RG デスティニーガンダムの改修ポイント

こんにちは!今回は、RG デスティニーガンダムの改修ポイントをご紹介します!

DSC_0041

RGデスティニーガンダムはかなり完成度が高く、全体的なスタイルのバランスもなかなかいいので、改修するポイントもそれほど多くないものになりました。その中で少し気になった点を改修してみましたのでご紹介します。

改修したポイントは2点です。

まずひとつめは首部。素組みのRGデスティニーガンダムは頭部が真正面を向いた状態になっており、頭部の形状から、顎を引くような見た目を演出することが出来ないようになっていました。そこで少し首の長さを延長し、頭部が屈み気味、少し顎引きの状態になるようにしてみました。

DSC_0066

改修はそれほど手間の混んでいない簡単なものです。まずはアドバンスドMSジョイントの首部をまっすぐにカットします。

DSC_0067

間に1mmのプラ板を2枚重ねて接着しました。画像はないですが、この後パテで周りをコーティングし、ヤスリで成形後、塗装しました。

改修した後で気になったのが、少し耐久性に欠けるということです。

完成後に頭部をハメて動かすと少し破損しないか不安なので、頭部を安全に可動させたいなら、

・ボールジョイントを少し削る
・頭部の内側を少し削る
・アドバンスドMSジョイント首部改修箇所に真鍮を埋め込んでしっかりと固定させる

の3点のうち、どれかひとつの処理をする必要があるかと思います。

一番安心できるのは真鍮を埋め込むことですね。金属棒を差し込んでやることで、改修箇所がしっかりと固定されるので安心して頭部を可動させることが出来ます。

もし改修をされる場合には真鍮の埋め込みをオススメします。

1 (2)

2 (2)

このように、若干顎引き状態にさせることができました。(改修前の画像がなくて申し訳ないですm(_ _)m)

比較する場合は、一応下記のサイトに頭部のアップ画像がありますのでご覧くださいまし。

⇒RG デスティニーガンダム レビュー

続いて改修二つ目。脚部の延長です。

もともとRGデスティニーガンダムは脚部が見た目短い感じがするので、少し延長をしています。延長と言っても、カットしたり整形したりという大掛かりな改修をしたわけではなく、プラ板でスペーサーを作って脚部のシャフト部に差し込んだだけです。

10214075a

こちらが本来のRGデスティニーガンダムですが、どうも脚部が短い印象です。

これはRGの特製とも言えるべき形状で、RGのガンダム試作1号機フルバーニアンでも脚が短い感じがしました。アドバンスドMSジョイントを使い回すのである程度致し方ない部分なのかもしれません。

アドバンスドMSジョイント股部には脚部の延長機能がついていますが、この延長機能を使用すると股の部分が延長されて、さらにディティールが悪くなります。なので、スペーサーを取り付けるのが一番シンプルで簡単だと判断しました。

DSC_0068

このように簡単なサイズにプラ板をカットし、ピンバイスでシャフトサイズの穴を開けただけです。ピンバイスのサイズは3mmだったかな?

DSC_0069

これを足首のシャフト部に取り付けて延長させます。簡単ですね。

DSC_0389

3_2

ちょっとこの画像だと脚部を延長したのがわかりずらいかもしれませんが、ほんの少しの延長でも違って見えます。

以上、2点の改修ポイントをご紹介しました。

簡単な改修でちょっぴりスタイルも良くなるので、試してみてはいかがでしょうか。

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でRGデスティニーガンダムを探す
⇒駿河屋でRGデスティニーガンダムを探す


2 件のコメントがあります。

  1. 湯たんぽゼータ

    on 2016年5月25日 at 20:58 - 返信

    RGデスティニー製作記事非常に参考になりました♪

    ありがとうございます♪

    • nori

      on 2016年5月25日 at 20:59 - 返信

      コメントありがとうございます!
      こちらこそ、ご覧頂きありがとうございます。参考にして頂けると幸いです。
      よろしくお願いしますm(_ _)m

コメントを残す