PG パーフェクトストライクガンダム レビュー2

今回は前回に引き続き、PG 1/60 パーフェクトストライクガンダムのレビューをご紹介します!

ストライカーパック各種の詳細や装備状態(ソードストライクガンダム、ランチャーストライクガンダム、パーフェクトストライクガンダム)などのレビューです。ストライクガンダム本体、エールストライクガンダム(エールストライカー)などのレビューは下記のリンクから1記事目をご参考くださいm(_ _)m

⇒PG パーフェクトストライクガンダム レビュー1

ソードストライカー。近接格闘戦用に開発されたストライカーパックになります。装備品はソードストライカー用バックパック、対艦刀、マイダスメッサーを装備した左肩部アーマー、パンツァーアイゼン、パンツァーアイゼン用ケーブルパーツ。

ソードストライカー用バックパック。組み合わせるパーツ数は少なめで軽量。前後挟み込みタイプで、合わせ目は部分的に段落ちモールド化されています。下部などには合わせ目が出る仕様。

上部のバッテリーパックは脱着可能。側面のアーム(飾り)は可動式です。バッテリーパックは2個パーツの上下組み合わせですが、側面などにできる合わせ目は段落ちモールド化されています。

バックパックはエールストライカーと同じく、背中のカバーを開き、長めの角型ダボを差し込んで装備させます。側面の対艦刀用アームは可動式。

15.78m対艦刀「シュベルトゲベール」。かなりの大型武装になります。

グリップ周り。各部ともパーツで色分けされていますが、グレーのグリップやホワイトの装甲などは左右挟み込みタイプで合わせ目ができます。合わせ目を消す場合は後ハメ加工が必要かと。

刀身部分も左右挟み込みタイプですが、一部はモールド化。一部に合わせ目ができる仕様です。アーム接続用の白いジョイント基部は可動式。

先端は白いパーツでシャープに造形されています。

左肩アーマーはダクトや動力パイプ、外装の一部がパーツで色分けされた比較的シンプルな作りですが、合わせ目ができない組み合わせになっています。モールドも比較的多めに造形。

側面の装甲は適度に可動します。

側面装甲の裏にはモールドが造形されていますが、先端は肉抜き穴っぽい作りに。装甲の内側もモールド入りの裏打ちパーツが造形されています。

左肩アーマーの装備は、まずショルダーアーマー上部のマウントラッチを開き、ジョイントパーツを取り付けます。そしてマウントラッチを閉じ、アーマーの上部パーツを取り付けます。

前後からアーマーを挟み込むように組み付け、マイダスメッサーを取り付けたら完了です。特に不自由さもなく、しっかりと組み付いています。軽量なので肩への負担もかかりません。

ビームブーメラン「マイダスメッサー」はビーム刃が取付可能。グリップ部分は左右の組み合わせで上下に合わせ目ができます。

ロケットアンカー「パンツァーアイゼン」。こちらも左肩アーマーと同じ成型色パーツの組み合わせ。前後とも形状に合わせて色分けされています。

本体部分は上下挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。アンカー部分はクローが可動式。本体とクローは強度のあるケーブル(リード線)で接続します。固定強度は高め。

前腕への接続基部は対ビームシールドとの組み換え式になっています。パンツァーアイゼンかシールドかどちらかをチョイスするようになっていますが、組み換えは簡単。前腕への取り付け方も対ビーム・シールドと同じです。基部は回転します。

ソードストライカーを装備したソードストライクガンダム。

左肩にアーマーを装備していますが、特に左に傾くこともなく、ラクに自立してくれます。腹部なども傾くことはありません。背部もほとんど重量を感じることはないですね。

色んな角度から。対艦刀が長く、先端もシャープなので、ガシガシ動かしてポーズをつけているときに引っ掛けたりしないよう注意が必要です。

対艦刀の保持は固定式の持ち手を使用します。手甲パーツはエモーションマニピュレーターのものを組み換え。手のひらとグリップでしっかりとダボ固定され、ハンドパーツもバラけにくいので保持はしっかりとしています。手首がしっかりと接続できているので、重さで垂れることもありませんでした。

対艦刀が長いので、ポーズにも迫力が出ます。装備にそんなに重量がないのでポージングもラクでした。

後部のビーム刃がやや干渉しやすいので注意です。

パンツァーアイゼンはクローが展開できるので、独特の攻撃態勢を取ることができます。ケーブル(リード線)は抜けてしまうことはないようですが、クローの角度や比重によってはクルッと回ってしまうことがあるので注意です。ケーブルは強度が高いので、形が崩れることなくクローを形作ることができています。

マイダスメッサーもグリップの隙間が狭めなので、4指を差し込んで握るだけでしっかりと保持してくれます。

ランチャーストライカー。遠距離の砲撃戦に特化したストライカーパックになります。装備品はランチャーストライカー用バックパック、アグニ、右肩部のコンボウェポンポッド。

