SDBD RX-零丸の制作進捗状況とRGストライクフリーダムガンダムの画像など

今回は、SDBD RX-零丸の制作進捗状況をご紹介します!

現在製作がやや停滞気味のSDBD RX-零丸ですが、一記事にするほど進んでもいないので、とりあえず進捗状況としてレビューしておきたいと思います。物足りない記事内容になるのもあれなので、追加としてかなり前に製作したRGストライクフリーダムガンダムの画像などもアップしてみましたのでお楽しみいただければと思います。

零丸は現在メタリック塗装した部分を細かくマスキングして塗装していく段階になります。ちまちまなマスキングに結構手間取ってしまいましたが、一応一通りマスキングしておきました。

付属のシールを貼ってマスキングしても良かったんですけど、塗装部分にシール汚れが付くのも嫌だったので、あえてマスキングテープで頑張ってみました。メタリック塗装後にホワイトで塗装していきますが、どうしても透けてしまうので2度吹きが必要だったり、冬ということで乾燥も遅めなので牛歩状態です。

こういう時食器乾燥機などがあると違うんですかねぇ。まぁ焦っても仕上がりに影響したりするので、のんびり製作していきますよっ。ってことで、以上、SDBD RX-零丸の制作進捗状況でした。

続いてかなり前に制作したRGストライクフリーダムガンダムをご紹介します。

特にサフも吹いておらず、外装の白は塗装もしていない比較的お手軽な仕上げ方で作っています。部分的なゴールドはエナメル塗料を筆塗り。外装のネイビーやブルーはつや消しを吹くと白化しやすいので塗装し、背中のドラグーンシステムはメッキのゴールドそのままです。

アドバンスド・MS・フレームは塗装しても剥がれやすいので、マルチプライマーを吹いて密着度を高めてからガイアカラーのスターブライトゴールドあたりで塗装していると思います。(あまり覚えてないですけど・・・;)

部屋の隅にディスプレイしているものを引っ張り出して撮影してみました。このブログで製作工程はご紹介していないので、幻の制作物?になります(笑)

続いておまけでHGCE(REVIVE)ストライクフリーダムガンダムです。

こちらは以前ブログで製作工程をご紹介しているので、そちらをご参考いただければと思います。⇒HGCEストライクフリーダムガンダムの製作

RGとHGCEを比較すると、RGのストフリは情報量は多いですけど、全体的なバランスとしては今一歩というところでしょうか。HGCEのストフリはプロポーションがベストの出来になっていると思います。ドラグーンシステムはやはりRGのほうが見事な造形ですね。

そしてHGCEストライクフリーダムガンダムのドラグーンを展開した状態。

以上です。やや正月気分が抜けないのと天候の関係もありますけど、もう少し手早く製作ができればなと思います。零丸はもうすぐ神気結晶版も発売されるので、できればそれまでに仕上げつつ、次のキットにもまた手をつけていきたいなぁと。そして次に予定しているのはMG。最近発売されたキットで完成度も高いので、普通に塗装のみで仕上げようと思っているのでそちらもお楽しみにです!

では今年も良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でSDBD RX-零丸を探す
⇒駿河屋でSDBD RX-零丸を探す
⇒ヤフーショッピングでSDBD RX-零丸を探す

2 件のコメントがあります。

  1. 774

    on 2019年1月6日 at 10:39 - 返信

    零丸凄いですね…文字通りマスキング地獄。お披露目を楽しみにしております。

    • nori

      on 2019年1月6日 at 14:14 - 返信

      コメントありがとうございます!
      ユニコーンベースなのが仇になっている気もするSDBD零丸です;
      きれいにできるかどうかはなんともですけど、頑張って仕上げたいですね^_^

コメントを残す