SD 三国創傑伝 関羽雲長νガンダム レビュー

今回は、SD 三国創傑伝 関羽雲長νガンダムのレビューをご紹介します!

SD 三国創傑伝 関羽雲長νガンダムは、『SD 三国創傑伝』に登場する『関羽雲長νガンダム』のSDキットです。進化したプロポーションと、パーツ分割によるSD史上最高峰の色分けを実現。一新された頭身バランスと各所の関節構造により、躍動感あふれるポージングが再現可能なキットになっています。差し替えで柄の伸縮が可能な偃月刀「青龍偃月刀」はクリアパーツでの再現。価格は660円(税込み)です。

城塞都市『ラクヨウ』から張飛ゴッドガンダムと共に旅をしていた戦士『関羽雲長νガンダム』がキット化。三国志に登場する武将『関羽』の名を受け、機動戦士ガンダム逆襲のシャアに登場する『νガンダム』の意匠を持つキットになっています。

成型色はホワイトとブラックのνガンダムカラーをベースに、各部にゴールドとクリアーグリーンを配色。全体的にカラフルな仕上がりになっています。部分的に塗装が必要ですが、素組みでも十分な色分けが再現されています。シールは頭部ツインアイやセンサー、腹部、腰部などを補うくらいで少なめ。

関節パーツはグレー成型色で、他のSD三国創傑伝キットと共通のフレームが採用されています。

ポリキャップは使用されておらず、全てパーツによって構成されています。大型装備もなく自立は安定。

パーツはランナーから手で切り離すことができますが、ゲートを一箇所カットするだけでラクに切り離せます。ゲートカットには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。 ⇒ヌルっと切れる片刃ニッパー

青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)が付属。

頭部。νガンダムの意匠を持ちながらも、顎髭や髪結など、武将をイメージした作りになっています。ツインアイと左右の装甲は一体のクリアーグリーンパーツ。ツインアイはシールを貼っていますが、一応モールドも造形されています。

左右の装甲はふちをゴールドに塗り分けが必要。先端には安全フラッグ(安全加工)が施されています。とさか前後のセンサーはグリーンのシールでの色分けで、後頭部のラインはグリーンに塗り分けが必要です。

胴体部。エアインテークや腰部中央のV字など、νガンダムの名残を感じる作りになっています。コックピットハッチやV字部分はシールでの色分け。どちらもモールドが造形されています。腹部は白に、背部は黒に塗り分けが必要です。

腕部もνガンダムをベースにした作りで、ショルダーアーマー側面には竜頭をイメージした装甲を装備しています。

二の腕は後部に肉抜き穴がありますが、前腕の装甲で隠れるようになっていて見えません。ハンドパーツ裏には肉抜き穴が造形。肘関節は可動せず、グレーに塗り分けが必要です。

ショルダーアーマーはモナカ割ですが、上部の合わせ目は段落ちモールド化されています。側面の合わせ目もモールドに沿った形に。

左肩の『A』マーク?はシールでの色分けですが、パーツにモールドが造形されています。

左前腕には黒い装甲(νガンダムのサーベルラック?)を装備。

肩の装甲は左右で形状が違っていて、左肩の装甲には龍の目と鼻が造形されています。左右の組み間違いに注意。裏面はどちらも似たような形状です。

付け根がボールジョイントで上下などに可動します。頭部の装甲と干渉しやすいので注意が必要。

劉備ユニコーンガンダムと同様、脚部側面には道服をイメージした装甲を装備。装甲はゴールドとクリアーグリーンパーツで色分けされていますが、中央を黒く塗り分ける必要があります。

脚部はグレー成型色の大腿部と白成型色の脚部によって構成され、膝は可動式。アンクルアーマーは別パーツ化され、ボールジョイント接続ですが可動域は狭めです。

大腿部、脚部共に内側には肉抜き穴があります。フロントアーマーはボールジョイント接続でフレキシブルに可動。フロント、リアアーマーともに裏面は簡易的な作りです。

ソール部は1個パーツ構成で、νガンダムのソールがそのまま反映させたような形。脚甲を白に、つま先をゴールドに塗り分ける必要があります。足裏には3.0mm穴と肉抜き穴があります。

