SDBD:R アヴァランチレックスバスター レビュー

今回は、SDBD:R アヴァランチレックスバスターのレビューをご紹介します!

SDBD:R アヴァランチレックスバスターは、『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』に登場するガンプラ『SDBD:R ヴァルキランダー(別売り)』用の強化パーツです。SDBD:R ヴァルキランダーに取り付けることでアヴァランチヴァルキランダーが再現可能な他、レックスバスター、バックパック&サーベルなどさまざまな形態に変化させることで、既存のHG商品との連動も可能です。価格は825円(税込み)です。

双頭の竜をイメージさせる特徴的な形状の強化パーツ『アヴァランチレックスバスター』がキット化。ガンダムエクシアのアヴァランチダッシュユニットを参考にし、SDBD:R ヴァルキランダー(別売り)への装着が可能な武装です。

成型色はツヤのあるゴールド成型色とマットなオレンジ。SDBD:Rヴァルキランダーに合わせたカラーリングになっています。部分的な丸モールドをグリーン、一部の装甲をゴールドのシールで色分けします。SDキットで簡易的に作られていることもあり、サーベルや装甲の一部などを塗り分ける必要があります。

ポリキャップはボールジョイント型のPC-7を使用。それ以外の箇所もボールジョイント型パーツによる接続で、組み立て直後の各部強度は高めです。脚部は竜脚っぽい簡易的な造形。ですが縦長で接地面が広いため自立は安定しています。

裏面は各部に肉抜き穴が確認できます。

バスター砲口部分。竜の頭のような形状になっています。上部や側面の丸モールドはグリーン、鼻先はゴールド、アイは黒いシールでの色分け。側面の装甲はゴールドに塗り分けが必要です。(白◯部分)

竜頭は角度を変えることができます。

竜口内には砲口が造形され、砲口内部はグリーンのシールでの色分けとなっています。竜口は上下に可動。竜口は下向きに広く動くため、口を完全に閉じる場合は、竜頭を倒す必要があります。

後部角裏には肉抜き穴があります。頭部の付け根はボールジョイントポリキャップ接続でフレキシブルに可動。首裏には肉抜き穴があります。

竜脚もいくつかの装甲を組み合わせた形状ながら、竜の脚部のようなスタイルで再現されています。

竜脚は簡易的なパーツ構成で、上部が肉抜きっぽい作りになっています。左右の爪はゴールドシールでの色分けで、中央の爪は大きく展開することでGNレックガンクローとして使用可能です。

脚の付け根はボールジョイントでフレキシブルに可動します。大腿部装甲の前面丸モールドはグリーンのシールでの色分け。装甲側面の一部ゴールドに塗り分けが必要です。

胴体部はシンプルな角型パーツ構成。中央には竜尾をイメージしたGNジャマダハルを装備しています。裏面は肉抜き穴が大きく空いた状態。2箇所にボールジョイント型のジョイントパーツ(大・小各1個)を格納した状態です。

竜尾をイメージしたGNジャマダハル。1個パーツ構成で、裏面には肉抜き穴があります。装甲部分はオレンジやグリーンに塗り分けが必要。

各部がボールジョイント接続で自由に可動するので、このアヴァランチレックスバスター単体で生き物のような動きを再現することができます。ただ、各部がバラけやすいので、キットに若干の不安定さがあるかもです。

胴体下部に3.0mm軸穴があるので、アクションベースやスタンドを使って浮かせることも可能です。

後部のGNジャマダハルを保持させることで、砲撃態勢のGNレックスバスターに。

劇中シーンっぽく再現することもできます。

ヴァルキランダーの手首にジョイントパーツ(大)を取り付け、竜頭を腕部に装着。GNアームガンクローが再現可能です。

通常のヴァルキランダーとは違ったスタイルの攻撃態勢が再現できます。軽装なのでポージングもラクでした。

ジョイントパーツ(小)を使うことでHGBD:Rνジオンガンダムなどにも装備が可能です。色が似ているので装備してもそんなに違和感はない感じ。

※上記の画像では組み換え忘れましたが、腕部に装着する場合は竜頭と砲口部分を分解し、画像右(赤◯)のように組み換えておきます。

アヴァランチレックスバスターの首パーツは標準的な2ダボ接続なので、νジオンガンダムや陸戦型ジムなどにもバックパックとして装着可能です。

GNジャマダハルも武器として装備可能です。

アヴァランチレックスバスターはすべてのパーツを分解可能。

分解した各部をSDBD:Rヴァルキランダーに装着して、アヴァランチヴァルキランダーに。

ガンダム アヴァランチアストレアTYPE-Fダッシュのような重装備型のヴァルキランダーになります。

肩にはバックパックから伸びるレックスバスターの頭部を装甲として纏っています。

前腕には装甲を装備し、GNジャマダハルをマウント。(GNジャマダハルは両腕に装備可能です。)

