SD 三国創傑伝 董卓プロヴィデンスガンダム レビュー

今回は、SD 三国創傑伝 董卓プロヴィデンスガンダムのレビューをご紹介します!

SD 三国創傑伝 董卓プロヴィデンスガンダムは、『SD 三国創傑伝』に登場する『董卓プロヴィデンスガンダム』のSDキットです。進化したプロポーションと、パーツ分割によるSD史上最高峰の色分けを実現。一新された頭身バランスと各所の関節構造により、躍動感あふれるポージングが再現可能なキットになっています。荒々しいシルエットが特徴の大型バックパック「骸ノ神器」が付属。価格は660円(税込み)です。

巨大帝国の名残りを残す城塞都市『ラクヨウ・エリア』にて独裁を敷く領主『董卓プロヴィデンスガンダム』がキット化。三国志に登場する武将『董卓(とうたく)』の名を受け、機動戦士ガンダムSEEDに登場する『プロヴィデンスガンダム』の意匠を持つキットになっています。各部にワニ革模様の装甲を装備し、凶竜(きょうりゅう)形態への変形が可能。

ブラックとシルバーをベースに、ゴールドとクリアーレッドを部分的に配色。全体的に暗めのヒール感あるカラーリングが再現されています。シールは頭部のツインアイとモールド、フロントアーマーの中央を補うくらいで少なめ。パーツで大まかに色分けされているだけなので、黒いワニ革装甲のラインモールドは赤に、腰部アーマーや背部バックパックなど各部のワニ革装甲は黒と赤に塗り分けが必要です。

関節パーツはグレー成型色で、他のSD三国創傑伝キットと共通のフレーム(KPS)が採用されています。

ポリキャップは使用されておらず、全てパーツによって構成されています。背部にバックパックを装備していますが、自立に特に影響はありません。

パーツはランナーから手で切り離すことができますが、ゲートを一箇所カットするだけでラクに切り離せます。ゲートカットには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。 ⇒ヌルっと切れる片刃ニッパー

集熱刀(しょうねつとう)が付属。

頭部。黒い顎髭が印象的で、仮面のような装甲にプロヴィデンスガンダムの名残を感じさせる作りになっています。とさかセンサーはグリーンのシール、黒い装甲のモールドやゴールドのアンテナ中央は赤いシールでの色分け。口周りや左右のダクトは黒く塗り分けが必要です。

メット部は前後挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。後頭部裾のワニ革装甲は黒と赤に塗り分けが必要。

胴体部。腹部ケーブルなどにプロヴィデンスガンダムの面影を感じます。襟、胴体部、腰部は大まかにパーツで色分けされていますが、襟やエアインテーク、フロント、リアアーマーのワニ革装甲は赤と黒に、腹部のケーブルはシルバーにと、大部分を塗装で塗り分ける必要があります。腰中央の赤いモールドはシールでの色分け。

腕部は右腕部と左腕部ショルダーアーマーの形状が少し違っていますが、二の腕以下はほぼ同じ形状。左腕部のショルダーアーマーは恐竜の下顎のような形状になっています。

二の腕は後部に肉抜き穴があります。前腕は2爪を持つワニ革装甲を装備。爪を含む装甲の枠はシルバーに、中央のワニ革装甲はラインモールドを赤に塗り分けが必要です。

左右の腕部ではワニ革装甲の模様が左右で対照的な形状になっているので注意が必要です。

左腕部のショルダーアーマー。

右ショルダーアーマーは恐竜の上顎のような形状になっています。目の部分はクリアーレッドパーツでの色分け。ワニ革のラインモールドは赤く塗り分けが必要です。

ショルダーアーマーを外すと簡易的な装甲が露出。

脚部側面にも2爪とワニ革が造形されたサイドアーマーを装備。爪と枠はシルバーに、ワニ革のラインモールドは赤に塗り分けが必要です。サイドアーマーはボールジョイントでフレキシブルに可動。

サイドアーマーもワニ革装甲の模様が左右で対照的な形状になっているので注意が必要です。

脚部は大腿部と膝から下が別パーツで可動するSD三国創傑伝のフォーマット。膝から下は前後パーツの組み合わせで肉抜き穴はなく、側面に合わせ目ができる作りになっています。後部には3.0mm穴が造形。

大腿部には内側に肉抜き穴があります。フロントアーマーはボールジョイントでフレキシブルに可動。腰アーマー裏は前後とも裏打ちパーツやモールドは造形されていません。

ソール部は2個パーツ構成で、脚甲がパーツによって色分けされています。足裏は肉抜き穴状と3.0mm穴の簡易的な作り。

バックパックはプロヴィデンスガンダムのドラグーン・システム搭載ユニットのような特徴的な形状になっています。クリアーレッド成型色のみの1個パーツ造形なので、フチや下部バーニアなどはシルバーに、中央のワニ革装甲は黒と赤に塗り分けが必要です。

HGキット(HG陸戦型ジム)と並べてサイズを比較。

SD三国創傑伝 劉備ユニコーンガンダム、孫堅ガンダムアストレイと並べて比較。ストーリーがどのように展開されていくのか気になりますが、董卓プロヴィデンスガンダムのヒール感は見た目で善悪が分かりやすくていいですね。

