホワイトとゴールドがベース。胸部や前腕部、腰部などにブルー、胴体部やソール部などにレッドを配色するなど、ゴールドを散りばめた和装ながらも、ウイングガンダムEWらしいカラーリングが再現されています。一部にクリアーグリーンも使用。

シールは頭部左右の装甲や肩部、腰部などを補いますが、シールだけでは色が足りないので、各部装甲やモールドなどを細かく塗り分ける必要があります。

関節・内部パーツはグレー成型色のSD三国創傑伝シリーズ共通フレームを採用。胸部、前腕部、腰部サイドアーマーに曹操ウイングガンダムのパーツを流用しつつ、ウイングガンダムEWベースの機体形状が再現されています。

ポリキャップは使用されておらず、全てパーツによる構成となっています。背部左右にウイングを装備していますが、後方に比重がかかるものではないため自立は安定しています。

パーツはランナーから手で切り離すことができますが、ゲートを一箇所カットするだけでラクに切り離せます。ゲートカットには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。 ⇒ヌルっと切れる片刃ニッパー

倚聖(いせい)剣、倚聖剣用ジョイントパーツ、倚心天翔斬(いしんてんしょうざん)用エフェクトパーツ2種(頭部仮面パーツ、ウイング兼刀身パーツ)が付属。

曹操ウイングガンダム用の余剰パーツがいくつか付属します。

各部を曹操ウイングガンダムと比較しながら見ていきます。

頭部。額にはこれまでの曹操のアンテナと武将の兜を組み合わせたようなアンテナが造形。フェイス周りはこれまでの曹操と同じですが、左右の装甲が赤とゴールドの存在感あるデザインになっています。左右の装甲はシールでの色分け。

後頭部もなだらかな兜状に造形。モールドをゴールドに、左右の装甲などをレッドに塗り分ける必要があります。

胴体部。胸部は曹操ウイングガンダムと同じ。モールドや中央のサーチアイはクリアーブルーパーツでの色分けです。腰部には幅広いフロントアーマーを装備。赤とゴールド成型色パーツで大まかに色分けされていますが、細部をパープルやホワイトなどのシールで色分けします。それでも色が足りないので、一部を白に塗り分ける必要があります。

背部。リアアーマーがゴールド成型色の大柄な装甲に変わっています。全く色分けされていないので、パープルやゴールド、レッドなどに細かく塗り分ける必要があります。

腰アーマー裏はフロント、リア共に簡易的な作り。

腕部。これまでの曹操ウイングガンダムの名残を残しつつ、前側には羽織のような和装飾を装備。表面模様はモールドが造形されていますが、赤と白をシールで色分けします。青い前腕装甲は曹操ウイングガンダムと同じ形状。

これまでは腕部が1個パーツ構成で肘の可動はありませんでしたが、倚聖の装ではパーツ分割され、肘が曲がるようになっています。二の腕裏とハンドパーツ裏には肉抜き穴があります。青い前腕装甲は一部をゴールドとホワイトに塗り分けが必要。肘は一部をグレーに塗り分けが必要です。

ショルダーアーマーはゴールド成型色パーツのモナカ割で簡易的な作り。上部や側面に合わせ目ができます。表面のモールド部分は赤と白のシールで色分けしますが、側面の段差装甲などはライトブルーやレッドなどに細かく塗り分けが必要です。

脚部。一見すると曹操ウイングガンダムとほぼ同じようですが、ソール部の形状が少し違っています。腰アーマーは曹操ウイングガンダムのものと全く同じ。アンクルアーマーの一部をホワイトに、ソール部をホワイトとレッドに塗り分けが必要。サイドアーマーもゴールドやホワイトに塗り分けが必要です。

脚部形状は同じですが、内側の肉抜き穴形状が少し違っています。ソールは1個パーツ構成で脚裏は肉抜き穴です。

背部は左右にウイング、中央にバックパックが造形。ウイングは天覇曹操ウイングガンダムのものとは異なり、小型で鳥羽をイメージしたようなウイングガンダムEWベースのものになっています。ヒートシンクのようなフィン状バックパックはなくなり、メモリも省かれています。

ウイングは白一色なので、各部をブルーやレッド、ゴールドなどに塗装が必要。塗り分けると一気にウイングガンダムEWベースと分かるようになるかと。

ウイングは基部が上下に可動します。

バックパックは1個パーツ構成の簡易的な作り。ゴールドやダークグレーに塗り分けが必要です。

ウイングは斜めにヒンジが造形され、ウイングの角度を変えて折りたたむ事が可能。

バックパックと共に右側に組み替えることで、翼を右側に寄せたスタイルを再現することができます。

ウイングを右側に寄せた状態で。

曹操ウイングガンダム天覇曹操ウイングガンダムと並べて比較。曹操、天覇曹操はウイングガンダムゼロEWがベースでしたが、倚聖の装ではウイングガンダムEWがベースに変化。その時期の曹操の心情を体現したかのようなカラーリングになっています。

SD 三国創傑伝、SEワールドヒーローズの主人公の一人である劉備ユニコーンガンダム諸葛亮フリーダムガンダムと並べて。

その他のSDワールドヒーローズに登場するキット(信長ガンダムエピオン佐助デルタガンダム)とも並べて。信長エピオンのダークマスクVer.が10月発売予定なので、劇中の決闘シーンを再現するのはまだ先になりそうです。

