PGユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード・アンチェインド)のレビューです。

こんにちは!今回は、PG 1/60 ユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード・アンチェインド)のレビューをご紹介します!

hakoe_w1500

PGユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード・アンチェインド)は、ユニコーンモードの外装を展開し、内部のサイコフレームを露出したフェネクスの姿です。PGフェネクスはPGユニコーンガンダムと同様に、劇中で活躍したサイコフレーム露出型の『デストロイモード』よりもさらに大きくサイコフレームを露出させた『アンチェインド(繋がれざる者)』のスタイルも再現可能となっています。

1

ユニコーンモードの外装を展開し、サイコフレームを露出したデストロイモード。太ももやかかとなどの展開により、身長が少し伸び、スレンダーな形状に変身しています。

2

アームドアーマーDEも展開し、より豪華に。ゴールドとクリアーブルーのカラーリングパーツがデザインバランスの良さを感じさせます。画像ではリアアーマーが下方にスライド展開していますが、この部分はデストロイモードでは展開しない箇所です。誤って展開してしまっていますね^_^;。

3

ユニコーンモードと比べてやや細身に。アームドアーマーDEの展開によって脚部にかなり負担がかかるため、自立させるのは難しいですが、一旦自立させると意外と我慢してくれます。ですが倒れやすいので、各部をポージングしたりいじったりする時は台座を使用したほうが安心です。

4

PGユニコーンガンダム(デストロイモード)と。外装やサイコフレームの色が違うので、ユニコーンモードを比較した時よりもさらに別物感が強くなっています。

5

6

7

8

9

頭部。ブレードアンテナが左右に展開し、おなじみのガンダムフェイスが露出。フェイスが変化したことで額のくちばしもより印象が強くなっています。顎とツインアイ周辺がクリアーパーツによって再現され、各部が点灯します。PGユニコーンガンダムの場合、塗装やトップコートをした後にとさか部分のスライドがきつくなっていたので、塗装後は内部の可動に気を使う必要があるかもしれません。

10

ユニコーンモードと比較してみました。マスクが大きく変わり、ブレードアンテナ広く展開しているのでかなり印象が違います。

11

バストアップ。肩のセンサーが展開し、胸部が大きく割れて内部のサイコフレームが露出。腹部も縦に伸び、サイコフレームが露出しています。肩のセンサーは付属のパーツを使って内部から起こしますが、ややきつめなので破損させないよう注意して起こします。

12

15

コックピットハッチも問題なく展開可能。

13

腰部フロントアーマーの一部が斜め上に展開。中央部も上下に開いて内部のサイコフレームを引き出します。サイドアーマーも縦にスライド展開。

14

サイコフレームが露出したことで形状が変化し、ユニコーンモードと比べてスリムな印象が強くなっています。

16

腕部。前腕が展開してサイコフレームが露出。ビームトンファー部分と手首周りは連動しているので、手首周りを下に引くとビームトンファー部分も合わせて外側にスライドします。ややキツメなので、こちらも破損させないよう注意してサイコフレームを展開させます。

17

26

ショルダーアーマーは上部を開き、サイコフレームを露出させます。上部の外装が外れやすいので、展開させる時には少し手間取るかもです。側面もダクトのようなモールドが回転して露出します。

18

脚部。太ももや膝のサイコフレームが露出。細身でありながらメカニカルなディテールも感じさせるデザインになっています。膝の外装パーツは引き出したサイコフレームにパチンとはめ込んで固定できるので、MGユニコーンガンダムよりもガッチリとしています。各部とも手が当たってユニコーンモードに戻ってしまうといったこともありませんでした。

19

20

リアのスラスターカバー内部にあるスタスター内側にはゴールドパーツを取り付けるようになっています。一度取り付けると抜けにくいので、今回は後の塗装を考慮して、ゴールドパーツは取り付けていません。

21

22

足首から下の部分。ユニコーンモードの靴型からハイヒール型に変化。アンクルガードが脚部アーマー部分に配置され、かかとが高くなっています。アンクルガードは内部のボールジョイントがカクッっとして角度を一定に保つことができ、グレーパーツのダボを外装パーツに差し込んで固定できるようになっています。なので、MGのようなフラフラした状態ではなくしっかりとしています。

