MG ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、MG 1/100 ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は宇宙空間を飛行するアドバンスド・ヘイズルの姿です。塗装済みキットを使った合成ではなく、パケ絵としてしっかりと描かれているだけにカラーでないのが悩ましい;後ろにはヘイズル改も掲載されています。

箱のサイズは一般的なMGやVer.Kaと同じ大きさ。MGヘイズル改や実戦配備カラーよりも1cmほど厚みがあります。

では開封。箱いっぱいくらいにランナーが入っています。大判もありますが、小さいランナーも多数あって、全体的にボリューミーでバランスのとれた内容になっていると思います。

全部で11袋分のランナー。多いです;

では説明書を見ていきます。説明書はアドバンスド・ヘイズル専用のものが付属します。ただしプレバン商品なので、機体解説などはなく組み立てのみとなっています。

中央のイラストはパケ絵のカラー版。小さくはなりますが、パケ絵が物足りない分こちらでお楽しみ下さい。説明書の上部中央にはT3(ティターンズ・テスト・チーム)のロゴが掲載されています。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。組み立てに関してはMGヘイズル改プラスアルファのようなものなので、ヘイズル改を組んでいれば特別目新しくなく組めるかと。新武装部分(カスタムパーツ)は新鮮ですね。カスタムパーツは簡単に脱着でき、もう一息でヘイズル改にできるレベルの内容になっているので、どうせならヘイズル改修用のアンテナと額パーツも同梱されていてほしかったというのが本音です。(でもそうすると実戦配備カラーが売れなくなってしまう;)

カラーガイドはシンプルな基本色が多いですね。どの塗料もだいたい模型店などで入手しやすい色になっていると思います。調色もいい意味で大雑把っぽい感じなのでしやすいのではないでしょうか。それと、ムリにこれらの調色をしなくても、クレオスから発売されているガンダムカラーのティターンズブルーなんかをそのまま使ってもいいかもしれませんね。

では各ランナーを見ていきます。

↑A1ランナー。ネイビー、グレー、クリアーグリーン、ホワイトのイロプラランナーです。腰部や脚部、胸部外装類など。しばらくMGヘイズル改からの流用ランナーが続きます。

↑A2ランナー。グレー、ネイビー、ホワイトのイロプラランナーでA1の一部と同じです。

↑B1、B2ランナー。(B1とB2の位置が逆ですね;)共にイエローのランナーでダクトパーツやマガジンパーツ、アクチュエーターパーツなどなど。MGヘイズル改でB1ランナーのタグ下付いていたV字アンテナが省かれています。

↑C1、C2ランナー。共にグレーのランナーです。シールドやシールドブースター、ビーム・ライフルなどのパーツ類。アドバンスド・ヘイズルではシールドブースターが2枚付属するので、C2ランナーが新規で付属しています。

↑Dランナー。ネイビーのランナーです。シールドや頭部、バックパックなどのパーツ類。素組みレビューでもご紹介しましたが、MGヘイズル改用のバックパックが付属するので、このアドバンスド・ヘイズル単体とフルドドのみでヘイズル・ラーが再現可能っぽいです。全体的にほぼMGヘイズル改からの流用ランナーですが、画像右下にあった額パーツが省かれています。

↑Eランナー。ネイビーのランナーです。脚部や腕部の外装パーツ類。同じものが2枚付属します。

↑Fランナー。グレーのランナーです。MGガンダムMk-Ⅱ Ver.2.0からの流用で内部パーツ類やシールドマウントパーツなどになります。

↑Gランナー。グレーのランナーです。こちらもMGガンダムMk-Ⅱ Ver.2.0からの流用で関節や内部パーツ類になります。

↑H1、H2ランナー。H1はホワイトでシールドブースター用のランナー。同じものが2枚付属します。H2はレッドの胸部や腰部、顎パーツなど。

↑I1ランナー。グレーのランナーです。アドバンスド・ヘイズル(ヘイズル改)専用の内部パーツ類。

↑I2ランナー。グレーのランナーでI1の一部と同じです。

↑J1、J2ランナー。J1がホワイトでサブ・アーム・ユニット用パーツと頭部光学センサーパーツ。J2がグレーでサブ・アーム・ユニットの裏打ちパーツなど。共に新規で付属しているランナーです。

↑Kランナー。グレーのランナーです。これもMGガンダムMk-Ⅱ Ver.2.0からの流用でハンドパーツや内部パーツ類。

↑L1、L2ランナー。L1はネイビーの光学センサーユニット型の頭部パーツ。L2は脚部補助スラスター・ユニット用パーツで同じものが2枚付属します。

↑M1、M2、M3、そしてSB-1ランナー。M1はイエローで脚部補助スラスター・ユニットや頭部アンテナパーツなど。M2はクリアーグリーンで頭部光学センサーユニットのセンサーパーツ。M3はグレーで追加のシールドブースター用パーツ。SB-1はクリアーピンクのサーベル刃です。

↑ポリキャップ(PC-130B)、ホイルシール、水転写デカール、ワニスチューブ(メッシュパイプ)です。こちらも素組みレビューでご紹介しましたが、ワニスチューブはちょうど4本分の長さしか付属していません。なので切り間違えたりすると長さが足りなくなったりするので注意です。4等分するとちょうどいい長さかと。

以上です。ヘイズル系はなかなか肉太の重量感あるキットですが、それに加えてシールドブースターが2基に脚部補助スラスター・ユニットによってさらにサイズアップしています。なのでこれにフルドドが2基追加された日にはどうなっちゃうんだろうというのが心配でもあり楽しみでもあります。

A.O.Zシリーズはこのような追加武装によるカスタム機が多いので、今後の商品展開はホントに楽しみです。ここまできたならぜひギャプランブースターを発売していただいて、圧倒的なTR-1を再現してもらいたいですね。

icon

⇒楽天でMG ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]を探す
⇒駿河屋でMG ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]を探す
⇒ヤフーショッピングでMG ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]を探す

コメントを残す