首は幅広く可動し、肩は外側に引き出せるフォーマットになっています。

首の可動により、ある程度の見上げる動きが可能です。左右へも干渉なくスムーズに可動。

腕は45度程度まで上げることができます。これ以上に上げると肩から外れるので注意が必要。

肩は引き出しギミックと長めのボールジョイント軸によって前後スイングさせることができます。前方は胸部装甲で干渉するため、後方へのほうが広くスイングします。

腹部、背部とも展開が可能で、上半身を幅広く前後させることができます。

腰は干渉なく360度回転が可能。背部にバックパックを装備しても同じです。アクションベースやスタンドへは、通常通り股間部に3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

脚部とフロントアーマーが干渉しやすいですが、前後へはある程度展開が可能。膝は深くまで曲がります。

足首は前後左右ともあまり広くは可動しません。

左右への開脚はハの字程度まで。サイドアーマーと腹部が干渉しやすいです。

内股はあまり可動しませんが、がに股は45度程度まで展開が可能です。

可動域の総括としては、装甲の関係で可動が制限されるところは多いですね。二の腕の付け根が抜けやすかったりもするので、派手なポーズは望めないかも。造形的な魅力があるキットなので、その分で楽しめそうですね。

集熱刀(しょうねつとう)。岩石のような装甲を持った大太刀になります。クリアーレッドとブラックの2成型色パーツ構成で、鍔をゴールドに、背の黒い部分を赤く塗り分ける必要があります。

集熱刀は背部にマウント可能。集熱刀のダボをバックパックの溝に合わせてはめ込みます。

集熱刀を装備して。集熱刀はしっかりとした保持が可能で、スルッと抜けたりすることなく保持ができています。

ポーズを取ると随所にプロヴィデンスガンダムの意匠が感じられるのがいいですね。ワニ革を塗装しないほうがよりプロヴィデンスガンダムらしさが感じられていいのかも。

他のSD三国創傑伝キットに比べると動きが少しぎこちなく、ポロリもしやすいので注意が必要です。

クリアーレッド成型色は若干ですがブラックライトの光を吸収し、発光するようでした。

他のSD三国創傑伝キット(SD 三国創傑伝 孫堅ガンダムアストレイ)と組み合わせて、劇中シーンぽく再現。董卓プロヴィデンスガンダムは逃亡しようとしたところを孫堅に倒されるとのことです。

トリニティバイクに搭乗させる場合はリアアーマーとバックパックを外します。そして董卓プロヴィデンスガンダムを搭乗させ、背部にバイクのジョイント部を接続。上半身をしっかりと反らせておく必要があります。

バックパックをジョイント部に取り付けたら、董卓プロヴィデンスガンダムの搭乗完了です。バックパックを取り付けるとリアアーマーを取り付けることができないので、どちらかをチョイスして取り付けるようになります。

トリニティバイクに搭乗させてシーンを演出。ラクヨウのパープルカラーの大型バイクと董卓プロヴィデンスガンダムを組み合わせるとどこかやんちゃな印象が出てきますね(笑)

凶竜(きょうりゅう)形態への変形は、まず頭部、ショルダーアーマー、サイドアーマーを外しておきます。頭部はアンテナも外しておきます。サイドアーマーは基部のボールジョイント軸も一緒に外します。

本体は①脚部にサイドアーマーを組み付け、②腰部と二の腕の付け根を180度反転させます。③そして腕を前方に向けます。後部(フロントアーマー)には集熱刀をマウント。

頭部はアンテナの位置を組み替えてツインアイを隠し、後頭部には左右のショルダーアーマーを組み付けます。

頭部を本体に組み付けたら、凶竜形態への変形完了です。

凶竜形態をいろんな角度から。その名の通り、恐竜のようなフォルムなのが印象的。少し前のめりにさせたほうがかっこよく、それらしく見えますね。

ワニ革の色が足りないので凶悪さという部分では少し弱いかもですが、なかなかアイデア性が高く、面白いデザインになっていると思います。脚部に取り付けたサイドアーマーが外れやすいので注意が必要です。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。プロヴィデンスガンダムの名残がある形状には親しみを感じますし、各部に造形されたワニ革装甲が個性的で、独特のヒール感を感じさせるのも面白いですね。集熱刀も簡易的な作りながら個性を感じる武装でポーズを付けると迫力があります。

気になる点は、ワニ革装甲が全く色分けされていないので、素組みのままだと設定とはかなり差がある作りになっています。構造上、他のSD三国創傑伝キットよりも少し可動が制限されるので、その点も気になるところではありますね。

ですが素組みでもそれなりの良さは味わえますし、凶竜形態への変形といったこれまでのSD三国創傑伝キットにはない面白さがあります。各エリアの代表(劉備曹操孫堅など)に比べると華やかさや注目度では劣るかもですが、隠れた良さが十二分に味わえるキットでした。

⇒楽天でSD 三国創傑伝 董卓プロヴィデンスガンダムを探す
⇒駿河屋でSD 三国創傑伝 董卓プロヴィデンスガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでSD 三国創傑伝 董卓プロヴィデンスガンダムを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す