HGキット(HG陸戦型ジム)と並べて比較。SDのサイズですが、頭の結によって少し大きめに。

SD三国創傑伝の劉備ユニコーンガンダムと並べて。どちらも派手さがあり、2体並ぶとより絢爛さが増します。フレームが同じなので関節や背部形状は同じ。

フレームが同じなので、可動ギミックは劉備ユニコーンガンダムと同じ。首の可動範囲が広く、肩は外側に引き出せるギミックがあります。

あごひげがあるため、顎を引く動きはほとんど出来ませんが、見上げる動きは広めに可動します。肩と顎髭が干渉するので、左右への可動は45度程度まで。

腕は水平にまで上げることはできず、45度程度までです。

肩内部パーツが外側に引き出せるので、肩を少し前後にスイングさせることができます。肩装甲のボールジョイント軸が長めなので、もう少し引き出せばさらに広くスイングさせることもできるようです。

腹部の可動ギミックにより、上半身を広めに前後スイングさせることができます。

腰は360度回転が可能。浮かせた状態でディスプレイさせる場合は、股間部にアクションベースやスタンドの3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

フロントアーマーが干渉するため、前方への開脚は劉備ユニコーンガンダムよりも狭め。後方もリアアーマーが干渉するのでかなり制限されます。膝はくの字程度まで曲げることができます。

足首は前後に広く可動し、左右へも適度に可動します。

左右への開脚はハの字程度まで。

内股、ガニ股共にあまり広くは可動しません。

可動域の総括としては、全体的な可動域は劉備ユニコーンガンダムから殆ど変わらず。可動域が広がるギミックがあるのでその分表現力のあるポージングが期待できそうです。

青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)。クリアーグリーン成型色パーツで構成された大刀です。一部をゴールドに塗り分ける必要があります。

柄の部分を組み換えることで延長することができます。柄の固定強度が高いので、強引に組み替えようとすると破損する場合があるので注意が必要です。

青龍偃月刀は背部にマウント可能。

青龍偃月刀はハンドパーツに差し込みますが、柄とハンドパーツ穴のサイズが合っているのでしっかりと保持できています。クルッと回転することもなく自然なポーズが楽しめます。

両手持ちも問題なく可能。

青龍偃月刀を構える姿には勇ましさがあり、とてもかっこいいポーズを楽しむことができます。νガンダムベースの関羽は劉備ユニコーンガンダムとはまた違った硬派な印象が感じられていいですね。

適当に何枚かどうぞ。

劉備ユニコーンガンダムと組み合わせて。

クリアーグリーン成型色のパーツはブラックライトで照らすと発光します。

以上です。νガンダムベースでクールな印象が強く、劉備ユニコーンガンダムとはまた違った落ち着きのようなものが感じられてかっこよく見えますね。ガンダムに顎髭という縁遠いような組み合わせですが、それが逆に凛々しさみたいなものを感じさせます。

気になる点はこのシリーズ共通で各部に肉抜き穴が露出するということ。ですがこの関羽雲長νガンダムは二の腕の合わせ目が見えにくいぶん、まだマシな作りと言えそうです。

各部の造形もインパクトが強く、武将感がとても良く表現されていると思います。他のSD三国創傑伝キットと組み合わせればこのシリーズの雰囲気がより良く伝わりますし、聡明なので劉備ユニコーンガンダムの脇を固める一体として重宝しそうですね。

⇒楽天でSD 三国創傑伝 関羽雲長νガンダムを探す
⇒駿河屋でSD 三国創傑伝 関羽雲長νガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでSD 三国創傑伝 関羽雲長νガンダムを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

2 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2021年1月22日 at 15:54 - 返信

    シールの画像のすぐ下のキット解説に「サイコフレームをイメージしたクリアーレッドを配色。部分的にブラックやブルーを配色し、」とあるのですが、劉備ユニコーンとお間違えでは?

    • nori

      on 2021年1月22日 at 16:51 - 返信

      コメントありがとうございます!
      ご指摘感謝ですm(_ _)m
      記事を修正しておきました。

コメントを残す