RE/100 ガンブラスター レビュー

今回は、RE/100 1/100 ガンブラスターのレビューをご紹介します!

RE/100 ガンブラスターは、『機動戦士Vガンダム 』に登場するガンイージの強化発展型機『ガンブラスター』の1/100スケールモデルキットです。RE/100ガンイージをベースに、特徴的な増加推進器ユニット、ブースター・パックを新規造形で再現。多数の武装に加え、ガンブラスターならではのライトグリーンカラーが成型色で再現されたキットになっています。価格は3,780円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

2018年12月に一般発売されたRE/100 ガンイージをベースに、特徴的なブースター・パック(ツインテールユニット)が新造されてキット化されました。本体部分はRE/100 ガンイージと大体同じですが、ガンブラスター特有のカラーリングになっています。

成型色はガンイージよりもライトなグリーンに変更され、胸部がダークパープルやイエロー、レッドなどに変更されてガンダムタイプに近い配色になっています。

ポリキャップはRE/100キットおなじみのPC-210(3種のみのポリキャップ)を使用。小型なので組み合わせバランスもよく、関節強度もまずまず高めで安定しています。ブースター・パックを背負っていますが自立に不安はなく安定。ただ、ブースター・パックの角度を変えて後方に比重をかけると倒れやすくなる場合もあります。

本体部分は、リアアーマーとサイドアーマー以外はガンイージと同じなので各部を簡単に見ていきます。

頭部。形状はガンイージと同じですが、額のセンサー周りが外装と同じ色に、顎パーツが赤に変更されています。前後挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。頬のダクトのシールはガンイージと変わらず。

ガンイージと並べて。画像右がガンイージです。(以下、各部位ごとに比較画像がありますが、全て画像右がRE/100ガンイージです。)

胸部から胴体部。胸部装甲やエアインテーク、中央部などの色が変更され、ガンイージよりもカラフルな配色になっています。エアインテーク内部は塗り分けが必要です。

ガンイージと並べて。

肩のウエポンコンテナは、右肩にビームサーベル柄、左肩に2連マルチ・ランチャーを内蔵。ガンイージから変わらずですが、コンテナ本体、ハッチ共に配色が変更されています。

ウエポンコンテナは脱着が可能で、付属のパーツを取り付けることでコンテナなしも再現可能です。

ウエポンコンテナを外した状態を全身から。この形態も違和感ないですね。

リアアーマーはガンイージとは異なり、下部の形状が違うものになっています。

裏面のモールド形状は同じ。サイドアーマーは丸型に変更されています。

腕部の形状はガンイージから変わらず。外装がライトグリーン成型色に、関節がダークグレー成型色に変更されています。

ガンイージの腕部と並べて。

左前腕部のビーム・シールド発生器の配色がダークブルーから外装と同じライトグリーンに変更されています。

脚部形状、配色ともガンイージと同じ。成型色が外装はライトグリーン、関節はダークグレーに変更されています。

ガンイージと並べて。足底の成型色も紫っぽい色に変更されています。

ブースター・パック(ツインテールユニット)。大型のブースターユニットを装備しています。

ユニットはポリキャップによる1穴接続。背中の形状とフィットするような造形になっています。固定強度はまずまず。背中の4基のバーニアはダークグレー成型色に変更されています。

両脇のスラスターバインダー。特徴的な造形になっています。左右挟み込みタイプなので部分的に合わせ目ができる仕様になっています。

黄色いバーニア内部や下部のスラスター内部などは塗り分けが必要です。スラスター内部にはスリットなども造形されておらず、少しさっぱりとしすぎている印象も。

ユニット中央部は2枚パーツを前後に組み合わせるタイプですが、ダクトなどはスリット入りの別パーツで色分けされています。ただ、ホームページの作例は縁(ふち)を黄色、内部のスリット入りダクトをグレーで塗り分けられているので、この色分けは設定とは違うかも。

スラスターバインダーは少し左右に傾けることができます。

上下には広く展開可能。左右へは展開しません。

スラスターバインダー自体も下部が適度に前後可動します。

ガンプラスター本体の可動域や各部詳細についてはRE/100ガンイージと全く同じなのでガンイージのレビューをご参考くださいm(_ _)m ⇒RE/100 ガンイージ レビュー

成型色や配色が変わっているのでだいぶ印象が違います。ブースター・パックを背負っているので背中には肉厚感も。

ビーム・バズーカ、ビーム・ライフル、扇形ビームサーベル刃、ビームサーベル刃、ビーム・シールド、肩パーツ×2、ビーム・バズーカ用マウントパーツ、ビーム・ライフル用マウントパーツ×2が付属。付属品はRE/100ガンイージのものと同じです。肩パーツ以外は成型色も同じ。

