RGデスティニーガンダムの組立工程 脚部の組み立て①

こんにちは!今回は、RG デスティニーガンダムの組み立て工程 脚部の組み立て①をご紹介します!

RGデスティニーガンダムはRGではおなじみのアドバンスドMSジョイントベースで組み立てていくガンプラになります。

細かいパーツの組み合わせによってリアルなスタイルが再現されていますので、リアルさは折り紙つき、細かいところまでキレイに完成させることが出来ます。

ではいきなりですが、さっそく組立工程に入っていきます。

DSC_0186

今回は足首から下の部分の組み立てをご紹介していきます。なので、それらのパーツ一覧になります。塗装レシピでもご紹介しましたが、脚の裏ははじめにアイアン色で塗装し、マスキングをして赤系で塗装しています。

脚部の構成はRGストライクフリーダムやRGGP-01フルバーニアンなどとほぼ同じですね~。つま先、中間、かかとで3分割された可動式の脚になっています。

DSC_0188

DSC_0189

まずはお決まりの足裏パーツを取り付けます。このパーツはどのRGでもだいたい定番のようにあります。

ただ、足裏にバーニアがある機体だとこの箇所がバーニアになります。おそらくRGフルバーニアンはバーニア型のパーツを取り付けるようになってますね。

RGストライクフリーダムはデスティニーガンダムと同じくこの形です。

DSC_0190

内部パーツの周りに外装パーツを取り付けていきます。まずはつま先と中間部分から。

DSC_0191

DSC_0192

DSC_0193

デカールもそれほど多くないシンプルな脚部ですね。RGデスティニーガンダムは先端がかなりシャープです。

DSC_0195

続いてかかと部分を組み合わせます。上と下のパーツで挟みこむだけです。

DSC_0196

DSC_0197

DSC_0198

最後に足首のアーマーを取り付けて足首から下のパーツ完成です。

DSC_0199

この部分だけだとかなり簡単でラクですね~。ご紹介もそれほど言葉は要らないですし、難しいところもないかと思います。

DSC_0200

DSC_0201

左右とも作っておきます。

DSC_0202

足の裏はこんな感じ。マスキングによる色分けをしたことで、かなりメカメカしいディティールになっていると思います。いいですね~。

では今回は以上です。

今回ご紹介したRGデスティニーガンダムは、前回製作したHGガンダムキマリストルーパーよりも前の製作品なので、製作段階のご紹介はありませんので、ご了承くださいませm(_ _)m

なので、ヤスリがけや塗装などの細かいご紹介はしていませんが、塗装レシピ改修ポイントのページをご覧いただくことで、それなりのことはご紹介できていると思います。

なので、もし参考にして頂く際には、これらのページを吟味していただければありがたいです^_^

それでは良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でRGデスティニーガンダムを探す
⇒駿河屋でRGデスティニーガンダムを探す

コメントを残す