MG ガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機) レビュー

今回は、MG 1/100 ガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機)のレビューをご紹介します!

MG ガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機)は、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場するザフト軍主力量産型MS『ガナーザクウォーリア』の1/100スケールモデルキットです。ルナマリア・ホーク専用機として赤いパーソナルカラーでキット化。長射程ビーム砲を持つガナーウィザードを装備し、動力パイプはインサート成形が採用されるなど、こだわりのディテールとギミックを持つキットになっています。価格は4,644円(税込み)。

SEED系ザクの特徴的なフォルムを持つガナーザクウォーリアが、最新フォーマットによる完全新規造形で再現されています。MG特有の内部フレームに加え、左右モノアイ可動、胸部ハッチオープンなどの各部ギミックも豊富。『ガナ―』とは英語で『射撃手、砲手』という意味です。

外装はレッドとダークレッドのメインカラーに加え、ホワイトやダークグレー、ライトパープルなど、パーツによって各部が細かく色分けされています。ホイルシールはモノアイのみで、長射程ビーム砲のセンサーはマーキングシールでの色分け。塗装が必要なのはダクト内部など細かい箇所だけになります。

ポリキャップは不使用。背部に大柄なガナ―ウィザードを装備していますが、若干後方に比重が掛かる程度で自立は安定しています。関節強度も高め。

背部のガナ―ウィザードと左肩のシールドを外して全身。特別脚長でもないですが、全体的なプロポーションは整っています。

頭部。全体をメットで覆われたSEED系ザク特有の造形が再現されています。口元のダクトなども別パーツでの色分け。頭部の動力パイプはインサート仕様ではなく、1個パーツによる造形です。

モノアイはモールドにピンクシールを貼っての色分けで、パーツにはモノアイレールが造形されています。クリアーパーツはアンダーゲート仕様。メットを外して上部のレバーを動かすことでモノアイが左右に可動します。

胸部。各部がパーツで色分けされ、インテーク内部にはスリットモールドが造形されています。

コックピットはハッチが開閉可能。内部にはシートが造形され、パイロットスーツ姿のルナマリア・ホークフィギュアが内蔵されています。

胴体部は強度が高そうな内部フレームが造形されています。

腰部。各部がパーツで細かく色分けされています。腰の動力パイプもインサート仕様ではなく1個パーツ構成。

腰左右にあるハンドグレネードは脱着が可能。レバーなども細かく造形されています。内側は簡易的な作り。ハンドパーツと噛み合わせて見ましたが、保持できるようにはなっていないみたいですね。

フロントとリア―アーマーには裏打ちパーツが造形されていますが、部分的に肉抜き穴があります。サイドアーマーに裏打ちパーツはなく、くり抜き状態。股間部は前後にスライドし、脚部の可動域を広げることができます。

サイドアーマーは上部まで広く展開させることができます。アーマーのスリット入りダクトは塗り分けが必要です。

腕部。二の腕は前後挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。前腕は四方が別パーツ化され、合わせ目はモールド化されています。ハンドパーツは親指のみ可動し、残りの4指は組み換えるタイプ。

腕部内部フレーム。簡易的な造形になっています。

右肩のスパイクアーマー。スパイク先端まで細かな造形が再現されています。3個パーツの組み合わせで、合わせ目はモールド化されています。

左肩のアーマー。こちらも複数パーツの組み合わせで合わせ目はモールド化されています。

肩内部パーツの装甲は可動します。

左肩の対ビームシールド。モールドも適度に入り、厚みのある造形が再現されています。裏面には2基のビーム突撃銃用弾倉をマウント。裏面の端は肉抜き穴っぽい造形。

ボールジョイント型のアームはフレキシブルに可動します。ハードポイントの弾倉は脱着が可能。

脚部。肉厚な造形が再現されています。適度にモールドも入っていて、UCの高機動型ザクのような力強さを感じる造形になっています。

脚部も内部フレームが造形されています。外装が太めに造形されている割に、内部フレームはかなり細身。

大腿部は前後挟み込みタイプで部分的に合わせ目ができます。膝から下は四方パーツの組み合わせで合わせ目はモールド化されています。側面の動力パイプはインサート仕様。

アドバンスド・MS・ジョイントと同じ構造で、各部がフレキシブルに可動します。

下部のバーニアは少し上下可動し、内部は別パーツで色分け、造形されています。

内側の装甲は適度に可動します。外側の装甲もわずかに可動します。

側面のダクトもスリット入りパーツで色分けされています。

ソール部はそこまで凝った作りではないですが、裏面はモールド入りの別パーツで造形されていますし、つま先とかかとがそれぞれ可動します。

ガナ―ウィザード。リード線やメッシュパイプを交え、大型ビーム砲や専用エネルギータンクなどがMGならではの細かいパーツ構成で再現されています。

ガナ―ウィザードは3ダボ接続。固定強度はそれほど高くなく、サクッと取り外せます。ポージング時に外れることもないですね。

後部のスラスターは別パーツで色分けされ、少し上下に可動します。

 

専用エネルギータンク。本体部分はモナカ割構造ですが、合わせ目は段落ちモールド化されています。上下部は別パーツによる色分け。

M1500オルトロス 高エネルギー長射程ビーム砲。本体部分は左右挟み込みタイプで、部分的に合わせ目ができます。各部モールドやダクトパーツ類は分解できるので、比較的合わせ目消しはしやすいかと。各部のダクト内部などは塗り分けが必要です。