23

かかとが縦に展開し、つま先も少し角度が変化しています。かかと裏には細かいモールドはありませんでした。

24

バックパック。ビームサーベル柄が展開して上向きになり、ガンダムおなじみの形状に変化しています。バックパック両脇のアーマーも展開し、内部のスラスターが露出します。

25

27

アームドアーマーDEは各部が大きく展開。ブルーのサイコフレームが露出します。シールドもスライド展開させるので、ユニコーンモードでの収納時よりもさらに大きくなります。

28

29

展開させるとだいぶ印象が変わります。開いた状態でも可動部分がしっかりとしていて、勝手に閉じてしまうようなことも少ないです。

ではデストロイモードの画像を適当に何枚かどうぞ。

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

44

45

LED点灯状態。まずはカメラアイのみ点灯させます。今回は目の部分にシールを貼っているので少し光具合が制限されていますが、LEDを点灯させる時は説明書にある通り、シールを貼らないでおきます。

46

47

全身LED発光状態。かなり美しいです♪

48

49

50

51

52

53

54

55

56

続いてアンチェインドです。各部をさらに展開させ、より広くサイコフレームが露出した状態。

58

59

60

63

64

65

65_2

カメラの明度を変化させてさらにきらびやかにしてみました。(LED発光状態などによって画像が明るくなったり暗くなったりしますので、一応部屋を明るくして画像をご覧ください。)(キラキラ感が鬱陶しい場合は軽く流し見してください。)

65_3

65_4

腕部。前後の三角形アーマーとビームトンファー部分が展開。より攻撃的な形状に変化しています。サイコフレームの部分も広く露出しています。

65_5

65_6

脚部。内外共に太ももの外装が展開し、羽のようなサイコフレームパーツが露出しています。外装が展開することで、細身で物足りなさを感じていた脚部が肉厚になりました。

65_7

フロントアーマーが下方にスライドし、デストロイモードよりもワイドに。

65_8

65_9

頭部のセンサーパネルが展開。羽のようなサイコフレームが露出します。

65_10

胸部のパネルがV字に展開。内部のサイコフレームが広く露出します。

65_11

足首の外装が少し展開し、内部のサイコフレームが露出します。さらにリアアーマーも下方にスライド展開します。

65_11_2

バックパックも下部がスライドし、サイコフレームがさらに露出します。同時にスラスター部分もワイドに展開。

65_12

65_13

65_14

66

68

LED点灯状態のアンチェインド。デストロイモードよりも広範囲にサイコフレームが露出し、より輝かしいディテールになっています。

69

70

71

72

73

67

以上です。見れば見るほど惚れ込んでしまいそうな魅力的なキットですね。外装のゴールドメッキもいいですし、内部クリアーブルーのサイコフレームもシックな感じで申し分なし。PGユニコーンガンダムのレビューでもご紹介しましたが、LEDを点灯した状態は画像よりも実物を見たほうがはるかに美しいです。それを見るだけでもかなり満足感を得られるキットになっていると思います。

残念ながらプレバンではすでに販売終了となり、ヤフオクやアマゾンでも高額で販売されています。ですが販売価格が7万円代というのは思わず「まじか・・・・・( ̄▽ ̄;)」とつぶやいてしまうような値段かと。やはりプレミア物のキットなようで、自分が購入したときも1次予約はあっと言う間に終了。2次で入手しておいてホントによかったと思います。(再販があるかもですけど。)

塗装に関しては、このままメッキのゴールドでも全然素晴らしいのですが、塗装してデカールを貼って仕上げるのもいいかなーって感じで悩ましいところです。PGユニコーンガンダムも塗装してキレイになりましたし、おそらくフェネクスも塗装しても魅力的でいい感じに仕上がるキットだと思います。

ユニコーンモードやデストロイモード共にしっかりとモデル化されていますし、フェネクスのアンチェインドはある意味究極とも言える姿なので、ゴールドの外装やブルーサイコフレームのライトアップと共にそのハイエンドな姿を楽しみたいですね。

icon

⇒楽天でPGフェネクスを探す
⇒駿河屋でPGフェネクスを探す
⇒ヤフーショッピングでPGフェネクスを探す

  • ,
  • タグ:

コメントを残す