RG ガンダムベース限定 シナンジュ[メタリックグロスインジェクション]のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、RG 1/144 シナンジュ[メタリックグロスインジェクション]のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。今年最後の更新記事なので、最後に年末のご挨拶を兼ねていますので、ご覧いただければと思います^_^ では箱絵からどうぞ。

パケ絵はガンダムベース東京のロゴ入りパッケージ。掲載されているシナンジュは、デザイン自体は一般発売のRGシナンジュと同じです。ですがメタリックグロスインジェクションのキット成型色と同じように、赤が少し強調されたものになっています。

パッケージサイズは一般的なHGよりも横幅が1cmほど大きいRGサイズ。高さはHGに比べ、1.8倍くらいの大きさです。

横絵はガンダムベース東京の紹介と専用台座にディスプレイしているシナンジュ[メタリックグロスインジェクション]が掲載。一般発売のRGに比べると少しおとなしめの掲載内容です。

開封。RGの中では大型キットですし、各部が細かく造形されているのでパーツ数は大量です。

全部で9袋分のランナー。

説明書はRGシナンジュの説明書とガンダムベース東京のロゴ入り台座がパーツリストに掲載された白黒ペラ用紙が付属。ペラ用紙は裏面の記載はありません。RGシナンジュの説明書は以前RGシナンジュ レビューでご紹介していますが、画像が見にくいので改めて撮影しています。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。アドバンスド・MS・ジョイントをベースにしてかなり細かくパーツを組み合わせているため、どうしても不安定さのある部分が出来てしまっているのは残念ですね。本来は小型キットに採用しているアドバンスド・MS・ジョイントを使って大型のシナンジュを形成しているので、その弊害が出て各関節強度に弱さが出るようになっています。

ですがこれがあったからRGサザビーが別構造で非常に完成度の高いキットになったと思うので、そこは糧になっていると思います。シナンジュの造形美や色分け、内部フレームまで細かく再現されているので、リアルな造形物としては優秀。

メタリックグロスインジェクションバージョンなので、カラーガイドは付属していません。外装がアンダーゲート仕様なので、成型色をそのまま楽しむのがいいかもですね。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。メタリックグレー、グレー、クリアーグリーン、パールホワイトのイロプラランナーです。ビーム・ライフルやプロペラントタンク、軟式素材の動力パイプパーツなど。

↑Bランナー。ダークグレーのアドバンスド・MS・ジョイントランナーです。

↑Cランナー。メタリックレッド成型色で、脚部や頭部、腰部、シールドなど各部外装パーツ類です。

↑Dランナー。メタリックレッド成型色で、脚部や肩部、フレキシブル・スラスターなどの外装パーツ類。同じものが2枚あります。

↑E1ランナー。メタリックグレーというよりはパールダークグレーっぽい成型色で、脚部や腰部、フレキシブル・スラスターなどの内部パーツ、関節パーツ類です。

↑E2ランナー。E1の一部と同じです。

↑F1ランナー。パールダークグレーっぽい成型色で、脚部やバックパック、腰部などの各部内部パーツ類やビームアックス、シールドといった武装用パーツ類。

↑F2ランナー。F1の一部と同じです。

↑Gランナー。メタリックブラック成型色で、エングレービングやシールド、腰部パーツなど。

↑H1、H2ランナー。H1はメッキゴールドのエングレービングやシールド用パーツ。一般発売のRGシナンジュよりも少し黄色味が強いメッキゴールドになっているようです。H2はメタリックイエロー成型色の各部ダクトパーツ類。

↑I、Jランナー。Iランナーはシルバー成型色で、フレキシブル・スラスターの内部パーツやショルダーアーマー、脚部アーマー内部パーツなど。Jランナーはクリアーイエローのビームアックス、ビームサーベル刃。

↑BA-Gのガンダムベース東京ロゴ入り台座と専用のリアリスティックデカールです。

以上です。

さて、今年一年、ひたすらレビューやガンプラ製作に突っ走ってきましたが、アクセスも増え、多くの方にこのブログをご覧いただいていること、大変感謝をしております。ありがとうございますm(_ _)m

今年はMGディープストライカーの予約開始に始まり、放送開始と共にHGBDキットが続々と発売されましたし、ナラティブ関連のキットも多数発売されました。ガンプラの構造もより洗練されたものが多くなり、これ以上改良が必要ないくらいの可動域、造形を持ったキットも多かったと思います。RGサザビーも素晴らしいキットに仕上がっていましたね。⇒2018年のガンプラ一覧

年末はビッグアイテムこそ微妙だったものの、PGセブンソード/G、RGフルアーマーユニコーン、MGアサルトバスターVer.Kaなど、数で圧倒するようなキット化ラッシュでした。来年はガンダムの誕生40周年ということで、驚きの展開を期待したいところです。RGνガンダムやRGフェネクスなどもキット化してもらいたいですし、ビルドシリーズの新作キットも多数発売されると思うので楽しみです。

ガンダム作品に関しては、ガンダムビルドダイバーズやTHE ORIGINも一通り終了し、現在は機動戦士ガンダムNTが劇場にて公開中です。(NTはおそらく12月31日までの公開。)テレビシリーズ(全国区)がなかった分、全体的にちょっとパンチが弱いかなぁという印象でした。

NTは映画館に見に行ったんですけど、評判どおり、素晴らしい作品になっていました。時間が1時間30分と短いだけに、より洗練された作品に仕上がっていたと思います。

ネタバレになるとあれなので詳細はお伝えしませんが、メカの描写も美しかったですし、ストーリーもうまくまとまっていたと思います。キャラの画質はちょっと微妙なところもありましたが、どの部分でも納得させてくれるいい作品だったので、Blue-rayやDVDが出たら絶対なんども見ちゃる!!と思っています(笑)まだ見ていないならぜひ!

来年はビルドシリーズの新作やGレコの劇場版、NHKでのTHE ORIGIN放送などがありますが、地上波での新シリーズを期待したいところです。(ないのかな?)それと、生誕40周年にちなんだ作品が製作されると嬉しいですね。サンボルも今のところおとなしいので、ぜひ続きを映像化してもらいたいです。

ちょっと長く語っちゃいましたが、来年もだいたいこんな感じでブログを更新していくと思いますので、どうぞ飽きずに訪れてやっていただければと思います。レビューに関してもガンプラ製作に関しても、まだまだ未熟なところが多いので、よりわかりやすいレビュー、丁寧で質の高いガンプラ製作をやっていければなと思います。

今年の年末は寒波で各地に積雪も見られるようで、何かと大変なこともありましょうが、お体に気をつけて年末、そして2019年をお過ごしくださいませ。来年も楽しいガンプラライフが過ごせることを願っております。

それでは良いお年を!

icon

⇒楽天でRG ガンダムベース限定 シナンジュ[メタリックグロスインジェクション]を探す
⇒駿河屋でRG ガンダムベース限定 シナンジュ[メタリックグロスインジェクション]を探す
⇒ヤフーショッピングでRG ガンダムベース限定 シナンジュ[メタリックグロスインジェクション]を探す

コメントを残す