SDガンダム クロスシルエット シスクード レビュー

今回は、SDガンダム クロスシルエット シスクードのレビューをご紹介します!

SDガンダム クロスシルエット シスクードは、ゲーム「SDガンダム GGENERATION モノアイガンダムズ」に登場する試作MS『シスクード』のSDガンダム クロスシルエットシリーズキットです。シスクード特有のモノアイは可動式構造にジュエルシールでリアルに再現。高速巡航形態への変形に加え、大型のIフィールド・ランチャーなどが付属する特徴的なキットになっています。価格は1,512円(税込み)。

「左の盾」という意味の名前を持つシスクード。ティターンズ機と同じくモノアイが採用されているため、「モノアイガンダム」という俗称に。ちなみに兄弟機として、「右の剣」という意味のデスパーダがあります。

強奪されて塗り替えられた、白基調エゥーゴカラーが再現されています。肩やエアインテークなど部分的にシールで補いますが、パーツの組み合わせによって、全体的に細かな色分けが再現されています。

SDCSフレームを採用したディフォルメキットですが、背中に4基(合計8枚)のバインダーを装備しているため、後方に比重がかかるようになっているので、たまに後方にコテッと倒れたりします。

頭部。ガンダムタイプの頭部形状ですが、モノアイが際立っています。アンテナや中央の赤、頬のダクトなどもパーツによって細かく色分けされています。額のセンサーはシールでの色分け。

モノアイ可動部にはレールが造形され、ジュエルシールのモノアイが再現されています。左右への可動式。ザクのモノアイとは別物のようです。

胸部から腰部。エアインテークや腹部、腰フロントアーマー中央部など、パーツで細かく色分けされています。エアインテークの内部は黒いシールでの色分けです。

腕部。こちらも複数パーツの組み合わせで、前腕などが色分けされています。

ショルダーアーマーは前側の六角形モールドなどはシールでの色分けですが、上部装甲や側面のダクトなどはパーツで色分けされています。先端には肉抜き穴があります。

ショルダーアーマーの装甲は上下に可動します。

脚部。左右挟み込みタイプの構成ですが、アンクルガードが別パーツで造形されています。両側面装甲の一部はダークブルーのシールでの色分け。ソール部もパーツで適度に色分けされています。足裏には肉抜き穴があります。

背面バインダー。同型のバインダー4基が上下対象の向きで装備されています。

バインダーを外した状態。左右2箇所のマウント部と中央のバーニアという簡単な作りです。

バインダーは基部がボールジョイントで上下左右にフレキシブルに可動します。

バインダー。2枚のバインダーが向かい合わさった構成になっています。

2枚バインダーは展開が可能。

SDCSゼータガンダム、SDCSフリーダムガンダムと並べて。シスクードは若干小柄なのかなという印象。

頭部は適度に上下可動します。左右へも干渉なく可動します。

腕は水平以上に上げることができます。前後開脚はわずか。

肩の前後スイングも、付け根ボールジョイントなりに可動。

腰はわずかにひねる程度。股間部にアクションベースを差し込んでディスプレイするのも他のSDCSキットと同じです。

サイドアーマーが広く展開するので左右への開脚が広めに可能です。

Iフィールド・ランチャー、ビームサーベル(サーベル刃、柄)☓2が付属。五角形の余剰パーツが付属します。

Iフィールド・ランチャー。大型の特徴的な装備になります。本体部分は左右挟み込みタイプの簡単な構造ですが、上下など合わせ目はモールド化されています。砲口部分や後部に少し合わせ目ができるのみです。

Iフィールドバリヤー発生器は先端が別パーツ化されています。側面のグリップは付け根がボールジョイントでフレキシブルに可動します。

グリップ類を左右で組み換えることで、左手に持たせることもできます。

Iフィールド・ランチャーを保持して。重量があるため、片手で保持するとどうしても肩が耐えられず垂れてしまいます。なので、ランチャーを接地した状態にしています。

両手持ちだと問題なく構えることができます。

特別保持の難しさなどは無いですね。ラクにポージングが可能です。付け根のボールジョイントの強度が弱めなので、ポージングさせているとサイドアーマーや脚部が外れやすいので注意です。

高速巡航形態への変形は、まず腕やバインダー、サイドアーマーを外します。そして胸部を組み換えて上向きに。サイドアーマーは背中に取り付けます。

そしてバインダーを展開して腰に取り付け、変形させた腕部を取り付けたら高速巡航形態への変形完了です。簡単に組み換えが可能。

独特のスタイル。ディスプレイさせた後は特に動かすこともないので、角度を変えつつ眺めるくらいかと。

CSフレームに組み換えて。サイズアップしたシスクード。SDフレームよりもスリムな印象に。

前後左右から確認。比重バランスが良くなったせいか、SDフレームのときよりも自立が安定しています。

SDフレームとCSフレームのシスクードを並べて。好みが分かれそうですね。

フレームを変えたことで、肘が曲がるようになりました。

肩が引き出せるので、より広い前後スイングが可能になっています。

脚部の前後開脚もかなり広めに可動。

膝も「くの字」程度に折り曲げることができます。左右への開脚はSDフレーム時とあまり変わらず。

CSフレームだと肩強度が高めで、Iフィールド・ランチャーを片手でも保持が可能でした。(個体差があるかもです。)

肘や膝が曲がるので、武器の保持も表現力が高くなっています。

CSフレームでも問題なく高速巡航形態への変形が可能です。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。シスクードならではの特徴的な形状や変形、武装などが楽しめるキットになっていますね。モノアイも可動が可能でリアルなジュエルシールで再現されていますし、背部バインダーや各部の色分けも細かく、出来はいいと思います。

SDフレームだと接地した状態では後方に比重がかかるので、アクションベースにディスプレイしたりしてポージングを楽しむほうがいいかも。可動箇所が多いCSフレームのほうが、ポージングのしがいはありそうです。

その他SD、CSフレームともに高速巡航形態への変形が可能など、シスクードならではの良さが十二分に味わえるキットになっているのではないでしょうか。

icon

⇒楽天でSDガンダム クロスシルエット シスクードを探す
⇒駿河屋でSDガンダム クロスシルエット シスクードを探す
⇒ヤフーショッピングでSDガンダム クロスシルエット シスクードを探す

コメントを残す