RGデスティニーガンダムの組立工程 胸部の組み立て

こんにちは!今回は、RG デスティニーガンダムの組み立て工程 胸部の組み立てをご紹介します!

デスティニーガンダムの胸部は他のガンダムのトリコロールカラーとは少し違って、色分けが特殊です。ガンダムの中では悪役の部類に入るので、少し悪い印象のデザインなんですね~。

このデザインがいいと言う方もいれば、なんかいやだ!と言う方もいらっしゃるでしょうし、賛否両論だと思いますが、自分はあまり好きな色分けではなかったので、胸のダクトを色分けしてみました。

わたくし個人のオリジナルカラー塗装なので、通常の色分けパーツとは見た目の印象が違うかもしれませんが、そこはちょっとご勘弁を^_^;このデザインもなかなかいい感じになっていると思いますので。

組み立てに関しては、RGということで、アドバンスドMSジョイントをベースに内外のパーツを取り付けているのは他と変わりません。組み立てパーツに関してはRGは機体によってパーツの組み合わせ方が違うので、もはやどれが正解ということもない、各機オリジナルの組立工程になっています。

なので、どのキットを組むにしても目新しい部分が多く、お腹いっぱいになりそうな組み合わせ方で楽しめると思います。

では組立工程をご紹介していきます。胸部の組立です。

DSC_0253

胸部パーツ一覧です。ダクトの部分はマスキングをして色分けしています。胸の脇の部分は本来薄紫のような色でしたが、少し濃い青紫のような色にしています。

DSC_0254

DSC_0255

まずはコックピット周りからですね~。RGなのでコックピットハッチが開閉式になっています。その分組み立てパーツも細かいですね。

DSC_0256

胸部の色分けに夢中で座席の塗り分けを全く無視してしまっていました(-_-;)座席が残念なことになってしまってますね_| ̄|◯

もし塗り分けをされる場合はマホガニーなどで塗り分けると良いかと。画像の状態だとハッチを開けた時に残念な見た目が露出してしまいます。なのでコックピットの開閉はナシです。コックピットは封印されました(笑)

DSC_0257

はじめにハッチ部分を組み合わせるという、少し変わった構造になっています。この辺りのパーツの組み合わせは、間違えないように取り付けましょう。

DSC_0258

コックピットハッチを展開するときは、上部の青色パーツを引き出し、上部に回転させます。そして下の青色パーツを開きます。

DSC_0259

アドバンスドMSジョイント、コックピットパーツ、外装パーツと、順番に被せていきます。

DSC_0261

コックピットハッチと胸部外装パーツが上手く組み合わさるようになっています。

DSC_0262

次に背中側のパーツを組み立てます。

DSC_0263

DSC_0264

腕部の可動域を広げるために、胸部の肩パーツが別パーツで可動するようになっています。こういうのはRGでは可能なのでありがたいですね~。

DSC_0265

背中側のパーツをアドバンスドMSジョイントに取り付けます。

DSC_0266

背中もしっかりと色分けされていて、バックパックで隠れるにも関わらず、細かなモールドがたくさんあります。

DSC_0267

DSC_0268

脇腹のパーツ、首周りのパーツを取り付けます。各色のパーツが取り付けられて、かなりビジュアルがアップしてそれらしくなってきました。

DSC_0269

胸部周りのパーツと首のパーツを取り付けます。この胸部周りのパーツがディスティニーガンダムの特徴ですね~。このパーツの色が違うと全体的な印象がかなり変わる気がします。塗装するなら、全くトンチンカンな色になってしまわないように注意する必要があるかと。

DSC_0270

DSC_0271

腰部と首周りの赤いパーツを取り付けます。首の赤いパーツはワンポイントです。

DSC_0272

なんとなくRX-78ガンダムの面影があるようなないような・・・。ダクトを黄色にしたからそう思うんですかねぇ。腰部の赤いパーツが連なっているのも1stのガンダムを意識させる要因かもしれません。

これで胸部パーツ完成です。下半身と組み合わせていきます。

DSC_0273

DSC_0274

腰部のパーツは取り付ける向きに注意です。画像のような向きに取り付けます。

DSC_0277

いい感じですね~。地元の広島弁で、『えー感じにできとるのお\(^o^)/』ッて感じです。言葉遣いが厳つい?

DSC_0279

合わせてサイドアーマーも組み立てておきます。パーツ3種でしっかりと色分けされています。

DSC_0280 DSC_0281

DSC_0282

ではサイドアーマーを腰部に取り付けます。DSC_0283

とりあえず今回はここまでです。やっぱりリアルグレードはリアルさのレベルがダンチですね~。HGを組み立てた後のリアルグレードは質の違いを感じます。

最近ではHGアスタロトを組み立てた後にRGのダブルオークアンタを組み立てました。パーツ数は多いですが、その分細かな色分け、ディティール、可動域など、全てにおいて完成されている感があります。

開発者の力の入れようも違うっぽいですし、高品質、高レベルのRGはいいですね。やっぱり完成品を飾っておくならRGかな~。

最近ではRGストライクフリーダムも組み立てて、完璧な状態で飾っています。これがまた満足できる完成度で素晴しい(^o^) 余裕があればRGストライクフリーダムも製作工程をご紹介したいと思いますです。

では次回はRGデスティニーガンダムの腕部を組み立てていきます。

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でRGデスティニーガンダムを探す
⇒駿河屋でRGデスティニーガンダムを探す


コメントを残す