余剰パーツもガンイージとほぼ同じですが、顎パーツや背中の蓋パーツが追加になっています。サーベル刃は1本余剰。サイドアーマーやリアアーマーの形状が違い、余剰パーツとしても付属していないので、ガンイージのカラバリとして組むことはできないようです。

専用のマーキングシールが付属。シュラク隊エンブレムの他、ガンイージにはなかったリガ・ミリティア(ザンスカール帝国の首都空襲前と後)やマーベット、トマーシュ、オデロ機用のエンブレムが追加されています。

そして『機動戦士Vガンダム STAND UP デカールキャンペーン』中に購入したので専用の水転写デカールがついてきました。

左上からシュラク隊の部隊マーク、リガ・ミリティアのエンブレム(ザンスカール帝国の首都空襲前と後)、地球連邦軍、ザンスカール帝国エンブレム、地球降下部隊のロゴマーク(蜂のやつ)、ウッソ・エヴィンロゴ、オリファー・イノエロゴ、シュラク隊各機のロゴ、イエロージャケットの部隊マーク、カイラスギリー所属部隊マーク、ピピニーデン中隊部隊マーク、カミオン隊の部隊マークになります。その他ラインマーキングやコーションデカール、ナンバーデカールなどなど。

ビーム・バズーカ。合わせ目は段落ちモールド化されていますし、パーツによって細かく色分けされたいい作りになっています。成型色などもすべてガンイージのものと同じ。

センサーは赤いシールでの色分けで、グリップは収納可能です。

マウントパーツを使うことでリアアーマーにマウント可能。スラスターバインダーと干渉しやすいので、バインダーを少し後方に広げた状態での装備となりそうです。

ビーム・ライフル。MG VガンダムVer.Kaに付属しているものと同じです。

センサーがクリアーグリーンパーツでの色分け、グリップが可動するのも同じ。分解するとビームピストルになるのも同じです。

マウントパーツを使って両膝にマウントさせることができます。

ビーム・シールドは角度を変えるとホログラム加工で虹色に輝きます。

一通り武装して。ビーム・バズーカを背部にマウントしているとシールドと干渉しやすいのと、ビーム・ライフルが前腕と干渉して分解しやすいのはガンイージから変わらず。シールドはショルダーアーマーとも干渉してひわったりします。。シールドとスラスターバインダーは特別干渉することなく装備ができそうです。ガンイージとは違ってよりボリューム感があるのがいいですね。

ビーム・ライフルは多少干渉でポロリ分解はあるものの、グリップダボでしっかりと保持できるのでポージングしやすいです。

ビーム・シールドは干渉しやすいですが、そこまで取り回しが難しいということもなかったです。

ビーム・バズーカもグリップが可動し、ラクに保持が可能。担ぐポーズも余裕で熟せます。

ビーム・バズーカを脇に抱えるとスラスターバインダーが干渉してしまうので、後方に少し広げてポージングしたほうがいいかも。後方に移動させるとよりダイナミックさが出ていいですね。

サーベルは細身なので、刃の差し込み部分を折ってしまわないよう注意です。保持はダボ固定ですが、柄のダボ穴が浅めなのでそれほどしっかりとした保持ではない感じ。

V2アサルトバスターと共に。

以上です。ガンイージにスラスターバインダーが加わり、配色も変化したことでダイナミックさが出ていますし、ガンダムタイプっぽさも出て強そうな印象も増していると思います。

欠点的なものはビーム・ライフルが分解しやすいのと、シールドが干渉しやすいというくらいで、RE/100の小型機らしい取り扱いのしやすさでポージングもラクに楽しめます。スラスターウイングの造形が少し簡易的なのはもったいないですが、とてもバランスのとれた良いキットになっていると思います。ガンイージのワンランク上の機体として楽しみたいですね。

icon

⇒楽天でRE/100 ガンブラスターを探す
⇒駿河屋でRE/100 ガンブラスターを探す
⇒ヤフーショッピングでRE/100 ガンブラスターを探す

3 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2019年3月28日 at 21:33 - 返信

    不明とされているのは、イエロージャケットの部隊マークです。左が中隊長、右が一般兵になります。
    NEWモビルスーツバリエーション・ハンドブック1で紹介されています。ゾロが発売されたら貼りましょう。

    • nori

      on 2019年3月28日 at 22:01 - 返信

      コメントありがとうございます!
      ご教授感謝です!
      これでコンプリート!早速記事を修正させていただきましたm(_ _)m

  2. やくとぱんたー

    on 2019年5月22日 at 14:53 - 返信

    レビューありがとうございます。今朝出勤直前に到着したので帰宅後愛でます。
    量産機ということでジムカラーに塗装しようと企んでおります。

    ビームシールドが虹色に輝くとはなにげにすごい。いい意味で値段に見あってなくない?

コメントを残す