RG 1/144 ダブルオークアンタのレビューです。

こんにちは!今回は、RG 1/144 ダブルオークアンタのレビューをご紹介します!

10376579p_800

RG 1/144 ダブルオークアンタは、手のひらサイズで本物のようなリアルモデルをコンセプトにしたリアルグレードというジャンルで発売され、関節の柔軟性はもちろん、細かいディティールも再現された高性能のガンプラです。発売日は2016年5月28日。

ダブルオークアンタは、劇場版機動戦士ガンダム00(ダブルオー) -A wakening of the Trailblazer-に登場するモビルスーツです。パイロットは主人公の刹那・F・セイエイ。ガンダムエクシアとダフルオーガンダム両方の特徴を持ち、地球外金属生命体のELS(エルス)との対話を可能にする特別な機体でもあります。

※レビュー画像の左肩水色パーツの位置が逆に組んでしまっています。正確な組み立てと一部異なるレビューであることをお詫び致します。

DSC_0074

色分けの再現性は高く、ほぼ完璧なぐらいに色分けがされています。塗装をせずとも十分な完成度を誇っています。

DSC_0076

機動戦士ガンダム00に登場する機体ということで、脚部が上から下にかけて細身になっています。ですが、アドバンスドMSジョイントや各部関節の保持力によって、思ったよりも安定して立たせることが出来ます。

DSC_0077

DSC_0078

武装なしの状態。細身ですが、そこそこ頑丈そうな見た目を感じさせます。各部に丸い緑色のコンデンサを装備。ガンダムエクシアと同じようにクリアーグリーンのパーツで再現されています。

今回のレビューでは、シール(リアリスティックデカール)を貼っていませんが、クリアーパーツの下にはシールを貼る仕様になっています。

DSC_0079

白いパーツは2色。白いパーツとグレーのパーツで色分けされています。また、内装部分のグレーパーツもランナー別に分かれています。

DSC_0080

横から。かなり細身な印象。青と白、赤のバランスが丁度良く、わずかな黄色や全体に散りばめられたクリアーグリーンがデザインを豊かで鮮やかにしています。

DSC_0081

正面から。マスクやカメラアイなどはややシャープな印象。頭部にはクリアーグリーンのパーツがかなり多く、複雑な形状をリアルに再現しています。

DSC_0082

HGのダブルオークアンタとは違い、細かいパーツ分けにより、色分けを再現しています。

DSC_0083

腹部真ん中、青と赤のパーツ辺りにコックピットがあります。腰前方のY字型アーマーは中心が固定されていて、少し回転します。これにより、脚部の可動範囲が少し広がっています。

DSC_0083_2

腕部のレイアウトが左右で異なります。右腕は青色のアーマーを装備。ショルダーアーマーは三角形のような形状です。

DSC_0083_3

左腕は白パーツで再現。二の腕の外装パーツに予備があり、二の腕だけ左右同じレイアウトにすることができます。左腕のショルダーアーマーはGNシールドをバインダーアームによってマウントするためこのような形状になっています。

DSC_0084

細身の脚部。膝部分は、内側は白いパーツ、外側はクリアーグリーンのコンデンサで表現されています。膝裏の青色アーマーは開閉式です。

DSC_0085

首の上下可動はそれほど広くありません。襟部のパーツや黄色いパーツが干渉するためです。頭部前面のアンテナはややポロリしやすくなっています。

DSC_0086

頭部左右への可動は、襟を浮かせる(顎を引く)ようにして左右に振れば180度可動します。

DSC_0087

腕部はショルダーアーマーが干渉するのでそれほど上部に上げることは出来ません。

DSC_0088

肘はアーマーがやや干渉しますが、左右ともまずまず折り曲げられます。

DSC_0089

腰部は180度回転可能。普通に360度回転させることも出来ます。

DSC_0090

背中部にはGNドライブを埋め込み可能。少し右側に回転させ、GNドライブを引き抜きます。

DSC_0091

GNドライブがいい感じに再現されています。

DSC_0092

胸部の白いパーツは展開可能。少しだけ可動し、胸部に表現を出しています。

DSC_0093

コックピットハッチを画像のように展開させることが出来ます。

DSC_0094

台座は付属せず、付属のアタッチメントを使ってアクションベース1(別売り)に設置可能。アタッチメントをお尻の部分にスライドさせて挿し込みます。

DSC_0095

アタッチメントを斜めに滑らせて固定する仕様になっているので、アクションベース1」に設置しても外れることが少なく、安定しています。

DSC_0096

股関節の前後への可動は素晴しいものがあります。腰部にフロントアーマーが無いため、ほぼ全展開させることができます。リアアーマーはありますが、後ろにも十分な可動域を持っています。