肩が左右に引き出せ、首も幅広く可動するSD三国創傑伝シリーズ、SDW HEROESシリーズ共通のフォーマット。

頭部の上下可動は、バックパックと後頭部が干渉するのでわずか。バックパックを外すと幅広くスイングさせることができます。左右へは水平程度までスイングできますが、後頭部とショルダーアーマーが干渉しやすいので注意が必要です。

腕は各部が干渉するため、45度程度までしか上げられず。肘は90度まではいきませんが、適度に曲げることができます。

肩の適度な余裕があり、広めに前後スイングさせることができます。

胴体部は前後に展開可能なSD三国創傑伝シリーズのフォーマット。ですが、腹部にゴールドの装甲があるため、他のキットに比べると上半身の前後スイング可動範囲が狭めです。

腰は干渉なく360度回転が可能。アクションベースやスタンドへは、通常通り股間部に3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

腰アーマーが干渉するため、前後開脚はわずかです。膝も完全に曲げることはできず余裕残し。

足首も特別広くはなく、曹操と同じくらいの可動域です。

左右への開脚はハの字程度までですが、腹部のゴールド装甲が干渉しやすく、少し幅が狭まっています。

内股はわずかですが、ガニ股はまずまず広めに展開が可能。

可動域の総括としては、全体的に曹操ウイングガンダムとあまり変わりませんが、腰部にゴールドの装甲が追加されている分、上半身の前後スイングや左右への開脚などが制限されています。が、そこまで物足りないほどでもないので、他のキットと同程度のポージングは可能かと。肘が曲がるようになっているのはいいですね。

倚聖(いせい)剣。表面には和装のモールドが細かく造形。鞘はゴールド成型色のみで構成されているので、部分的にブラックやブルーに塗り分けが必要です。

モナカ割で上下に合わせ目ができます。

鞘から倚聖剣本体を引き抜くことができます。

倚聖剣本体。鍛冶師「マゴハチ」から譲り受けた長刀で、倚聖の装にパワーアップしたきっかけとなる武装です。

白成型色の1個パーツ構成ですが、柄や鍔など細かな造形が再現されています。ゴールド、ブラック、シルバー、ブルーなどに細かく塗り分ける必要があります。

付属のジョイントパーツを組み付けることでサイドアーマーにマウント可能。

倚聖剣はハンドパーツにしっかりと差し込め、遊びもないのでラクに取り回すことができます。

腹部のゴールド装甲は抜け落ちることはないですが、ポージング時に腰を動かすと外れやすいので煩わしさを感じるかも。外装各部も派手な衣装で干渉しやすいので、ポージングには少し難しさがありますね。

両手持ちはギリギリではありますが、再現することは可能でした。

容姿が派手なので、簡単なポーズでも様になります。

背部ウイングの配置変更ができるので、組み替えることで少し違った印象のポージングが楽しめるのはいいですね。

クリアーブルーの仮面パーツ、ウイング用のエフェクトパーツを組み付けることで、必殺技『倚心天翔斬(いしんてんしょうざん)』を放つスタイルに。

仮面パーツはアンテナの裾に組み付けます。

エフェクトパーツはウイングに組み付けます。固定強度があるので、脱着時はダボを破損させないように注意が必要です。

クリアーパーツを組み付けることで、通常の容姿よりも更に派手なスタイルに進化します。

エフェクトパーツは倚聖剣にも取り付けが可能。

少し倚聖剣の重量が上がりますが、関節強度が高いので腕が垂れることなく保持させることができます。

構えて断ち切るようなポーズを取れば、劇中で信長との対決シーンで使用した必殺技『倚心天翔斬(いしんてんしょうざん)』をイメージしたポーズも再現することができます。

あまり腕は上がりませんが、肘が曲がるので担ぐようなポーズも再現することができます。

軍馬への騎乗も問題なく可能。リアアーマーを外して騎乗させます。腰の倚聖剣も干渉なく騎乗できています。

左側に倚聖剣があるので、リアーアーマーはジョイントパーツを介して右大腿部に組み付けています。曹操ウイングガンダム 倚聖の装が和装なので、軍馬とのデザイン的な相性も良さそうですね。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。曹操ウイングガンダムのパーツを流用しつつも、和装できらびやかに、ヒロイックにと、これまでの自身の過ちに報いるかのような、清廉潔白な印象を持ったキットに変化。爽やかさを感じさせるいい雰囲気を持ったキットになっていますね。

気になる点は、容姿が派手なこともあり、ポージングでは干渉しやすく、思ったようなポーズを取らせるのは少し難しいかも。成型色も最低限の色分けしかないので、きれいに仕上げたい場合は各部をシールで補い、更に各部を細各塗装してやる必要があります。

倚聖剣はサイズ感があって名刀らしさが表現されていますし、ウイングの可動ギミックも面白く、左右非対称で特別感あるスタイルに変化。クリアーパーツを組み付ければ更に印象が変化するなどしっかりとした個性を持っているので、ヒーローズの一人として、存在感あるキャラクター(キット)として楽しめそうですね。

⇒あみあみでSDW HEROES 曹操ウイングガンダム 倚聖の装を探す
⇒DMM.comでSDW HEROES 曹操ウイングガンダム 倚聖の装を探す
⇒駿河屋でSDW HEROES 曹操ウイングガンダム 倚聖の装を探す
⇒楽天でSDW HEROES 曹操ウイングガンダム 倚聖の装を探す
⇒ヤフーショッピングでSDW HEROES 曹操ウイングガンダム 倚聖の装を探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す