RGデスティニーガンダムの組立工程 腕部の組み立て②

こんにちは!今回は、RG デスティニーガンダムの組み立て工程 腕部の組み立て②をご紹介します!

前回ご紹介したとおり、今回は腕部のショルダーアーマーを組み立てていきます。ディスティニーガンダムのショルダーアーマーには、これまた前回ご紹介したとおり、フラッシュエッジ ビームブーメランが装備されています。

ブーメランは取り外し可能の仕様で、もちろん外して飾っておくことも出来ます。ですが、ブーメランありとなしの状態だと、やはりショルダーアーマーの見た目はブーメランありのほうがかっこいいです。

ブーメランがなくなると少しこじんまりとしたショルダーアーマーになってしまうので、シンにはできるだけ投げないでいただきたい。それか、投げても戻ってくるように投げていただきたいm(_ _)m(シンにお願いしてもしょうがないか。)

肩についたブーメランのおかげでワイルドな見た目になっていることもあるので、ブーメランをマニピュレーターで掴んでいるようなポージングの際は、少々ショルダーアーマーの物足りなさを覚悟の上で使う必要があるもしれません。

ではショルダーアーマーの組み立てをどうぞ。

DSC_0308

ショルダーアーマーのパーツ一覧です。パーツ数はそれほど多いものでは無いですね~。デカールの貼る位置を考えて、メタルパーツの取り付け位置をやや下目にしました。

DSC_0309

まずはブーメランからです。まあ、ちょこっと手を加えてやるだけになります。

DSC_0310

こんな感じ。アイアン色のパーツは向きに注意です。気が付くと、どちら向きに取り付けるのかわからなくなる場合がありますので^_^;

DSC_0311

ではここからショルダーアーマーの組み立てです。とりあえず気持ち程度の色分けパーツから。

DSC_0312

ここがブーメランの設置兼、ブーメランの可動部分になります。

DSC_0313

外装パーツで挟んでいきます。

DSC_0314

DSC_0315

こんな感じ。あっと言う間にショルダーアーマー完成です。青色パーツのスミ入れはタミヤエナメルのロイヤルブルーを使用しています。

DSC_0316 DSC_0317

あとはブーメランを取り付けて完成です。ブーメランがある分ワイルドになります。(ワイルドだろぉ~!)※ここ、スギちゃん風にお願いしますm(_ _)m

DSC_0318

左右両方作っておきます。デカールを貼る方は、どのデカールをどこに貼るのか、前後を確認しながら貼りましょう。ちなみに使用したデカールはRGデスティニーガンダム用ガンダムデカール(水転写デカール)です。

DSC_0321

では腕部と組み合わせていきます。RGでよくある被せ型のショルダーアーマーです。

DSC_0322

腕部を胴体に取り付ける前にショルダーアーマーを取り付けておきます。

DSC_0323

では本体に取り付けていきます。

DSC_0325

胴体から伸びている腕部取り付け部分を斜めに傾け(後方45度にする)、腕部を挿し込みます。

DSC_0327

腕部を正しい位置にして、腕部取り付け完了です。

DSC_0329

だいぶいい感じに仕上がってきましたね~。RGなので直立も安定していますし、アドバンスドMSジョイントを使ってあるので関節の可動もしっかりとしています。

ただ一点、肩の可動がややゆるいです。ちょうどショルダーアーマーのあたりですが、大型の武器を保持すると肩が上部に保持できない感じです。

個体差があるかもしれないので、必ずそうとは限りませんが、アロンダイト ビームソードを片手で保持しようとすると、だいたい下に垂れ下がっていきます。もし垂れる場合は、ある程度補強が必要かもしれません。

それ以外の関節部は問題無いですし、ポロリもないので取り扱いやすいですよ。

あ、そうそう。今のところ直立は安定していますが、ストライクフリーダムやデスティニーガンダムのようなハネモノは、背中に羽を背負うとかなり直立が難しくなります。

羽の角度にもよりますが、大体は台座が必要です。それだけ重たい羽を背負ってるんですね~。おかげで見た目は良いですが(・∀・)イイネ!!

では次回は頭部ですね~。サクサク進んでいきましょう。次にはHGアスタロトが控えておりますので。

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でRGデスティニーガンダムを探す
⇒駿河屋でRGデスティニーガンダムを探す


コメントを残す