膝部も十分すぎるほど。思ったよりも外装パーツの干渉は少ないようです。アドバンスドMSジョイントはRGガンダムエクシアと同じものを採用してあります。

DSC_0097

つま先、かかと、ともに程よく可動します。画像にはないですが、足裏が3箇所で折れ曲がるようになっていて、様々な表現をさせることが出来ます。

DSC_0098

内股は腿のフロントアーマーが干渉するのでほとんど出来ません。がに股は180度OK。

DSC_0099

RGは表現の宝庫なので、RGダブルオークアンタも立て膝はお手の物。

DSC_00100

股関節の左右への開脚はサイドアーマーをやや後ろに引かせることで可能。サイドアーマーは少し後ろに可動できるようになっています。

足首は90度可動します。ただ、足首にはボールジョイントもあり、どの箇所が動くのかよく確認して可動させないと破損の原因にもなるので注意が必要です。

DSC_00106_0

左からGNソードビットのAビット、Bビット(真ん中)、Cビット(右)です。奥はGNソードです。

DSC_00101

GNシールドにはGNソードビットを脱着可能。裏面からはGNドライブが確認できます。

DSC_00102

GNソードビットを外した状態。

DSC_00103

GNシールドは画像のように展開可能。本来ならGNドライブの先端にはクリアーグリーンのGNドライブが設置されますが、今回のレビューでは塗装するときに抜けなくなってしまうと困るので、あえて取り付けていません。一度挿し込むと抜けにくいので注意が必要です。

DSC_00104

GNシールドは背中から伸びるバインダーアームによってショルダーアーマーにマウント可能。

DSC_00105

GNシールドを後方に固定させ、直列ツインドライブを再現させることが出来ます。直列ツインドライブでは、GNシールドにあるGNドライブと背中に埋め込んであるGNドライブを連結させることが出来ます。今回のレビューでは連結させていません。

DSC_00106

GNソードはかなり長めです。アクリルブロックの上にのせているアタッチメントを使用することで、腰部や腕部に固定させることが出来ます。

DSC_00107

GNソードを腰部のサイドアーマーにマウント可能です。

DSC_00108

GNソードにGNソードビットを取り付けることで、バスターソードを再現可能。

DSC_00109

バスターソードはかなり重量があります。

DSC_00110

アタッチメントを取り付け、腕部に固定させることで、なんとかバスターソードを保持させることが出来ます。

DSC_00111

バスターソードディスプレイ用に、専用の台座が付属します。

DSC_00112

このように固定させることが出来ます。バスターソードを画像(下)のように展開させることで、バスターライフルにすることが出来ます。

DSC_00113

付属品は刹那・F・セイエイフィギュアとエモーションマニピュレーター(左右)、平手(左のみ)、握り手(左右)、武器保持用アタッチメント2個です。

DSC_00114

付属品の武器保持用アタッチメントを使用することで、GNソードビットなどをエモーションマニピュレーターに保持させることが出来ます。

では適当に何枚かどうぞ。

DSC_00115

DSC_00116

DSC_00117

DSC_00118

DSC_00119

DSC_00120

 

DSC_00122

DSC_00123

DSC_00124

DSC_00121

以上です。

感想としては、かなりリアルで、緻密さがあふれるキットだと思います。各部が細かいパーツで構成されていて、一切妥協しないという開発者側の意気込みが感じられるようです。ポージングも各関節ともしっかりとしていて、スタイルが決まるのでポージングが楽しくなります。

できればソードビット用の台座があって欲しかったですが、プレバンでも予定がなさそうで残念です。何かの台座を流用するかな?