ランチャーストライカー用のバックパック。こちらは組み合わせパーツ数はまずまず多め。一部に合わせ目ができます。上部のセンサーはクリアーグリーンパーツでの色分け。

アームはシャフトの伸縮こそありませんが、複雑な組み合わせで、バックパックとアグニ接続部もボールジョイントで各部ともフレキシブルに可動します。

アームは収納時、内側2箇所のダボによって固定させることができます。

320mm超高インパルス砲「アグニ」。本体部分は大きな2枚パーツの組み合わせですが、各部にモールドが造形され、複数のパーツを組み合わせるなど、超大型のビーム砲の複雑な形状が色分け、再現されています。ちなみに「アグニ」とは、インド神話に登場する火神の名前です。

砲口部分は先端を引出し、左右の黄色い装甲部分を展開させることができます。赤い丸モールドはパーツでの色分け。

右側面のフォアグリップは展開が可能。上部のセンサーはクリアーブルーパーツでの色分けです。

 

後部動力パイプなどの作りは簡易的なものになっています。

グリップは基部のセンサーはクリアーブルーパーツでの色分け。グリップは可動式です。グリップは肉抜き穴っぽい造形に。

後部エネルギーパックは脱着が可能。左右側面のアームは可動式です。バッテリーパックはソードストライカーのものと同じで交換が可能です。

一部に合わせ目はできますが、大部分が段落ちなどでモールド化されているようです。

右肩に装備するコンボウェポンポッド。120mm対艦バルカン砲、350mmガンランチャー、シールドなどを装備した複合兵装ユニットです。パーツ数は少なめで最小限の色分け程度ですが、合わせ目ができない作りになっています。シールドは上下とも付け根が可動します。

側面シールドの先端や後部給弾ベルト、後部ダクト口などはパーツでの色分けです。前面の120mm対艦バルカン砲や350mmガンランチャーも細かい造形、色分けが再現されています。

コンボウェポンポッドの肩への装備はソードストライカーの左肩アーマーと同じ。ショルダーアーマーのマウントラッチを展開してジョイントパーツを取り付け、コンボウェポンポッドを被せて取り付けます。

ランチャーストライカーを装備したランチャーストライクガンダム。背部バックパックはソードストライカーのバックパックと同じで、背中のハッチを開いて角型ダボを差し込んで固定します。

アグニに重量がありますが、ストライクガンダム本体の自立に影響はないですね。付け根のアームがヘタれると垂れてくる可能性があるかもです。

アグニを展開して。構えるだけで迫力のあるポーズが再現できます。アグニに重量があるので、構えるとかなり前方に比重がかかってきます。素立ちくらいだと倒れることなく自立してくれますが、股を開いて構える状態だと徐々に股間部が広がって倒れたりするので注意です。劇中ポーズを再現するのはちょっと難しいかも。

グリップは対艦刀と同じく固定式の持ち手を使用。フォアグリップはエモーションマニピュレーターで握らせて保持します。

上向きの射撃シーンはフォアグリップを掴んでも重量で砲先がタレてしまうので、下を支えて保持させました。

ムウ・ラ・フラガのパイロットスーツ姿フィギュアが付属。スーツのラインまで細かく造形されています。

ラストはエール、ソード、ランチャーすべてのストライカーパックシステムを併せ持つマルチプルアサルトストライカーを装備し、パーフェクトストライクガンダムに。

背部にかなりの重量がかかってくるので、グリグリ動かしたあとだと関節が少し弱くなって自立は難しくなってきます。なんとか自立できていますが、やっぱり支柱を使ったほうが安心ですね。自立させたほうがかっこよさは際立つんですけど・・・・。

腰部には、重量で上半身が反らないようにするためのストッパーを取り付けます。固定式ではなく、隙間の空間を埋めるようなパーツになっています。

エールストライカーの下部に取り付けるバッテリーパック。4基連結された形になっていて、それぞれ分離が可能です。

バッテリーパックは基部と分離可能で、こちらも左右側面のアームは可動式。

付け根は上下、左右に可動します。

干渉したり股間部が反ったりして難しいところはありますが、外れやすい箇所を考慮しつつコツを掴んでポージングすれば、大迫力のポージングが再現可能です。

劇中シーンのようなポーズの再現も、意外とできるようでした。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。超重武装仕様のパーフェクトストライクガンダムはもちろん、ストライカーパック各種に換装できるので、幅広いスタイルのストライクガンダムを楽しめるのがいいですね。対艦刀やアグニはサイズ感のある武装で、PGならではの圧倒的な迫力を演出することができます。

各種武装は合わせ目など、少し作りが甘い感じも見受けられますが、全部載せするための軽量化等を考えれば致し方ないところもあるのかも。これだけの装備を背負っても自立できるようになっているのはスゴイと思います。

台座を使えば割と自由にポージングできますし、ポロリもそんなにないので、このサイズでも自分の好きなようにイジれる、かっこよさや遊べる楽しみの両方を味わえる大ボリュームのキットですね。

⇒楽天でPG パーフェクトストライクガンダムを探す
⇒駿河屋でPG パーフェクトストライクガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでPG パーフェクトストライクガンダムを探す

  • ,
  • タグ:

1件のコメントがあります。

  1. クリス

    on 2020年2月27日 at 00:08 - 返信

    ストライカーパックはPGレッドフレームと合わせできるのか

コメントを残す