動力パイプはリード線とメッシュパイプによる再現。接続部はコネクタのつめのような造形になっています。

グリップは付け根だけで左右に可動できますし、基部パーツを展開させることでさらに柔軟に可動します。グリップは外れやすいので注意です。

フォアグリップも展開可能。

砲口部分や後部ストックを展開させ、上部のセンサー部を引き出してビーム砲射撃体勢に。

ビーム砲の接続アームは両付け根がボールジョイントで柔軟に回転可動し、連結部分もS字のように曲げることができます。

ウィザードの基部はメカニカルに造形されています。裏面は肉抜き穴っぽい造形に。

MGジム・コマンド(コロニー戦仕様)、MG強化型ダブルゼータガンダムVer.Kaと並べて。ジムなどと同じくらいの大きさ。ガナーザクウォーリアの全高は20.5mになります。ザクウォーリア単体だと17.19mと小柄。

特別比較対象になるものがなかったので、MGブレニフ・オグス専用ザクⅡやFⅡ型のキンバライト基地仕様と並べてみました。ガナ―ザクはかなりスタイリッシュな印象。プロポーションもいいですね。

HGのガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機)と比較して。プロポーションや細部の造形がかなり違っています。

肩部を左右で入れ替えて、ザクⅡのようなスタイルにすることもできました。肩部を組み換えるだけなので、変更は簡単。

頭部は上下、左右ともわずかに可動する程度。

腕はスパイクアーマーが干渉するため、左右で可動範囲が異なります。

肘は完全に折り曲げることができます。

肩は手前に引き出せますが、後方へは干渉するのであまりスイングできないようです。

上半身は適度に前後スイングします。

腰は少し浮かせることで360度回転が可能です。アクションベースへは、股間部に付属のジョイントパーツを取り付けることでディスプレイが可能です。パーツがパチンとはまり込むので、強度も高く、キットが安易に落下することもなさそうです。

腰アーマーが広範囲に可動するので、前後開脚もかなり広く展開させることができます。

膝はくの字程度まで可動。肉太な割に深くまで曲げることができます。

脚首も見た目によらず広めに可動します。

左右への開脚は水平にまで広く可動します。サイドアーマーも全く干渉しません。

内股の可動はごくわずかで、がに股は45度程度まで開くことができます。

立膝はきれいな姿勢でこなすことができました。

可動域の総括としては、頭部周りや肩などはやや不十分なところは見られますが、脚部は見た目によらず広く可動しますし、立膝なども柔軟にこなしてくれます。最新のキットらしく、様々なポーズに対応できるようになっているみたいですね。

MMI-M633ビーム突撃銃、MA-M8ビームトマホーク、ビームトマホーク用ビーム刃2種、平手指パーツ(左右)、握り手指パーツ(左右)、武器持ち手指パーツ(左右)、アクションベースマウントパーツ、ルナマリア・ホークフィギュアが付属。

ザフトやガナ―などのロゴが入ったマーキングシールが付属します。『MN』はミネルバかな?

MMI-M633ビーム突撃銃。適度にモールドが入っていて、情報量のある造形になっています。左右挟み込みタイプなので上下の一部に合わせ目ができます。

フォアグリップは可動式。ドラム型のビームマガジンは、引き出して倒すことで、収納状態にすることができます。マガジンは脱着が可能で、予備と交換できます。

リアアーマーの装甲を下げることでマウント穴が露出。

ビーム突撃銃をマウントすることができます。固定強度は高めで外れることなくポージングできそうです。ガナ―ウィザードと干渉することなく取り付けられますが、腰をひねると干渉して動きが制限されそうです。

MA-M8ビームトマホーク。2個パーツ構成で、部分的に合わせ目ができます。シールド内部への収納ギミックは無いみたいですね。

ビーム刃を取り付けた状態。細部まで作り込まれています。ビーム刃はブラックライトで照らしても発光しませんでした。

ルナマリア・ホークフィギュア。よく見るポーズで造形されています。ダークレッド成型色なので、塗装時は下地塗装が必要そう。

ビーム突撃銃を保持して。

グリップと指パーツが深めのダボ固定なので、保持に特別苦労はないかなと。保持強度もそこそこあるので、ストレスは感じることなくポージングできそうです。

脚首の可動域が広いのでしっかりと接地できて踏ん張れますし、モノアイが可動するので首があまり動かなくても表情が付きます。アクションベースで支えなくてもある程度のポーズが取れるのが嬉しいところです。

肩が引き出せるので、両手持ちもラク。手首が外れやすいので、その点は注意です。

ビームトマホークも軽装なのでラクに保持でき、取り回しもスムーズ。

長射程ビーム砲はなんとか保持てきている感じなので、あまり砲口の向きを変えたりするのは難しいかも。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。最新のフォーマットでランナーのパーツ配置もよく、組み立てもわかりやすいのでサクサクと組み立てられます。各部の強度も高くて取り扱いやすいですし、造形もいいので安定したディスプレイも楽しめます。

欠点のような部分はほとんどないですが、あえて言うなら、長射程ビーム砲のグリップを動かすと外れやすいので注意が必要かなと。長射程ビーム砲を保持したときに融通がききにくいので、構えるときはいろいろ模索する必要もありそうです。

プロポーションや細部の造形もHGとは違ってリアルさがありますし、よりかっこよく出来ています。流用するにも安定したキットを供給できそうなので、今後のバリエ展開も楽しみ。素組みの完成度が高く、あらゆる部分で優良なキットになっています。ガンプラ初心者にもオススメできる一体ですね。

⇒楽天でMG ガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機)を探す
⇒駿河屋でMG ガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機)を探す
⇒ヤフーショッピングでMG ガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機)を探す

  • ,
  • タグ:

1件のコメントがあります。

  1. 高井俊明

    on 2019年10月11日 at 12:12 - 返信

    ルナマリア・ホーク美人で可愛い❤

コメントを残す