幾つかポロリ箇所があり、腕部のコンデンサ部分のクリアーグリーンパーツ(左腕の一番小さいもの)が頻繁にポロリするのと、エモーションマニピュレーターに武器を保持させるためのアタッチメントが付属していますが、ほとんど保持させる事ができず、ポロリするのがツライところです。(個体差があるかもしれません。)

ソードビットやアンテナなど、これらの他にもポロリする箇所があるのが難儀なところですが、新作が出る度に組み立てやポージング、可動域や可動範囲がレベルアップしているようにも見受けられるので、現時点ではかなりレベルの高いガンプラとして楽しめると思います。

武器の保持に関しても、固定式のマニピュレーターが左右ともに付いているのでコチラを代用すれば問題ありません。また、ポロリするクリアーグリーンパーツも最悪接着すれば問題ないかと思います。

完成度が高く、ポージングも安定していて楽しめるので、なかなかオススメのガンプラです。

 

RG 1/144 ダブルオークアンタのパッケージ、ランナーのレビュー

ここからは、RG 1/144 ダブルオークアンタの箱絵とランナー各種、説明書をレビューしていきます。

ではまず箱絵から。

DSC_0047

パッケージは他のRGと同じく、フェイスのアップと全身のイメージ画像です。

DSC_0050

横絵はリアルグレードの紹介と、デカール、RGダブルオークアンタのリアルさ紹介、ポージングなどの掲載がされています。

では開けてみましょう。

DSC_0052

箱のなかにはびっちりランナーが入っています。さすがRG。組みごたえ満点です。

DSC_0053

ランナーは5袋分くらいですね~。小さいパーツがたくさんあるため、全てカットしてもそれほど多くは感じません。ですが、組み立ていくとそのボリュームに驚くかもです。

DSC_0056

ここから説明書です。ではしばし、説明書をご覧くださいまし。はじめから最後までご覧いただけます。

DSC_0057

DSC_0058

DSC_0059

DSC_0060

DSC_0061

DSC_0062

DSC_0063

ここから各ランナーのご紹介です。

DSC_0064

↑Aランナーです。色分けランナー組み合わされています。クリアーグリーン、青、黄色、白のパーツ類です。

DSC_0065

↑Bランナーです。アドバンスドMSジョイントです。RGダブルオークアンタは、腕部を別パーツで組み立てるので、アドバンスドMSジョイントの腕部パーツは使用しません。腰部も使いません。

DSC_0066

↑Cランナーです。こちらも色分けランナー組み合わされています。ここにバスターソードを設置する台座があります。赤、グレー、白、クリアーのパーツ類です。

DSC_0067

↑Dランナーです。Dランナーは2枚あります。脚部やGNシールドなどの白いパーツ類です。

DSC_0068

↑Eランナーです。脚部や腕部などの内部パーツ類です。

DSC_0069

↑Fランナーです。脚部やGNソードビットなどの青色パーツ類です。

DSC_0070

↑Gランナーです。GNシールドや脚部、マニピュレーターなどグレー系のパーツ類です。

DSC_0071

↑Hランナーです。クリアーグリーンのパーツ類です。GNソードビットやコンデンサ、GNドライブ箇所に使用します。

DSC_0073

↑リアリスティックデカールです。普通に貼り付ける、薄型デカールです。段差がやや気になるシールです。

以上、パッケージとランナーのレビューでした。

細かく小さいパーツがとても多いので、迷わないように組み立てることが大切です。その他にも、パーツをなくしてしまわないよう、しっかりと管理しておきましょう。

組み立てには時間がかかるかもしれませんが、完成すると必ずや満足できるものだと思いますので、頑張って組み立ててみてくださいね。

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でRG1/144ダブルオークアンタを探す
⇒駿河屋でRG1/144ダブルオークアンタを探す

  • ,
  • タグ:

2 件のコメントがあります。

  1. 無知

    on 2016年9月13日 at 18:24 - 返信

    左肩アーマーの向き間違ってますよ

    • nori

      on 2016年9月15日 at 20:21 - 返信

      コメントありがとうございます。
      ご指摘いただきありがとうございますm(_ _)m
      撮影し直す余裕がないため、ページにお詫び文を加えました。
      間違いのないレビューがご紹介できるよう心がけていきます。

コメントを残す