MG ガンダムF91 Ver.2.0(残像イメージカラー) レビュー

今回は、MG 1/100 ガンダムF91 Ver.2.0(残像イメージカラー)のレビューをご紹介します!

MG ガンダムF91 Ver.2.0(残像イメージカラー)は、『機動戦士ガンダムF91 』に登場する主人公機『ガンダムF91』の残像イメージカラー版1/100スケールモデルキットです。光り輝く残像イメージをクリアカラーの成形パーツで再現。肩や脚部のフィン展開、フェイスオープン、ヴェスバーアクションといったMG Ver.2.0仕様ならではの可動を持つなど、最終決戦イメージの再現が可能なキットになっています。価格は4,320円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

劇中の『質量を持った残像』が再現できるガンダムF91がクリアーバージョンでキット化。クリアー成型色なため、内部構造やパーツの組み合わせまで確認できるキットになっています。

ゴールドに塗装されたエクストラフィニッシュパーツはMGガンダムF91Ver.2.0(通常版)と同じですが、その他のパーツはすべてクリアー成型色になっていて、外装のクリアーパーツはややつや消し気味になっています。配色は通常版と同じです。

プロポーションやギミックなど、キット自体の構造もMGガンダムF91Ver.2.0と全く同じです。外装パーツがPS素材で、内部パーツがABS素材なのも同じ。

頭部。ツインアイととさか前後のセンサーはシールでの色分けです。

頭部はフェイスガード開閉ギミックを持った頭部と、ダクト型のマスクが付属。マスクを組み換えることで冷却仕様のフェイスが再現可能です。

頭部は上部メットが簡単に脱着可能なので、マスクの交換が容易に行なえます。

マスクを交換して、冷却仕様の頭部で。

クリアー成型色なのでちょっとわかりにくいですが、マスク開閉ギミックを持つ頭部は側頭部やマスクが展開。

マスク開閉ギミック頭部のマスクありとなし画像です。マスク組み換え式の頭部よりも表情がややシャープな印象。側面のバルカンは、組み換え式頭部はクリアーイエローですが、開閉ギミック式頭部はクリアーブラック成型色になっています。

胸部から腰部。ブルーやレッドなど、カラフルな配色がクリアー成型色になっているのでかなり鮮やか。フロントアーマーは内部の色分けされたパーツまで確認できます。フロントグリルは内部のエクストラフィニッシュパーツが見えるようになっています。

コックピットハッチは開閉式。内部はもともと全天周囲モニターのクリアードームパーツですが、全体がクリアーなので一味違った印象の造形物になっています。

モールド入りの裏打ちパーツもクリアー成型色なので鮮やか。リアアーマーの可動式マウントラックもクリアーパーツで再現。

左サイドアーマーにはアームによって展開可能なサーベル柄を2本装備しています。右サイドアーマーにはビーム・シールドの予備発振器を内蔵。脱着が可能です。予備発振器の三角モールドはシールでの色分けです。

ショルダーアーマー、腕部共にクリアーホワイトとクリアーグレーのシンプルなカラーリング。構造も角型でシンプルです。

左前腕にはアームによって展開可能なシールド発振器を装備。こちらも表面のモールドはシールでの色分けです。

通常版と同じく、ショルダーアーマーは内部のバイオコンピューター冷却用スタビライザー(3枚羽)が展開可能です。

脚部。こちらもクリアーパーツによって内部構造が節目まで見えるようになっています。膝はエクストラフィニッシュパーツが確認できます。

後部はフィンが展開可能。一番上を展開させると、3枚が連動して展開します。

足首から下もクリアーパーツになったことで鮮やかさが増しています。足裏もメカニカル感が出ている印象。

バックパック。エクストラフィニッシュパーツは通常版と変わらずですが、クリアー成型色なのでまた一味違った印象になっています。

ヴェスバーもクリアーパーツで鮮やかに再現。外装やグリップの展開ギミックも通常通り可動します。

通常版のMGガンダムF91Ver.2.0と並べて。

残像イメージカラー版の各部可動域については、MGガンダムF91Ver.2.0と全く同じなのでそちらのレビューをご参考くださいm(_ _)m ⇒MGガンダムF91Ver.2.0 レビュー

ビーム・ランチャー、ビーム・ライフル、ビームシールド、ビームサーベル刃☓2、武器用ハンドパーツ(左右)、サーベル保持用ハンドパーツ(左右)、アクションベースマウントパーツ、セシリー・フェアチャイルドフィギュアが付属します。

その他、LEDユニットが格納できる専用台座が付属。台座もクリアー成型色です。

マーキングシール(左)とこすりつけて転写するガンダムデカール(右)が付属します。通常版に付属しているものと同じです。

余剰パーツがいくつか付属。

セシリーフィギュア。クリアー成型色です。

ビーム・ランチャー。それほど複雑な構造ではないですが、クリアー成型色なので内部が確認できます。センサーはシールでの色分けです。

ビーム・ランチャーはリアアーマーに懸架可能です。ダボ固定で、固定強度はまずまず。ポージングしても、それほど頻繁に外れることはありませんでした。

ビーム・ライフル。センサーはシールでの色分けで、フォアグリップは可動式。

ビーム・ランチャー、ビーム・ライフル、ビーム・シールドを装備して。

リアアーマーにマウントしたビーム・ランチャーとビーム・シールドが干渉しやすいですが、外れることなくポージングできました。指パーツの固定強度が高いので、武器を保持してのポージングがしやすいです。

シールドも含め、全てクリアー成型色なので、通常版とは違ったならではの魅力があります。

一通り武器を装備して。

別売りのLEDユニットを内蔵させて、残像状態を再現。クリアー成型色なので、全体が鮮やかに発光します。まさに残像のようなスタイルに。

通常版と並べて、残像シーンを再現。残像っぽいかと言われると・・・・。

  

LEDで発光させたほうが、残像としての表現力は高そうです。

以上です。通常版の他に残像イメージカラー版をもう1体加えるとより残像っぽくなるかもしれませんね。劇中シーンに近づくように、いろんな表現を模索してみるのもいいかもです。

クリアー成型色なので、LEDで発光した状態は通常版よりも鮮やか。これはクリアー版としての魅力を感じる部分です。残像機として取り扱わなくても、内部が見えるようなメカニカル感を持ったキットなので、単体として個別に楽しんで見るのもいいのではないでしょうか。

icon
⇒楽天でMG ガンダムF91 Ver.2.0(残像イメージカラー)を探す
⇒駿河屋でMG ガンダムF91 Ver.2.0(残像イメージカラー)を探す
⇒ヤフーショッピングでMG ガンダムF91 Ver.2.0(残像イメージカラー)

4 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2019年2月23日 at 22:29 - 返信

    フロントアーマーとリアアーマーの黄色い部品は、
    冷却材の通り道とかいう設定をでっちあげられるかな。

    • nori

      on 2019年2月25日 at 03:30 - 返信

      コメントありがとうございます!
      その定義、ありですね!
      どうしてもパーツ形状が見えてしまうので、クリアーだと内部構造が見えるという設定で楽しめると思います。
      それにしても「でっちあげる」・・・ザビーネとアンナマリー・・・

  2. 匿名

    on 2019年2月24日 at 04:02 - 返信

    ガンプラEXPO、ガンダムベースでの販売でいいでしょ。どこぞにプレミアムが?

    • nori

      on 2019年2月25日 at 03:30 - 返信

      コメントありがとうございます!
      まぁ、ガンダムベース商品でありがちなクリアー成型色ですよね;

コメントを残す