肩の装甲は背部のアームによって後方に展開できるので、腕を干渉なく動かすことができます。

背部にはレックバスターの首パーツを肩装甲のジョイント用アームとして接続。

脚部にはレックバスターの大腿部パーツを前後から挟み込むように取り付けます。

後部にはレックバスターの脚部パーツをアヴァランチダッシュユニットのクローとして装備。

ヴァルキランダーとレックバスターの残りパーツを組み合わせることでガンドラゴンモードとして再現することができます。

ヴァルキランダー本体の代わりに、レックバスターの胴体部を中心にしてヴァルキランダーの各部パーツを取り付けるようになっています。各部とも固定式で動かないようになっています。

ガンドラゴンモードは口や腕、テールなど動かせる箇所はわずか。

ですがスタンドなどにもディスプレイできますし、ある程度の表情はつけられそうです。

アヴァランチヴァルキランダーでポージング。装甲が肉厚なためどうしても派手な動きを演出するのは難しいですが、装甲の存在感が際立つ重装備仕様のヴァルキランダーを楽しむことができます。

劇中のように、ガンドラゴンモードがアヴァランチヴァルキランダーを抱えて飛ぶようなシーンも再現可能でした。(特に組み合わせるわけではなく、重ねてディスプレイしているだけです。)

レックスバスター脚部を足底に組み換え、GNレッグガンクロー展開状態に。

GNレッグガンクロー展開状態だと脚部にメリハリが付き、ポージングにも幅が出てきます。

肩の竜頭装甲は砲口を前面に向けることで射撃体勢を取ることが出来ます。

適当に何枚かどうぞ。

以上、SDBD:R アヴァランチレックスバスターのレビューでした。続いてSDBD:R アヴァランチレックスバスターのパッケージ・ランナーレビューです。

パケ絵はアヴァランチヴァルキランダーやGNレックスバスターを構えるHGBD:R モビルドールメイの姿が掲載。

パッケージはHGBCなどのオプションセットと同じ大きさです。

横絵にはアヴァランチレックスバスターの武装各種について掲載。

全部で1袋分のランナーです。

説明書です。

↑C1ランナー。オレンジ成型色で、レックスバスターの胴体部や脚部パーツなど。

↑C2ランナー。ゴールド成型色で、レックスバスターの頭部や大腿部、GNジャマダハルパーツなど。

↑ポリキャップ(PC-7)、ホイルシール。

以上です。簡易的パーツの組み合わせではありますが、レックスバスター単体でも双頭竜らしい特徴的な機体として楽しむことができますし、表情も色々と付けられるので面白いです。また、別売りのSDBD:Rヴァルキランダーと組み合わせることでアヴァランチヴァルキランダーになり、ワンランク上のヴァルキランダーが再現できるのもとても魅力的です。

欠点的には、レックバスターは組んだ直後はいいですが、ボールジョイント接続箇所が多く、ポージングしていると全体的に強度の弱々しさを感じるところがあります。また、アヴァランチヴァルキランダーにしたときに干渉しやすく、あまり派手なポーズが取れないのは、こういった重武装機としての宿命かなと思います。

アヴァランチヴァルキランダーの造形だけでも十分ですが、残りのパーツを使うことでガンドラゴンモードが再現できたり、レックバスターの頭部を腕に取り付けて武器にしたりと、アイデア性も高い考えられたキットになっているので、幅広く使えるユニットとしても楽しめそうですね。

⇒楽天でSDBD:R アヴァランチレックスバスターを探す
⇒駿河屋でSDBD:R アヴァランチレックスバスターを探す
⇒ヤフーショッピングでSDBD:R アヴァランチレックスバスターを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

7 件のコメントがあります。

  1. くぇrt

    on 2020年3月9日 at 05:07 - 返信

    バルキランダーは黄色のパーツをランナーごと金色のスプレーで塗ったら
    存外いい感じになりました
    こちらも購入して同様に黄色パーツだけ塗ってみたいと思います

    • nori

      on 2020年3月9日 at 09:52 - 返信

      コメントありがとうございます!
      ゴールドに塗装するとキットが映えそうですね!
      ゴールドのアヴァランチ良さそう!

  2. もも

    on 2020年3月10日 at 13:30 - 返信

    アヴァランチのパーツのヒビ割れを一部隠したいのですが
    お勧めの色をお教え頂けないでしょうか?

    GSIクレオス ガンダムマーカー 塗装用 ゴールド GM04

    で良いのか疑問なのでお問い合わせいたしますっm(_ _)m

    • nori

      on 2020年3月12日 at 03:47 - 返信

      コメントありがとうございます!
      ひび割れなどがどういったものなのかわからないので、ちょっとどれを使えば隠せるのかはなんとも言えないですね、申し訳ないです;

  3. もも

    on 2020年3月12日 at 06:31 - 返信

    コメントありがとうございます。

    違う質問失礼します。
    アヴァランチレックスバスターの色を塗る範囲が分からないのですが
    (C1の左上のパーツなど)
    そういった場合はアニメを何度も見て塗る範囲を見極めるしか無いのでしょうか?

    公式や”アヴァランチレックスバスター 色”でグーグルさんで調べても
    特に情報が無いのでコチラでお問い合わせいたしますっ

    何か情報がありましたらお教え頂けますと嬉しく思います。

コメントを残す